FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

パンドラ

『パンドラ』
谷甲州


↓第1巻

動物生態学者・朝倉は、ハヤブサ科の鳥、チョウゲンボウの群れの渡り
を追跡している際に、通常ありえない高度を飛翔ルートに取る異常行動
を観測した。朝倉は、このことからある仮説を導きだし、その仮説を
裏づけるような異変が報告されはじめる。それは単なる動物の異常行動
ではなく、地球の命運を左右する凶変の始まりにすぎなかった。
人類の生存を賭けた熾烈な戦いを描いて、人間存在の根源に迫る、
究極のハードSF!


文庫本全4巻の大作です。購入後3年寝かしておりようやく読みました。
動物たちの異常な行動とその後の人間に対する反乱、
そしてその原因と思われる宇宙ステーションでの事故。
知性を持ち始めた動物たちとの攻防描く冒険小説としての面白さと
宇宙ステーションでも起る謎の生物との攻防と
物語の背景となる”パンドラ”の意思。

面白い。
ハードSFと銘打つだけに、嘘かほんとかわからぬ生物学や宇宙技術の
描写にくらくらっとしつつも読み進めてしまいます。

1,2巻目はこの面白さで突き進みます。
3巻目はちょっと変わってきて宇宙開発を巡る話に焦点が移り
”パンドラ”はちょっとお預けです。
技術的な課題、宇宙空間でのトラブル、各国間の駆け引き、
人類一丸となって対”パンドラ”を勧めなくてはいけないのに
それが出来ない各国、これも書かざるを得ないテーマだったようです。
(とある大国がひどい書かれようです。確かにそんな気もしますが)

さて大風呂敷を広げに広げに広げてしまった第4巻。
いったいどうやって畳むのか。
これまでいろいろな場面を詳細に描き切っていましたが
その配分で書くのに疲れたか、もうどうでもよくなったのか
諸事情があったのかわかりませんがあっさりと終わらせてしまいました。

やはりSFというものは最終場面は難しいですなあ。
バッドエンドで終わらすのもなんだし
このまま引き延ばしてもマンネリになってしまうでしょう。
(局地的な戦いのシーンならいくらでも書き続けられそうですので)
未来を暗示させる記述だけで終わらすのも納得できない。
とすると本作の解決はこうするしかないのかな。
でもある意味スゴイ結果で
ラストまで読者を納得させえるSFって難しいんだろうと
改めて思いました。

↓第4巻



地球周回軌道上で始まった宇宙機の建造は、宇宙機同士の事故と
各国間の軋轢から工程が遅れ、計画の変更を余儀なくされたため、
第一次探査は日本の宇宙機「きりしま」が担うことになる。
異変の最初期からの観察者である朝倉はこれに乗り組むことになった。
人類の存亡にかかわる戦いを、科学、政治、哲学等、あらゆる事象を
取り入れて描き出し、地球の未来のありかたを問う、
黙示録的ハードSF巨篇、完結!


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

教団X

『教団X』
中村文則



謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、
公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。
絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、
やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。
神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。
著者最長にして圧倒的最高傑作。



なかなか読み進められなく、読み始めから読了までの間に
別の本を10冊程度読み終えてしまいました。

つまらないわけではなく、簡単に読み進めてはいけないような雰囲気を
本書から感じてしまったからだった気もします。

テーマが多岐にまたがり、この小説のテーマはこれなのか、と思い
さらに読み進めるとまた別のテーマも立ち上がり
非常に読みごたえがありました。

宗教、性、貧困、テロやそれらに係る利権。
読み進める間にも、これらの問題に根付く実際の社会問題が
報道されておりリアルタイム感に慄然としながら読んでいました。

お名前は知りながらこの作家を読むのは初めてで、
また、ミステリともSFともつかぬものを読むのはめったにないので
食わず嫌いの部分があり今までは読んできませんでした。
これを機に中村文則さんの他の著作も読んでみようと思いました。

アマゾン評に面白い意見がありました。
アメトーク「読書芸人」の中で紹介されてしまったために
普段小説を読まない人が本作を読み、
わからない、つまらないという評価をしてしまったのは不幸だ、と。
確かに評価一つ星が割合としては一番多い、というのも奇妙です。

しかしその評を読むと多くの方は真面目に書かれていますので
これらを見るのも参考になります。
確かにテーマの重さとその多様さでまとまりを欠くかもしれないし、
これらを扱いきるのは難しいのでしょう。
しかし、あとがきにある”覚悟をもって書いた”は伝わりました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

