FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1)

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1) 』
清野とおる



『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』それは日常の退屈と喜びを
描いたノンフィクション漫画の白眉である。著者の清野は、あたたかい
眼差しで我々の生活を見つめ、日常に潜む「おこだわり」を抽出する。
「僕は貧乏な人は格好がいいと思う」と清貧に生きる人々を賛歌したの
は、劇作家の山田太一だったか。清野もまた、ツナ缶、ポテトサラダ、
白湯、さけるチーズなど、ゼニのかからぬ喜びを賛歌して余りない。
実にタマラン。


面白い
他人からみればどうでもいいと思える「おこだわり」を持つ人々を
著者がインタビューしたものがマンガになっている。

ツナ缶やポテトサラダの「おこだわり」を持つ人々の偏執ぶりが
まず面白いが、そこへツッコんだり共感したりする作中の著者の
振る舞いがまた面白い。

"帰り道"への「おこだわり」は想像の上をいく。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 1
go page top

東京お侍ランド

『東京お侍ランド』
ほりのぶゆき



手堅い固定ファンを持つ作者が原点の時代ギャグに立ち返り
現代を斬りまくる。


この分野を時代ギャグっていうのか!
ほりのぶゆきといえばこの分野ですね。
面白い。
4コママンガです。

織田信長がネットやってたりするんですが、さすがほりさん。
面白い。
”現代を斬りまくる”
・・・確かにそんな気もしてきました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

迷宮入り探偵 1

『迷宮入り探偵 1』
かんばまゆこ



「推理に必要なもの」…それはズバリ「運」!!!!
どんな難事件も
探偵・池々郷にお任せあれ!

華麗なる勘と運で、
彼は今日も
事件の詳細を迷宮入りにする---



第一話でかなり名探偵モノのくすぐりをいれていたので、
2話以降ネタは無いのかと心配してしまいましたが
そんなことは無かったです。

金田一耕助を彷彿させる主人公の、思いどうり行かないときの表情が
かわいいです。、

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

『アイアムアヒーロー 22巻目』

『アイアムアヒーロー 22巻目』


広げに広げたものはどうしても閉じるのは難しい。
それは大傑作の本作でもそうですよね。

でもマツコ風に言うと
”キライじゃない”

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

マンガでわかる心療内科 ストレスコントロール編

『マンガでわかる心療内科 ストレスコントロール編』
ゆうきゆう・ソウ


現代社会の我々が抱えるストレス。
万病のもとと呼ばれるストレスですが、それは大きな誤解です!付き合い
方さえ変えれば、人間が感じるストレスは実はすべて「いいもの」にな
る!?ゆうきゆう&ソウの笑って賢くなれる心療内科シリーズ!

相変わらずギャグは冴え面白い。
が内容は本当なの???

ストレスを受けて次のステップのきっかけと捉えれば好転する、
という内容ですが、そう思えない人にとってはどうにもなりませぬ。

『心理学は役に立たない⁉ 2』も読んでます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ギャグマンガとして読めば常に面白いところがクセモノ。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

夜の眼は千でございます

『夜の眼は千でございます』
上野顕太郎



第21回文化庁メディア芸術祭[優秀賞]受賞!
『あしたの●ョー』『寄●獣』『羊たちの●黙』『スター●ォーズ』……
名作漫画・映画を「落語」に変えてしまう大人気パロディをはじめ、
様々に趣向を凝らしたギャグ読切全四十二席を400P越えの超厚仕様で
大放出。


”あらゆる技法を駆使し圧倒的なクオリティで描く、非経済的なギャグ
漫画家”うえけんです。
上記紹介文の”落語漫画”ですが落語の内容の漫画化でなく、噺家が話
している姿自体を漫画に書くという動きの非常に少ない漫画です。しか
しこの噺家の表情は一コマ一コマ味があり、なんだか小憎らしいほどの
出来です。さすがうえけんですね。
他の漫画家の模写も冴えますが、もっと楽な方法はあるだろうにという
書き方で、さすが非経済的な漫画家です。
あの「帽子男」がちょっとだけでも出てきたのは嬉しい。

読んで大爆笑というよりニヤニヤ楽しむタイプの作品なので、読者を選
ぶかもしれませんがぜひとも知っていただきたい漫画家です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

よーし、読んでみるか。ヒマだからな。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アイアムアヒーロー

『アイアムアヒーロー』
花沢健吾



鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に
勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が
募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?
異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!


