04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

雑学の威力

『雑学の威力』
やくみつる
雑学の威力 (小学館新書)
雑学の威力 (小学館新書)

雑学集ではなく、雑学を利用してコミュニケーション力を高めましょう、
という内容にちょっとだけ触れた本です。
しかし、こうするべき、ああすべきということではないのが良い。
あと殆どは、やくさん流の何でも面白がる視点の紹介。

好きですこういうの。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ふしぎな国道

『ふしぎな国道』
佐藤健太郎
ふしぎな国道 (講談社現代新書)
ふしぎな国道 (講談社現代新書)


空気のように非常に身近でありながら、ほとんどその存在を意識されるこ
とのない「国道」。実はこの国道には不可思議なことが数多く存在する。
・国道246号は存在するのに、国道60号や国道99号がない 
・圏央道やアクアラインは高速道路なのに国道指定されている 
・車が通れない商店街や階段が国道指定されている 
・同じ国道なのに複数のルートがある 
「国道マニア」として知られる著者が、こうした様々な謎を解き明かす。


近年”階段国道”(国道339号)がよくメディアで取り上げられたり
しますが、そんな面白国道情報が満載の本です。
階段国道しかり、ほぼ商店街アーケードの国道、長いの短いの。
この1冊でそんな情報がほぼ網羅できていそうでこれはいい。
カラー写真もふんだんに使われ楽しい。

もちろん”酷道”記事もあります。
荒れた道路から、歩くことしかできない完全な山道など。
よくまあこんな道が国道扱いされてるなあ、と感心します。

さらには標識についての細かいネタもあり面白い。
あの三角の標識をおにぎりって呼んでいるようです。
形の違い、誤記があるもの、何個か連なっているもの・・・
こういうところに目をつけるあたりが素晴らしい。

国道の生い立ちや行政からみた国道区分などにもふれていて
これも興味深い。

「非国道」これは国道を通らずして出発地から目的地へいく事だそうで、
これが難しい。国道とクロスするのまではOK。
地図上で検討し、実際に走って検証する。
こんなことをする人たちを「非国民」と呼ぶそうです。
この意味のなさ感が最高に素晴らしい。こういう人になりたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


ちなみに著者は科学ライターだが
講談社現代新書から科学の本の依頼があったところを説得して
この本を書いちゃったんだとか。ここらへんもユニークです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ブラック企業

『ブラック企業』
今野晴貴
ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)


違法な労働条件で若者を働かせ、人格が崩壊するまで使いつぶす
「ブラック企業」。もはや正社員めざしてシューカツを勝ち抜いても
油断はできない。若者の鬱病、医療費や生活保護の増大、少子化、
消費者の安全崩壊、教育・介護サービスの低下―。
「日本劣化」の原因はここにある。


他人事ではない。
会社側のやりくちのきたなさ。
ほとんど若者の雇用についての話になっているが
実は中高年の方も深刻なものを抱えている。

ありがたいことにわたしの勤め先は
まだあからさまに「ブラック」ではないがいつこうなることやら。

語りたいことはいろいろあるがこちらにも諸事情が・・・・

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

でも・・・だんだん勤め先がおかしくなっているのは事実です。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

地平線の相談

『地平線の相談』

まずはこの装丁に驚く。
地平線の相談
地平線の相談

細野サンの『泰安洋行』じゃないすか!
泰安洋行(紙ジャケット仕様)
泰安洋行(紙ジャケット仕様)

そうです。細野サンと細野ファンの星野源さんの対談集です。

星野さんがなにやらお気楽な相談ごとを持ち込み、
それに対し細野サンがアドバイスなんだかどうだか
お気楽な返しをします。

このやりとりだけの対談集ですが二人の相性はぴったりなんでしょう。
ゆるーく、おおらかで、テキトーで、身にならない会話が心地よい。

読んでもなんにもタメにはならないと思うのですが
でものんびりとしたいい雰囲気の対談本です。

おまけ『泰安洋行』より「蝶々-san」


↓テキトーに応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

実は星野源さんってよく知らなかったのですが
すごい興味深い。
彼のバンド、サケロック、気になってきました。


tb: 0 |  cm: 6
go page top

挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門

挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門 (幻冬舎新書)挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門 (幻冬舎新書)
(2007/01)
中山 康樹

商品詳細を見る

”挫折し続ける初心者のための”です。

ジャズ入門書とあり、軽い音楽エッセイのつもりで読んでいましたが
軽妙な文章でおもしろい。

以前読んだ同著者の『クワタを聴け!』は
軽すぎる文章で違和感があったのですが
本書は得意の分野(元「スイングジャーナル」編集長)なので余裕の記述なのかも。

マイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』を聴いた。
挫折した。
ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビー』も聴いた。
熟睡した。
デイヴ・ブルーベックの《テイク・ファイヴ》という曲も聴いた。
落胆した。


初心者がおちいる事態について例をあげていますが
ジャズに限らず音楽とは

音楽とは、
くり返し聴くことによってなにかを発見していく行為にほかならない。


いい事いいますなあ。

ただ流し聴きしているだけでは”音楽を聴く”とはいえないのであります。

↓くり返し応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

本書はジャズ入門書というよりは
音楽談義エッセイであります。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