笑劇 SFバカ本 カタストロフィ集

『笑劇 SFバカ本 カタストロフィ集』
岬兄悟 大原まり子編



人類滅亡級の衝撃!? 傑作短編集9連発
1996年から、12冊が刊行された「SFバカ本シリーズ」。
この伝説の短編集の100を越える短編の中から、前作「笑壺」につづき、
9編を厳選したアンソロジーが本書。「パラサイト・イヴ」の瀬名秀明は
SF文学賞のドタバタを描き、松本侑子、久美沙織ら、女性作家は、
不思議な性の世界を描く—彼らのまったく違う一面が見られる
大爆笑の短編集。


こういってはなんですがSFの名を借りたオモロないのがありました。
SFは間口が広くなんでも扱えるのでこういう事が起こりえます。
設定がSFでもマインドがSFでない。
設定も展開もなんだかわからないがマインドはSF。
分りずらいが後者を選びたい。

瀬名秀明「SOW狂想曲」
まさにこういった思い込みの激しい選考委員も出てくる
SF文学賞騒動記です。

岡崎弘明「ぎゅうぎゅう」
人口密度増により立ったまま生活する人々を描いています。
これこそSFではありますまいか。

岬兄悟「出口君」
食わず嫌いでこの作者を敬遠していたのは、
なぜか軽薄なイメージを持っていたから。
軽薄を超えたこのバカSF具合はなかなか面白かった。

森奈津子「西城秀樹のおかげです」
文庫本背表紙で本タイトルを見かけるもちょっと買えなかったので
ここで読めて良かった。
Y.M.C.A.の話に繋がるが本当なのか?
本アンソロジー内で一番面白かった。
今度は森さん自身の本も買ってみようか。

久美沙織(よくこんなの書くな)と松本侑子の作品も良かった。

牧野修「メロディ・フィアー」
ハードSFからの変化球か。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

文藝芸人

『文藝芸人』


よしもと芸人が本気で勝負したスペシャルな文芸春秋

ということでよしもと芸人らの小説やエッセイが掲載されています。

やはり芸人さんは何か持っているなあ、というのが読んでみての感想。
しょっぱなの又吉直樹のエッセイは上手いので当然とするも
2番手で来たジャルジャル福徳秀介「卒業文集プロポーズ」の
心地よさはなんなんだろう。

森三中の大島美幸「ブスと美人のはなし」
ブログという体裁をとってますが、手慣れた感があります。
いろいろ文章を書いていた人なんでしょうか。

超問題作が平成ノブシコブシ徳井健太「団地花」
”母親が壊れていく。著者の自伝的家族崩壊小説”との事です。
かなりの悪文であり、
酔ってしまいそうな妙なリズム感があり
後味は最初から最後まで悪い。
しかしそれゆえの迫力がありました。
著作から本人を想定するのはおかしいのかもしれませんが
これ読むかぎり近づきたくない人物です。

野沢直子「笑うお葬式」
実父の事を綴ったものですが、この実父が面白い。
爆笑エピソードで笑い、病気で弱っていく父への思いで泣き
これは良い作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

カラ売り屋

『カラ売り屋』
黒木亮



人の弱みにこそ勝機あり。理念無き利益操作が支える「危ない株」も、
村おこしとは名ばかりの錬金術も、途上国へのハイリスク融資も、
経済の闇に蠢く魑魅魍魎にとっては宝の山だ。
金融界のまっとうな道を踏み外した男たちのカネへの執念が生んだ
熱い物語。国際経済小説の旗手が切り開いた新境地、全4篇。


こんばんは。投資家です。

カラ売りという株用語は知っていましたので手に取ってしまいました。
普段は経済小説など読まないのにです。
何か投資術のヒントになればいいかなんてさもしい考えで読みました。

当然ながら金融プロどうしの戦いを描いた小説なので
ヒントどころか何を言っているのかさえ分かりません。
しかもここで内容紹介することもできません。
(何しろ全てがわからない)

工事現場での人間模様も一部描かれた(こういうのがわかりやすい)
株がテーマの「カラ売り屋」や
小悪人を旧知の人物から追った「村おこし屋」は物語性もあり
なかなか面白かったのですが
「エマージング屋」「再生屋」までいくと専門用語が飛び交い
物語性もないのでかなり面喰いました。

しかし経済小説へのとっかかりになり、読書テーマを広げられそうです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ツリー

『ツリー』
高橋克彦

↓上巻
ツリー(上) (双葉文庫)


ある新人賞に驚異的な小説が応募されたことから物語は始まる。
書評家の私は、旧知の編集者から頼まれて、連絡のとれない作者・
風森大樹を捜すことに。だが、本籍地の青森で調査しても、その行方は
杳として知れない。風森には超能力があったと、小学校の同級生の政夫
は驚くべき話をした。その後、調査を手伝った政夫が突然、死亡。
これはただ事ではない―次々襲い来る緊急事態に、ページを繰る手が
止まらない傑作サスペンス!