少しずつ読んでいたがどうにも止まらなくなって
10巻から21巻まで売っていたので購入し一気に読んでしまいました。
てっきり21巻が最終かなんだと思ったら22巻まであった。
どうしてくれるんだ。
22巻はお楽しみに取っておきますが残り1巻でどう収拾させるのか。

ホラーマンガとしてのストーリーや絵が素晴らしいのはもちろんだが
一般人の日常を織り込んでいるところが巧い。
極限の状況の中で生き残るために戦う中での、普通の人間としての
悩みや道徳性がでてくるあたりものすごくリアルに感じました。

「ガンツ」「彼岸島」も凄かったがコレも凄い。
異形なものの描写がみなさん素晴らしい。マンガならではです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

こういった風呂敷を広げに広げてしまった作品は
ラストはあっけない事が多いので…。どうなる22巻

tb: 0 |  cm: 0
go page top

私家版鳥類図譜

『私家版鳥類図譜』
諸星大二郎



ホラー、ファンタジー、歴史活劇……“鳥”をモチーフに幻想漫画の
巨匠が腕をふるった全6皿のフルコース!
地下都市で、古代日本で、そして東京のベッドタウンで……謎の翼が、
あなたを冒険に誘う。


全6話ならぬ全6羽

第6羽「鳥を見た」
現代、少年、秘密、冒険、諸星さんらしい内容で本短編集でのベスト。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

めしばな刑事たちばな

『めしばな刑事たちばな』
坂戸佐兵衛原作/旅井とり作画



警視庁城西署刑事課に転属してきた立花刑事。風采のあがらないオヤジ
だが、実は本庁に籍を置いたこともあるエリートで、食についての知識
は群を抜く。通称「めしばな」と呼ばれる変わりダネだ。捜査や取調べ
に得意の知識と情報を生かして事件の真相に迫る。第1巻では、カレーカ
ツ丼、牛丼、袋入りラーメン、コロッケカレー、フライドチキン、立ち
食いそば、餃子に関するウンチクが全面展開されます! 
痛快リアルめしマンガ!


面白い!
扱うネタに袋入りラーメンとか出てくるのがうれしい。
基本は食べ物うんちく漫画で馴染みのあるものばかりが取り上げられる
ので楽しくてしょうがない。
恋の話でなくメシの話でめしばなのようで、このめしばなで取り調べ中
の容疑者を落とすというスタイルですがそのうち刑事である必要性はな
くなっていくんではないでしょうか。
しかし本作のウンチク、食べる順番等のダンディズムを描く『食の軍師』
食べ方の違いにこだわる『目玉焼きの黄身いつつぶす?』など面白い
漫画が多いものだ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

毎回扉絵が映画やレコードジャケになっているのも楽しい。
ピンクフロイド『炎』やキャラバン『夜ごと太る女たちへ』等確認

tb: 0 |  cm: 0
go page top

#こんなブラックジャックはイヤだ

『#こんなブラックジャックはイヤだ』
つのがい


手塚先生ごめんなさい!禁断のB.Jギャグ

原作崩壊!?ゆとりのB.J、良い子なキリコ、パリピなロック達にピノコの
ツッコミが炸裂する!彗星の如く現れた新人イタコ漫画家、つのがいが天
才的画力で描いた神をも恐れぬブラック・ジャックパロディ、ついに単行
本化!しかも手塚プロダクション公認!!著者のSNSに公開された作品だけで
なく、この本でしか読むことができない合計40ページを超える描き下ろし
漫画も収録。そして巻末には、マジメに描いた美麗カラーイラストギャラ
リーのオマケもあります。


凄い、どうみても手塚先生の描くブラック・ジャックだ。
田中圭一さんもかなりのものだがこちらも素晴らしい。
ただギャグの内容はいまいちわからずついていけませんでした。

しかし手塚タッチで描くまでの自伝的マンガは心を打つ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話