マニア力

マニア力(まにありょく) (マイナビ新書)マニア力(まにありょく) (マイナビ新書)
(2012/11/27)
森永 卓郎

商品詳細を見る

ご存知森永卓郎さんのコレクション自慢本。

以前読んだ別の本とほぼ同内容であるが
こちらは巻末のペットボトルのキャップと
ヤマザキのランチパックの一覧(共に写真掲載)が圧巻。

ここまで集めるとわけもなく感動します。

コレクションはただ所有するだけでなく
分類分けやリスト化といった作業をすると断然と面白くなりますね。

わたしはランチパックには特化しませんでしたが
菓子パンの袋は集めていたことがあります。

まだどこかにあるはずなので
いずれリスト化し写真にとって本ブログで紹介してみましょうかな。

運よく森永さんの目に留まって興味を持たれたら無償で差し上げたい。

↓無償で応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

池上彰のお金の学校

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)
(2011/10/13)
池上 彰

商品詳細を見る

お金
銀行
投資
保険
税金
ニュースの中のお金
身近なお金

という内容であの池上彰さんが非常に易しく解説してくれます。

決して目新しいものではないのかもしれませんが
言われてみれば確かにそうであるなあ、と気づかせてくれるわかりやすい本でした。

もともと学生相手の講演の内容を書籍化したようなので
くだけた話し言葉になっておりとても読みやすかったです。

あとがきの「機会費用」の話もなかなかいいですなあ。

あなたも、この本を購入したことで、他のことにだって使えるお金を支出しました。
この本を読むことで、別の楽しい時間をすごすチャンスを捨てました。
それだけの機会費用を払ってまで、この本を読んだのですから、
それだけの効果があることを切望します。


↓せっかくなので応援よろしくお願いいたします。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

クワタを聴け!

クワタを聴け! (集英社新書)クワタを聴け! (集英社新書)
(2007/02/16)
中山 康樹

商品詳細を見る

最初書名を見たときなぜか巨人の桑田投手を思い浮かべてしまいましたが
当然ケイスケです。

サザン・オール・スターズのデビューから「キラー・ストリート」までの発表された曲について
1曲1頁で評論しています。(すごい分量です)

かなり辛口なコメントもあり
またそのコメント全般の文体が軽いため
ファンには低評価の本のようです。(ここらへんはアマゾンレヴューで確認ください)

私はそれほど桑田さんを聴いているわけではないので
殆ど知らない曲ばかりなのですが
未聴の曲に対し、おっ!これ聴いてみたいな、と思わせるような紹介の仕方はされておらず
ファン以外へのディスク・ガイドとしての機能も果たしていない様な気がしてしまいました。

まあ持ち上げる記事ばかりの出版物が溢れる中
こいった内容があってもいいのかもしれませんね。

↓甘口で応援よろしくお願いします。


ちなみに
私のフェイバリット「サラ・ジェーン」は
5段階評価で星2つ。残念です。
tb: 0 |  cm: 6
go page top

公安は誰をマークしているか

公安は誰をマークしているか (新潮新書)公安は誰をマークしているか (新潮新書)
(2011/08)
大島 真生

商品詳細を見る

わからないなりになにかコワいイメージの”公安”
本書は初心者の我々に公安とは何かを教えてくれる本です。

警察の機能には
刑事警察、交通警察、公安警察という分類があり
公安警察とは国を脅かす犯罪を取り締まる警察の事です。

つまり右翼、左翼、共産党!、テロ、スパイなどを対象とした部隊の事です。

本書では警視庁公安部の各セクションでの監視対象と過去の事件を
分かりやすく紹介しています。

昔読んだ漫画のひとコマに(ギャグでですが)
お巡りさんが”公安”に厳しく尋問されるシーンがあったので
てっきり警察を裏で監視する組織なのだと思っていました。
(このひとコマのせいでコワいイメージが植えつけられました)
もちろん国家的犯罪に関与する警官がいれば監視対象とはするでしょうが。

この世界、もっと関連図書を読んでみたい処ですが
読んだからといって公安からマークされないでしょうね?

↓マークされたくなかったら応援よろしくお願いします。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

世界のエイプリルフール・ジョーク集

世界のエイプリルフール・ジョーク集 (中公新書ラクレ)世界のエイプリルフール・ジョーク集 (中公新書ラクレ)
(2008/03)
鈴木 拓也

商品詳細を見る

エイプリル・フールに発表されるジョーク記事を集めたものです。

日本では東京新聞が傑出しているらしい。
(というか他では殆どスルー状態)
2003年の場合は「東京湾で大油田発見」
これにより日本は経済的にも外交的にも有利になるという本文記事の中、
”(小泉首相が国債発行額)30兆円枠を公約として守れなくなったことを「たいしたことない」と発言したことのもうなずける”と皮肉も利かせる。

いまでは新聞だけでなく
グーグルやヤフーも行っていてますます巧みにジョークを発信しているようです。
基本的に
だれも不利益を被らなくて、ウマイと思わせる上質の洗練されたジョークを期待したいところです。

↓本心はどうであれ応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話