FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

素数ものさし

アマゾンでこんなのを見つけました。



欲しい。
使い道ないけど



にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村





tb: 0 |  cm: 0
go page top

いとしの令和

そんなこんなで元号は令和となったわけであるがこの読みを聞いた瞬間
エリック・クラプトン歌うところのあのレイラが脳内再生されたりもし
ておりこれはもうまさしくいとしの令和でありまずは良い元号だと思う。
典拠が万葉集というのもなかなかいいものであることよのうという感じ
であるが話をクラプトンに戻すとネット上ではトレンド入りしてしまっ
たようでやっぱり皆考えることは同じかなんて思ったりもするがなんと
4月に来日公演があるというのもなかなか愉快でありおそらくあの曲で
は皆レイワとうたってしまうんだろうなと思ったりきっとクラプトンも
何故か日本の元号であなたの歌を思い浮かべる人も多いようですよなん
て言われていやそういわれましてもねーなんて苦笑いをするのであろう。



tb: 0 |  cm: 1
go page top

新元号ともエイプリルフールとも関連ないです

たまに有休をとり東京へ行ってみようかと思い実際行ったりするのだが
結局特に行きたい場所があるわけではないので結局ブックオフ巡りにな
る事がありこれはこれで無駄な有休の使い方でもあるようでこれでいい
のかなどと考えることもあるがそこは考えてもしょうがなく有休申請は
出してしまっているのだからとにかく休み東京へ行くことにしてみるか。
とここまで句点を使わず書いてみたがこれはこれで書く方では気楽であ
りもちろん文章はわかりにくくなっているしくどいこともわかるがまあ
なんとなく面白そうだから続けてみるのだがこれはたった今読み終えた
早見裕司「終夜図書館」の影響で早速真似したくなったという事でさら
にこの小説はこの調子でジュニア文庫のレーベルの羅列を続けるという
ことをしておりこの羅列という作業とその文字感覚も気に入りそれなら
東京に行って結局何もすることがなくブックオフ巡りでかなりの本やCD
を買ったのだがそれを羅列すれば少なくとも自分では面白いのではない
かという考えでとりあえず進めることとするがいかがなものであろうか。
そこで早速買ったものを羅列すると本ではなくCDから始めるとキャロル・
キング「グレイテスト・ヒッツ」ボブディラン「グレイテスト・ヒッツ」
ザ・ローリング・ストーンズ「ビッグ・ヒッツ」レッド・ツェッペリン
「狂熱のライヴ永遠の詩」スティービー・ワンダー「トーキング・ブッ
ク」デイブ・ブルーヴェック「タイムアウト」アントニオ・カルロス・
ジョビン「ジャズ・マスターズ」ジェイムス・テイラー・カルテット「
ファースト・シックスティ・フォー・ミニッツ」フリーソウルシリーズ
の「ラヴァーズ」を買ってみたが何を今さらというアーティストが多い。
ところでいままで読点しか使わなかったのに・を使ったりまた「」を多
用してブログ上では文字の配置がおかしくなっている筈でありこれはち
ょっと残念な事象だが今これを書いている”メモ帳”ではきれいに行の
終わりが揃っているがまた”や”を使ってしまいこれもブログ上では一
文字分を使用せずしかし半角でもないようで実は普段から後ろを揃えた
いと思っている私には困った問題でもあるが検証すれば解決できる問題
であることはわかってはいるが面倒なのでやらないだけでこれが問題だ。
さて購入した本は吉田悠軌「一行怪談二」今邑彩「鬼」「「裏窓」殺人
事件」「盗まれて」道尾秀介「獏の檻」三津田信三「作者不詳(上)」
「作者不詳(下)」樹崎聖「10年メシが食える漫画家入門」ゆうきゆう
ソウ「マンガで分る心療内科アドラー心理学編」山田正紀「マジック・
オペラ」夏目漱石「こころ」であり「こころ」はこれで買うのは四回目
であるが一度も読んだことは無くつまりはカバーが蒐集対象であるので
こういう事が起こるし太宰治「人間失格」も四冊買ったがうち一つは同
じカバーの物を買ってしまい残念であるが「人間失格」は中年になって
読んだがなかなか良い作品だと思いこれを若い時に読んでいたら確かに
はしかにかかったような状態になっていただろうとは察せられたのは収
穫であったし特にワザワザの部分は完全に自分の事を言っていると思う。
さてこれだけのモノを一日で買ったわけではあるが総額四千円かかって
いないのが素晴らしいと思うしいろいろ漁っている時点では興奮してお
り良いストレス解消になっているとは思うが四千円でストレス解消とは
安すぎるというか自分がケチなだけというか何が何だかわからないし夢
中になって漁っていると昼食も忘れせっかくだからなにか変わったお店
で食べたいと思っていたが結局はコンビニの総菜パンひとつとペットボ
トルのお茶一本計二百数十円というのもまあいつもながらかもしれない。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

