03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

攪乱者

『攪乱者』
石持浅海
攪乱者 (実業之日本社文庫)
攪乱者 (実業之日本社文庫)


コードネーム、久米・宮古・輪島のテロリスト三人。組織の目的は、
一般人を装ったメンバーが、流血によらず、政府への不信感を国民に
抱かせることだ。彼らの任務は、レモン三個をスーパーに置いてくるなど
一見奇妙なものだった。優秀な遂行ぶりにもかかわらず、引き起こされた
思わぬ結果とは。テロ組織の正体は。
そして彼らの運命を握る第四のメンバーの正体は―。
本格推理とテロリズムの融合!


変わったシチュエーションでのミステリです。
反政府のテロリスト(普段は一般人、武装テロではない)達の話です。

ほんのいたずら程度と思われる任務とその意味を類推するTURNⅠ
他人の人生を巻き込む任務に、許される範囲での抵抗をするTURNⅡ
組織と個人の綻びが大きくなってしまったTURNⅢ
をテロリスト三人の視点からそれぞれ描きます。

そして最終話、TURNⅢ Mission:9の展開は凄かった。

相変わらずの石持作品で登場人物たちは考えては議論します。
これが持ち味なのでここがめんどくさいと感じると
この作者の作品は殆どダメになりそう。
ありがたいことに私はこの展開がものすごく気に入っています。

あー面白かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

「警察ドラマ」のトリビア

『「警察ドラマ」のトリビア』
倉科孝靖・市川哲史
「警察ドラマ」のトリビア ~ドラマを100倍楽しむために (竹書房新書)
「警察ドラマ」のトリビア  ~ドラマを100倍楽しむために (竹書房新書)


今や百花繚乱の「警察ドラマ」。実際の警察の現場や組織の話も、
ある程度知っていた方がドラマをもっと楽しめる時代になっています。
そこで、各警察ドラマの監修者として活躍する“検視と警察組織の
生き字引き”、「チーム五社」の倉科孝靖が、「警察組織の詳解」から
「間違い指摘」、「とっておきの話」まで、Q&A方式で綴ります。
警察ドラマファンに送る「座右の書」。


元で警視長(警察機構で上から三番目の凄い役職)まで登り、
現在はドラマの監修を行っている倉科さんが語るという内容です。
聞き手と構成は市川哲史。
音楽評論家でロッキング・オン等でお馴染みです。
こんな事もやっているんですね。

しかし、せっかくの倉科氏の語りなのに
語尾に”(笑)”ってやたらといれるのはいただけない。
市川氏のホームグラウンドであるライナーノーツでやる分にはいいけど。
さらには(爆苦笑)だの
(爆失笑)だの
(達観笑)だの
(懐古笑)だの
(困笑)だの
(雪崩苦笑)だの
もういい加減にしてほしい(笑) 

”かっこ、笑い”の発展形を目論んでいるのか、
自分のカラーを出そうとしているのかどうかわかりませんが
完全に空回りしてます。
そして語りの流れを断ち切ってしまってます。
正直、そこが気になってしかたがないし、その印象しか残らなかった。

残念。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


音楽評論の中での笑いの入れ方は上手いし好きなんですけどね。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

世界のオモシロお仕事集

『世界のオモシロお仕事集』
盛田則夫
世界のオモシロお仕事集 (中公新書ラクレ)
世界のオモシロお仕事集 (中公新書ラクレ)


この惑星には、あなたが想像もつかないような職業がこんなにたくさん
あった!数々のオモシロお仕事を、コンパクトに解説。
笑いつつ仕事=人生についてまで考えちゃう、極上娯楽本。


著者名がなんとなく経営者っぽく硬いのですが、
奥さんとの共同名義「のり・たまみ」の人といえばくだけてきますね。

タイトル通り変わった仕事の紹介本です。
気になったところとしては、

「ラビット」
マラソン大会で序盤から中盤にて先頭集団で走り、ペース・メーカーや
風よけとなる人の事。レース自体は途中ですーっといなくなるそうですが
かなりの実力者がやっているらしい。

とこんな感じで、馴染みのあるものからないものまで
各種取り揃えております。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

狩人の悪夢

『狩人の悪夢』
有栖川有栖
狩人の悪夢
狩人の悪夢


人気ホラー作家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、
京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。
そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。
しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントが住んで
いた「獏ハウス」と呼ばれる家で、右手首のない女性の死体が発見されて
…。臨床犯罪学者・火村と、相棒のミステリ作家・アリスが、
悪夢のような事件の謎を解き明かす!