↓下巻
ツリー(下) (双葉文庫)


風森の一族は人知を超えた能力を隠し、ひっそりと暮らしてきた。
その力を奪取しようと目論む組織と風森との間で、激しい戦闘が勃発
する。金絡みのゴタゴタでヤクザ・輝田組も参戦。私と地元の若者・
広司、組織から寝返ったという謎の美女・名美の三人は風森と行動を
ともにし、危地からの脱出を目指す。すると恐るべき名美の能力が
明らかになり―。そして物語は胸を熱くする壮麗フィナーレへ。
あなたは衝撃シーンの目撃者となる!


大昔、超絶的な傑作『総門谷』を読み高橋さんのファンになりました。
そしてこの伝奇系統の作品は他にも名作があり読んできました。
さて本作はまさにこの系統に連なる作品です。

新人賞に応募された小説(高度な数式があり)とその作者を巡る内容
かと思いきや小説や数学の部分はあっさりと打ち切られるのが残念。
これは書評家を主人公にするため(何故?)の処置なんでしょうか。

物語は、追い求めていた小説の作者は実は宇宙人でした、というもので
この部分だけ抜き出すとアレなんですが
全体をみてもやはりアレです。
しかしそこは高橋克彦。
手慣れた筆のさばきで、嘘に嘘を派手に重ねてながらも
読み物として面白くしています。

多くの高橋伝奇モノと全く同じフォーマットなので目新しさは全然なく
むしろ伝奇的な部分は弱くなっているが面白いからいいじゃないか。

いつもどうり主人公を取り巻く人々は
本件(なにしろ宇宙人)がかなり大変なことなのに
全く動ぜず、そこまでする義理もないのに最後まで付き合います。
本作で言えば広治。最後はUFOに乗って月世界を目指します。

違和感があるとすればこういう人物像と、「UFO」。
宇宙人の乗り物とわかり未確認でなくなっても呼称はUFOのまま。
高橋克彦作品は多分全部そうでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

私は久々にこの系統の本を読んだせいか興奮しましたが
皆様におかれましては本作はかなりアレなので
『総門谷』
『竜の柩』をお勧めします。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

機龍警察 完全版

『機龍警察 完全版』
月村了衛
機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)


テロや民族紛争の激化に伴い発達した近接戦闘兵器・機甲兵装。
新型機“龍機兵"を導入した警視庁特捜部は、その搭乗員として三人の
傭兵と契約した。警察組織内で孤立しつつも、彼らは機甲兵装による
立て篭もり現場へ出動する。だが事件の背後には想像を絶する巨大な闇
が広がっていた…
日本SF大賞&吉川英治文学新人賞受賞の“至近未来"警察小説シリーズ
開幕! 第1作を徹底加筆した完全版。解説/千街晶之。


このシリーズの存在はなんとなくしっていたが、
ニガテなロボットSF系やファンタジー系なのではないかと思い
敬遠して手にしていませんでした。
(”龍”がファンタジーぽかったし)

今回文庫で「完全版」と銘打っていたのをみつけたので買ってみました。
もし、ロボットで戦って、その搭乗者のヒロインがたわいもない会話を
繰り返すような小説だったら叩きつけようと思いつつ。

ロボット機甲兵装での戦いを描く小説ではあったのですが、
まずは警察小説としての警察内部のドラマとしての面白さ、
対テロとの機甲兵装だけではない戦いを描くアクション、
個々の人物のいわくありげな生い立ちなど
冒険小説風な味も加わった深みのある小説でした。

いやあ、面白かった。

解説の中での著者の言葉の引用として、
作品の一番の大嘘は機甲兵装ではなく警察が傭兵を雇うところ、
という発言からSF設定より警察やテロを描くのが主眼の小説と
見受けられそこも頼もしかった。

もっと前から読んでおけばよかった。

私は昔から、スペースオペラ(もどき)、ロボットもの、ファンタジーが
ニガテというか嫌いでそれらしいタイトルのもを
一切近づけなかったのですが
誤解をもっていた作品もどうやらあるようです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 4
go page top

月世界小説

『月世界小説』
牧野修
月世界小説 (ハヤカワ文庫JA)