3年でゼロから1,000万貯める方法

先日yahooの経済欄を見ていたら
表題のような記事(広告でなくて)があり早速クリック。

3つを事を守れば簡単に達成できるらしい。

その①
今より年収の高い職場へ転職する。

どあほ!

残りの二つは
ムダ使いしない事と投資する事。

多くの人に出来ることはムダ使いしない事だけだ。
投資は経験者としていうとそうは上手くいかぬ。

こういうファイナンシャル・プランナーのいう事は
取り合わないほうが良いね。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

普段はオリンピック見ないんだけど

スポーツ嫌いのため普段はスポーツ番組は見ていません。
オリンピックでさえ関心はあまりありませんでした。
しかし今年はなんか見ています。
まずボードでぐるんぐるん回転するやつ
カッコえーです。
見ていて楽しい。
技の名前が全くなんだかわからないのも面白い。

そしてフィギュアスケート。
羽生結弦さんの演技は素晴らしかった。
途中ちょっとぐらついた部分があったが
演技が終わった際の満足した表情が大変良かった。
うちの奥さんなんか途中まで羽生くんって言っていたのに
ついに、ゆずるぅーと感極まってました
完全に保護者感覚です。
日本中に数百万人はいるでしょう。

そして女子パシュート。
個々の力では完全に上をいく競合に対し
チーム力の凄さを見せつけた素晴らしい試合でした。
3人が全く乱れず滑走している姿は感動モノです。
これこそ日本人の姿だ、なんて思ってしまいました。

女子カーリングも
真剣勝負でしょうが
そだねーとか、おやつタイムとか
かわいらしい部分がありますね。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

みうらじゅんフェス!に行ってきた。

2/11(日)川崎市市民ミュージアムで開催されている、
『みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展』に行ってきました。
MJ

今回の展覧会はみうらじゅん展代表のみうらじゅん氏によると


私がデビューしたのは世間的に’80年ということになっているのですが、
私調べによるとすでに小学一年生から始まっているマイブームの軌跡。
今では国宝ならぬ『ボク宝』級価値の“怪獣スクラップ・ブック”制作
から実に54年もの時が流れたことになります。その後、自作の漫画誌、
新聞、エッセイ本、アニメに至るまで、誰からも頼まれることない
“ない”仕事を続け現在に至っているのですが
この度、川崎市市民ミュージアムでその全貌に迫る展覧会が開催される
ことになりました。たぶん、みな様はその数に圧倒され、開いた口が
塞がらないと思います。
そして、“一体、この展覧会は何なのか?”と、問うことでしょう。
私も同じです。そこは会期中、私の友人によるトークショーで
明らかになるであろうと確信しております。
長きに渡る収集癖と発表癖を篤と御覧になってください。
よろしくお願い申し上げます。

みうらじゅん展代表 みうらじゅん

ということで
誰からも頼まれることのない”ない”仕事と収集癖と発表癖
これが圧倒的な物量で押しよせてくるとんでもない展覧会でした。

小学生から学級新聞を作って勝手に自分で仕事化、義務化させており
幼少からの下地があってこそ今のMJがあると確信した次第です。
しかしこの頃の作品やスクラップブックが今も残っているのがスゴイ。
その後、年齢が上がるにつれイラスト、漫画、ポエム、
楽曲(カセットテープに吹き込んだものをアルバムと称す)、
そのライナーノーツと制作熱は留まりません。

何台かモニターがあり、そこでこの展覧会用に
MJが自らの歴史を語っているのですが、
高校時代には毎日4曲を自分で科していたそうです。
後に自作曲が400を超えプロより多いんじゃないかと、
友人から気味悪がられたなんて話をしていました。