地味な作品です。
クローズド・サークルものとしての推理と解決ですが
決して閉じてはいなさそうでいくらでも抜け道がありそうな気もします。
クローズドを前提とすれば本格モノとしての面白さはあります。

臨床犯罪学者の火村以上にアリスが行動するところもなかなか良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


あとがきによると、この火村・アリスシリーズは25年続いているらしい。
年齢設定は変わらず、しかし時代は確実に”今”
ここらへんの割り切りは良い。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

からくり民主主義

『からくり民主主義』
高橋秀実
からくり民主主義 (新潮文庫)
からくり民主主義 (新潮文庫)


賛否入り乱れる基地問題! 「反対」で生計を立てている人もいて、
ことはそう単純ではありません。民(みんな)が主役の民主主義は、
でも実際に現地を訪れるとその「みんな」が意外と見つからないのです。
「世論」、「国民感情」、「国民の声」の主は誰か? 米軍基地問題、
諫早湾干拓問題、若狭湾原発問題
──日本の様様な困った問題の根っこを見極めようと悪戦苦闘する、
ヒデミネ式ルポ。



いろいろな問題があり、
それに反対する声が報道で大きく取り上げられる事もある。
そんな状況での現地の人の対応を丹念に拾っていく様がいい。
”反対”を演じる人、賛成だけど言いにくい人、
こんな人達の生の声をユーモラスに取り上げている。
ヒデミネさんのキャラクターと取材のうまさによって
出来上がった極上のルポです。

そしてヒデミネさん自身は結論が出せず困っている。

この困り具合と本書のキモは、村上春樹(!)さんによる解説に詳しい。
ニヤニヤ笑いながら読みましょう。

高橋秀美さんの事は知ってから数年程度ですが、
この本での一編「親切部隊」は
1998年の別冊宝島『実録!サイコさんからの手紙』に書かれたもの。
そうするとこの時期にすでにヒデミネ式ルポを読んでいたんだなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

エンジェル・エコー

『エンジェル・エコー』
山田正紀
エンジェル・エコー (新潮文庫)
山田 正紀
4101055319



超空間―ビッグ・バン以前の宇宙から残された時空間のゆらぎ。
その中を漂う巨大な人工構造物カクテル・グラスとは。
多国籍コングロマリットKAWADAはその謎を解明すべくドライ・マティニ・
プロジェクトをスタートさせる。親を持たない塔養槽チャイルドの
“ぼく”は、銀河最高のキャンペーン・ガールにして冒険家の香青玉と
ともに、超空間に突入した。新感覚の本格長編SF。


ハードSF的な単語の洪水だった。
でも決してそこを目指した内容ではなさそうです。
そして読んでいても情景が思い浮かばない。
熱い冒険譚でもない
紹介文の”新感覚”というのは苦肉の表現かもしれません。
あるいは的を得ている?

しかしラストにヒロインを救うためにとった
主人公の行動とそのSF的屁理屈が良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

歪笑小説

『歪笑小説』
東野圭吾
歪笑小説 (集英社文庫)
歪笑小説 (集英社文庫)


新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説
の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全
く売れない若手作家。出版社のゴルフコンペに初参加して大物作家に翻弄
されるヒット作症候群の新鋭…俳優、読者、書店、家族を巻き込んで作家
の身近は事件がいっぱい。ブラックな笑い満載!小説業界の内幕を描く
連続ドラマ。


『黒笑小説』で一部テーマにしていた小説家や出版業界の話を描いた
短編集です。

舞台となるは”灸英社”という出版社です。

「伝説の男」
強烈な編集者、獅子取

「夢の映像化」
2時間ドラマ化に浮かれる作家、熱海圭介

「序ノ口」
作家同士の付き合いに悩む作家、唐傘ザンゲ

「罪な女」
若い女性編集者に浮かれる作家、熱海圭介

「最終候補」
小説賞への最終候補に残るサラリーマン

「小説誌」
小説誌という物の存在について学生から質問される編集者

「天敵」
唐傘ザンゲの恋人があれこれ口出しし編集者にとって鬱陶しい

「文学賞設立」
灸英社が新しい文学賞設立。他社賞との位置づけもいろいろ考える

「ミステリ特集」
ハードボイルド系の作家熱海圭介に本格ミステリの依頼

「引退発表」
こっそり筆を折ればいいのに引退発表をしたい中堅作家

「戦略」
熱海圭介をなんとか売り出したい灸英社の作戦

「職業、小説家」
唐傘ザンゲとの結婚を望む恋人、とその父親

数人の作家を軸にその編集者と出版業界の裏事情も描かれています。
爆笑というよりまさに歪笑。そして若干の哀愁感。

作家を目指す人は本作を読んでいろいろ覚悟を決めておいたほうが
よいかも知れませんなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

黒笑小説

『黒笑小説』
東野圭吾
黒笑小説 (集英社文庫)
黒笑小説 (集英社文庫)


作家の寒川は、文学賞の選考結果を編集者と待っていた。「賞をもらうた
めに小説を書いているわけじゃない」と格好をつけながら、内心は賞が欲
しくて欲しくてたまらない。一方、編集者は「受賞を信じている」と熱弁
しながら、心の中で無理だなとつぶやく。そして遂に電話が鳴って―。
文学賞をめぐる人間模様を皮肉たっぷりに描いた「もうひとつの助走」を
はじめ、黒い笑いに満ちた傑作が満載の短編集。


