FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

狐火の家

『狐火の家』
貴志祐介
狐火の家 (角川文庫)


長野県の旧家で、中学3年の長女が殺害されるという事件が発生。
突き飛ばされて柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因
と思われた。現場は、築100年は経つ古い日本家屋。
玄関は内側から鍵がかけられ、完全な密室状態。
第一発見者の父が容疑者となるが…(「狐火の家」)。
表題作ほか計4編を収録。防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、
美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、
防犯探偵シリーズ、第2弾。


第1弾、第3弾を読んで本作第2弾を読みました。

密室モノとして捉えると長編1作目、短編集である3作目が
堅牢な作りになっていると思います。
本作は密室そのものからちょっと変化をつけた作品集のようです。

「狐火の家」の救われない重さが貴志さんの味なのでしょうか。
しかし防犯コンサルタント榎本を泥棒では、と疑う
コミカルな描写は相変わらず面白い。
この部分が楽しみで、という読者も多いのではないでしょうか。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

「狐火の家」で出てきたあるものが
全編出てくる「黒い牙」は趣旨とは違うでしょうがコワい。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

鍵のかかった部屋

『鍵のかかった部屋』
貴志祐介
鍵のかかった部屋 (角川文庫)


元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をしたらしい瞬間に
偶然居合わせる。ドアにはサムターン錠がかかったうえ目張りまでされ、
完全な密室状態。だが防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と
弁護士の純子は、これは計画的な殺人ではないかと疑う
(「鍵のかかった部屋」)。ほか、欠陥住宅の密室、舞台本番中の密室など、
驚天動地の密室トリック4連発。
あなたはこの密室を解き明かせるか!?防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾。


「硝子のハンマー」が面白かったので期待。
期待どおりです。
正当(?)密室モノ短編集なのがスゴイ。
しかしここまで密室にこだわると
バカミス(←褒め言葉)に接近していくんだと納得。
もっと笑えるフォーマットで書いてもいけそう。

ところで榎本と青砥純子の関係はどうなったのだろう。
本作では何も触れていないが、
どうもボケとツッコミの関係になっている。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
第2弾の方はまだ未読。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

硝子のハンマー

『硝子のハンマー』
貴志祐介
硝子のハンマー (角川文庫)


日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の
役員たち。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、
有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。
凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、
続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。
青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、
密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。


このシリーズの存在は知っていましたがやっと読みました。
都会のビルの厳重なセキュリティの中での事件、
とケレン味がないのでどんなもんかと思いましたが面白かった。
文庫本で600ページ近い大作ですが一気読みです。

いかにセキュリティ網を潜り抜けたのか、に焦点をあて
推論、時に実験をしていく様はスリリングです。
(ここらへんはハウダニッットの面白さ)
前半は事件発生から探偵役による推理までで、
探偵役の一人、榎本が真相に気づくところで終わります。

後半はガラッと変わり(結果的には)真犯人側から犯行模様を描きます。
倒叙ミステリでかつ、その人物が一体誰なのかは途中まで分かりません。
”意外な犯人”という面白さもありました。

実は裏家業に手を染めているらしい榎本とそれに気付いている青砥純子
の掛け合いも面白い。
いいキャラクターです。

シリーズの他の作品も読むしかない。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

しかし、この『硝子のハンマー』という題名。かなりアレです。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

新世界より

『新世界より』
貴志祐介
新世界より (講談社ノベルス キJ-)
新世界より (講談社ノベルス キJ-)


1000年後の日本。「呪力」こと、念動力を手に入れた人類は、「悪鬼」
と「業鬼」という忌まわしい伝説に怯えつつも、平和な社会を築いてい
た。しかし、学校の徹底した管理化にあった子供たちが、禁を犯したた
め、突然の悪夢が襲いかかる!崩れ去る見せかけの平和。異形のアーカ
イブが語る、人類の血塗られた歴史の真実とは!?


読みました!
ノベルスで953頁でちまちま読むのはいかんとおもい夏休みに読破!

舞台は千年後の日本。但し科学技術は衰退した世界のようで田園的な
風景の中で物語は始まります。

子供たちは結界の中の安全で穏やかな街で成長していきますが自ら呪力
を扱える年齢になり、ちょっとした禁を犯したためこの世界の仕組みに
疑問を抱いていきます。
管理からはみ出てしまった子供は処分されてしまっていたのか。
この世界の生い立ちは。

中半は結界の外に出てしまった彼らが異形のモノから脱出する物語で
ここから隠された人類の秘密と世界観が少しづつ表れ冒険小説っぽい
進行とあいまって俄然面白くなってきます。
後半の物語の要となってくるバケネズミの指揮官たちとも出会います。

後半は主人公達が大人になった時代。人間に忠誠を誓っていた筈のバ
ケネズミの反乱と「悪鬼」の存在が浮かび上がってきます。
アクションシーンの連続と「悪鬼」の存在でこれまた頁を捲る手が止
まりません。

結界の外へ漏れてしまう呪力の影響などで発生する異形なモノの描写
などイマジネーション溢れるガジェットも満載でよくまあこんなもの
が描けたなあという出来です。
第29回日本SF大賞受賞作なんですって。なるほどなあ。
骨太のSFで伝奇SFっぽいテイストも持つ大変面白い作品でした。

↓旧世界にて応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話