第一会場は主に幼少からデビュー前夜あたりまでの
まさに誰にも頼まれていない仕事の集大成ですが
あの「アウトドア般若心経」のカラー写真による展示がありました。
紹介はされていませんでしたが、ある一文字の写真を撮るだけのために
遠征をしたりしているんですよね。
本当はこれをじっくり見たかったのですが他の物量に圧迫され、
なかなか落ち着いて見ていられませんでした。

一画では山田五郎とMJ(設定でMJ本人ではなく知人)が
この展覧会を巡りトークをする映像が流れていました。
面白い話が多くこれは見逃す手はありません。
山田さんは昔からMJの作品をアートだと本人に言っていたそうですが
本人はそれを認めずメンドクサイ人だ、なんて言ってました。

第二会場はマイブームとして発表された各マイブームの現物展示です。
(本展覧会は幼少の怪獣ブームに始まり全ての展示コーナーに
〇〇ブームとの記載がされています。)

今までのマイブーム本でおなじみ
「2穴おやじ」
「フェロモンレコード」
「ゆるキャラ」
「カスハガ」
などの現品を展示していますが
よくもこんな着眼点を持ち、収集、分類をするものだと感心します。

さて第二会場では一画に大人用コーナーがあり、
そこでのモニターでエロスクラップについて
”スクラッパー”として語っています。
昔は月1冊だったのが今はなぜか月4冊制作しているとの事です。
現在までの冊数は500を超え3万頁はあるそうです。

さてみうらファンとしては「Since」ブーム期があった事は
知っていましたが「電マ」ブームが来ているとは知りませんでした。
(Sinceはあの Since 1989とかのアレです)
電マとは冷蔵庫に張り付けているマグネット。
会場にはマグネットで埋め尽くされた冷蔵庫が展示されていました。
(山田さんがこれこそアートといっていたものです。)
なんだかこれだけでもマグネットの物量におののきます。

今回は、日程を間違えていてお目当てのひとつだった、
『ザ・スライドショーがやってくる!「レジェンド仲良し」の秘密』
は見られなかったですがとても楽しかった。

また、もしかしたら本展示会は
禿げてて黒縁メガネでやせているクリエイター的な人しか来なくて
私なんて田舎者は浮いてしまうんじゃないかと
ひそかに危惧していましたがそんなことはなく
そこらへんのオヤジもたくさん来ていて大盛況でした。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


グッズコーナーには今回の展覧会の目録はなかったんですが
「Since」Tシャツがありました。
但し売り切れ。それもすごい。
Since

tb: 0 |  cm: 4
go page top

アーネスト・ハスキンズの言葉

毎月少しずつ貯金しなさい。
そうすれば年末に、
どんなにわずかしかたまっていないか知って
びっくりするだろう。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

高校生とボブ・ディラン

私の高校生時代の英語の授業。
若いアメリカ人が数コマだが授業してくれた。

そこで一人が質問。

「ドゥー・ユー・ライク・ボブ・ディラン?」
「・・・・・」
なかなか返事をしない。
なにか考え込んでいる。

「ドゥー・ユー・ライク・ボブ・ディラン?」
「・・・・・。Oh! ブ・ディラン! アイ・ライク!」

そんなに考え込むほど違うものなのか?





tb: 0 |  cm: 3
go page top

政治資金っていろンな事に使えるんだなあ

・世界何周分か回れるほどのガソリン代
・お正月の家族旅行

でも自分の中での最大のヒットは
O議員の下仁田ネギ

これらを上回るヒット作が欲しい。

tb: 0 |  cm: 1
go page top

今日の発見

queryという単語を辞書で調べました。
この辞書は高校のときに購入したもので、今でも会社で使用しています。
さてこの単語、qの項の終わりの方なのでページに余白があります。
そこに鉛筆で化学反応式を記入していた跡が残っていました。

そういえば大学の有機化学の試験のとき辞書持込可だったなあ、
と思い出しました。

何かにアンモニアを反応させた際の化学式と人の名前を記していました。
きっとその人の名の○○反応とかいうんでしょう。
こんなのがいくつか記入されていました。

そうです。カンニングです。すみませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話