「もうひとつの助走」
「線香花火」
「過去の人」
「選考会」
この4篇は中堅作家、編集者、文学賞、出版業界、新人作家などを
皮肉ったもので、こんな事をネタにして
東野さん自身は問題なかったのかと恐れるくらいの内容です。
いろいろ気まずくなることもでてくるのでは、なんて思ったりしますが
笑いのパワーは強烈です。
作中の新人作家による『虚無僧探偵ゾフィー』を読んでみたい。
出るならメフィスト賞ですね。

「巨乳妄想症候群」
これはもうタイトルそのままそのような内容です。

「インポグラ」
これはもうタイトルそのままそのような内容です。

「みえすぎ」
これはもうタイトルそのままでなく、空気中に漂う各粒子が見えてしまう
ようになってしまった男の物語です。
小説は軽いノリで進みますが、実際こうなったら発狂するかも。

「モテモテ・スプレー」
なぜもてないのか、その理由がここに書かれています。
悪いのはあなたでなく遺伝子のせいです。

「シンデレラ白夜行」
シンデレラの計算高かった裏の面を描きます。

「ストーカー入門」
別れ話を切り出されたと同時に、
その女性よりあきらめずにストーカー行為をしろと命じられた男。
女性心理の難しさというかそんな面がでています。

「臨界家族」
アニメと玩具業界と家庭。最近のこの業界の商法(玩具を売るための
アニメの設定)を苦々しく思っていたのですが、そこを笑いに、
そして臨界家族という視点のオチが最高です。

「笑わない男」
絶対笑わない高級ホテルの接客係をなんとか笑わせようとする売れない
お笑い芸人の話。
いやあれでは私も笑わないですって感じです。

「奇跡の一枚」
奇跡的に美人に移ってしまった若い女性の話。意外な理由もあり、
いい話っぽくなってるかも。


「怪笑」「毒笑」「黒笑」と続き、ギャグが劣化しているかと思いきや
逆にパワーアップしている気がします。
東野圭吾って恐ろしい人だ。

私は当然読むべき、この人のミステリ作品をあまり読んでいないのだが
いいのだろうか。
(白夜行は当然読んでますが←言い訳)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

真珠郎

『真珠郎』
横溝正史
真珠郎―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)
真珠郎―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)


私、椎名耕助は、大学の同僚・乙骨三四郎とともに避暑を兼ねて信州へ旅
行することになった。だが、N湖畔に立つ鵜藤家の一室を借りた私たちが、
そこで恐るべき殺人事件に巻き込まれることになろうとは!「悪」そのも
のを結晶化したような美少年・真珠郎。「血の雨が降る」と不気味な予言
を口にする謎の老婆。巨匠・横溝正史が耽美的作風の頂点を極めた戦前の
代表長篇『真珠郎』登場!他に由利・三津木コンビが活躍する
「蜘蛛と百合」「薔薇と鬱金香」「首吊船」「焙烙の刑」の四篇を収録し
た怪奇ミステリ傑作選。


金田一耕助が出てこなく、
探偵役(由利麟太郎:愛称ユリリン(これはウソです))の魅力にも
乏しいものがあるが物語の面白さでは
むしろ金田一モノを超えているような気もします。

怪奇探偵小説の雰囲気に
ミステリ、冒険の要素を濃くしたような物語で
語り口の良さもありぐいぐい惹きこまれます。

「真珠郎」
おどろおどろしい雰囲気、首なし死体、洞窟等、金田一モノに置き換え
ても違和感はなさそうです。
角川文庫版では表紙絵がなかなか強烈でしたなあ。

「蜘蛛と百合」
もう怪奇探偵小説の世界。なぜ由利麟太郎が蜘蛛三という男についてここ
まで分かったのかがわからないですが何しろ怪奇探偵小説。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本文庫は扶桑社文庫で”昭和ミステリ秘宝”というシリーズのようです。
新たなコレクション対象が見つかって嬉しいですが殆ど見かけません。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

トラップ・ハウス

『トラップ・ハウス』
石持浅海
トラップ・ハウス (光文社文庫)
トラップ・ハウス (光文社文庫)


大学卒業を間近に控えた本橋大和は、級友たちと車2台に分乗し、郊外の
キャンプ場に出かけた。先乗りしたはずの幹事の姿は見えないが、チェッ
クイン済みのトレーラーハウスに向かう。見慣れない宿泊施設に興奮した
九人全員が中に入って、そのドアが閉まったとき、復讐劇の幕が開いた。
はたして彼らは、生きてここから出られるのか!?。


閉じ込められたトレーラーハウス内での物語。
かなりクセがありアンチ石持派には狙われそう。
狭いトレーラーハウス内での9人の行動なので
犯人の狙いどうりの順番にいかないだろう、とか、
議論がうっとうしいとか、
登場人物が冷静すぎるとか、
動機が強引とか。

そこをひっくり返すとこれまた如何にも石持さんらしい作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


面白いけど、初めて読む石持作品はこれでないほうが良さそう。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話