友人とゲイパレードを見に来ていた青年、菱屋修介は、
晴天の空にアポカリプティック・サウンドが響くのを聞き、
天使が舞い降りるのを見た。次の瞬間、世界は終わりを告げ、
菱屋は惨劇のただなかに投げ出された。
そして彼が逃げこんだ先は自分の妄想世界である月世界だった。
多数の言語が無数の妄想世界を生み出してしまった宇宙を
正しく統一しようとする神の策謀と、
人間は言語の力を武器に長い戦いを続けていたのだった。


久々に自分の理解の範疇を超えた作品を読みました。
否定的な意見ではなく自分には難しかったという事です。

途中まではストーリーもわかっていたつもりでしたが
中盤からもうついていけなくなりました。
ストーリーというよりもイマジネーションを楽しむ小説だったようです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


解説は山田正紀。
かの『神狩り』と近い部分もあるようです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

磁極反転の日

『磁極反転の日』
伊予原新
磁極反転の日 (新潮文庫)


地球のN極とS極が反転し始めた。大規模地磁気嵐が発生し、
東京上空にオーロラが出現。
異様な寒冷化と降り注ぐ宇宙線に不安が広がる中、
女性記者浅田柊の耳に奇妙な話が聞こえてくる。
都内の病院から妊婦たちが次々と失踪しているというのだ…。
謎の団体、脳科学の闇、不可解な妊婦の死。
取材の果て、柊が突き止めた恐るべき真相とは。
パニックSFの新たなる傑作。


まずは全く知らない作家でした。
ブックオフで目にするたび何となく気になっていたものの決心つかず。
しかしいつまでも本棚に残っているのでここは私がと購入しました。
(しかし購入した事が呼び水となり後に買った作品を先に読了)

面白かった。
磁極が反転するという大掛かりなSF設定にワクワクしながら読みました。
この磁極反転に係るペダントリーも楽しい。
登場人物に超人が出てこないのもよい。
妊婦たちの失踪という部分でのサスペンスも面白く
磁極反転に係っているところもうまい。

本来なら世界中がもっとどうにかなってしまうくらいの
この大それた設定だがこの部分は結構淡々としている。
もしかすると物足りなさを感じるハードSFファンがいるかもしれない。
しかし普通の人々が織りなすこの物語世界はいい。

改めて思うに私はこういった市井の生活を描く作品が好きです。
SFのダイナミズムの中にある身近な人々の生活。
危機的状況で政治的な駆け引きも行われ続ける社会。
その中での一般市民の生活を描く。
これこそ日本的SFなのではありますまいか。
思えば小松左京「日本沈没」もそういった素晴らしい作品でした。
ついでに言えばこういった要素がないスペース・オペラものは苦手。

さて本作、読後感も良く久々にいいSFを読んだなあ、という感想です。

磁極反転の日 (新潮文庫)

新潮文庫のこの往年のSFを感じさせるカバーの絵柄もいい味出してます。
実はこの本を買う事にした要因の一つであります。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

言語小説集

『言語小説集』
井上ひさし
言語小説集 (新潮文庫)
言語小説集 (新潮文庫)


ワープロのディスプレイ上でカギ括弧同士が恋をした。
威張り腐った●や■に他の記号たちが反乱を起こす「括弧の恋」。
方言学の大家が、50年前自分を酷い目に遭わせた特高の元刑事を訛りから
見破って復讐する「五十年ぶり」。
ある日突然舌がもつれる青年駅員の悲劇を描く「言語生涯」など
言葉の魔術師による奇想天外な七編に加え、
抱腹絶倒の四編を新たに収録した著者最後の短編集。


「と」が互いに寄り添うのを面白く思わない●や■。
思いのほか「と」をサポートする!や/や%。

ってよくわからないでしょう。そういう小説です。
一番実験的な作品がこの「括弧の恋」
{<[]>}なども出てきたりしますが、
井上ひさしさんが今の絵文字を知っていたら
一体どのように展開していたんでしょう。

あとは「言語生涯」が面白い。
言い間違えをしてしまう男の話だが、
その言い間違いの例はあり得る範囲で割とおとなしめです。
すさまじいギャグを連発することができる状況なのに。
これは意図して抑えていると思うんですが如何でしょう。

「極刑」もスゴイ。
意味をなさない文章を演じることになった演者がどうなっていくか。
結構ホラー。


という事で井上ひさしさん。ひさしぶりに読みました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


解説は筒井康隆。
自身や自作との対比をしていて興味深い。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話