FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。『そよ風の誘惑』 オリビア・ニュートン・ジョン

レコードを聴く。『そよ風の誘惑』オリビア・ニュートン・ジョン


帯付き108円
オリビア・ニュートン・ジョンと云えば「フィジカル」!
の世代だけにジャケも含めこれは新鮮です。

1975年発表の『そよ風の誘惑』
知っていた曲は「そよ風の誘惑」だけでしたが、他も概ねこのような
楽曲でした。さわやかだったりカントリーフレーバーだったり。
美しく伸びる歌声とこのルックスですから日本でも売れたようです。
シングル「そよ風の誘惑」はオリコンシングルチャートで最高26位。

帯の文句は
またもや第17回グラミー賞受賞‼
最優秀女性シンガーに輝いたオリビア・ニュートン・ジョン


ビルボード誌で"A Stunningly Beaytiful Album"(気絶するほど美しい
アルバム)と絶賛された最新アルバムには全米No.1シングル「そよ風の
誘惑」「愛の告白」他話題作がいっぱい‼


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

なんとアビーロード録音盤でした。
tb: 0 |  cm: 7
go page top

レコードを聴く。『コバルト・アワー』荒井由実 

レコードを聴く。『コバルト・アワー』荒井由実 


またまた買いました。108円レコード。
かなり聴き込まれたようでスクラッチ・ノイズが多い。

1975年発表の荒井由実『コバルト・アワー』
「卒業写真」「ルージュの伝言」「CHINESE SOUP」なんて曲が
入っていました。
聴き処は前述曲や「COBALT HOUR」「航海日誌」なんてところでしょうか。

曲の良さ、にバックの演奏陣の巧さが光る一枚でした。

ベース:細野晴臣
ギター:鈴木茂(なんとも素晴らしいギター・サウンド!)
ドラム:林立夫
キーボード:松任谷正隆
というティン・パン・アレーのメンツに
コーラス:吉田美奈子、大貫妙子、山下達郎
とどれだけ凄いんだという参加ミュージシャンたちです。

これだけのメンツだろうが全く臆していないであろうユーミン。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

「雨のステイション」もいい。



tb: 0 |  cm: 2
go page top

レコードを聴く。カラー・バイ・ナンバーズ ~ カルチャー・クラブ



毎度お馴染み108円レコ―ド。帯付き美品。
1983年カルチャー・クラブ『カラー・バイ・ナンバーズ』

帯の文句はいろいろです。
メインは
世界中が待っていたカルチャー・クラブの最新セカンド・アルバム。
カラフルなポップス玉手箱に、いまひたすら陶酔……。


こんな事も書いてあります。
「タイム」を日本のみ特別収録
全英No.1シングル「カーマは気まぐれ」&「ポイズン・マインド」収録

レコードでも特別収録ってあったんですね。日本盤はお得です。
もしかして海外のファンからするとコレクターズ・アイテムなのか?

そして帯の上部にはより女性っぽく可愛らしいポーズの
ボーイ・ジョージの写真と言葉。
ごらん、僕の七変化。

アイドル・バンド、あるいはキワモノのイメージを残しつつ
当時よりかなり音楽的評価も高かったと思われるカルチャー・クラブ。

「タイム」「カーマは気まぐれ」「ポイズン・マインド」のみならず
「イッツ・ア・ミラクル」「ミス・ミー」も収録されていてベスト盤
ともいえそうな豪華な内容となっています。

今回初めて歌詞を読みましたがちゃらちゃらした感はなく
かなりしっかりとした主張が読み取れます。
作詞・作曲は各メンバー共作のようですがO'Dowdという見慣れぬ名前が
ありました。調べたらこれがボーイ・ジョージの本名みたいです。

さてカルチャー・クラブの楽曲には図太い声を聴かせる女性シンガーが
参加していますがこれはヘレン・テリー。初めて名前を知りました。
イメージは黒人のおばさんなのですが写真を見るとまだ若い白人女性。
よくこんなにソウルフルな歌が歌えるなと感心してしまいました。
もっともピンク・フロイドの「虚空のスキャット」で圧巻の歌を披露
したクレア・トリ―も若い白人女性。英国というイメージとは異なり
ソウルフルに歌える女性層が厚いのかもしれません。

前述のヒット曲も大好きなのですが紹介するのは「ブラック・マネー」
これもヘレン譲のボーカルが力強く楽曲を盛り上げています。
とここまで書いたが過去にもこの曲を取り上げていました。
しかもこの”ブラック・マネー”の真の意味についても書いていました。
政治的な含みではなかった。そして物悲しい。
↓という事で「ポイズン・マインド」ヘレン嬢もいましたよ。


tb: 0 |  cm: 2
go page top

レコードを聴く。ライヴ・サイモン

レコードを聴く。ライヴ・サイモン


毎度お馴染み108円レコードです。
1974年のポールサイモンの『ライヴ・サイモン』
ギター弾き語り、ウルバンバ(フォルクローレ?)と共演、
ジェシー・ディクソン・シンガーズ(ゴスペル)と共演という構成ですが
一番好きなのが弾き語り。
オープニングの「僕とフリオと校庭で」のキレの良さ!
ポール・サイモンは素晴らしいギターを弾きます。



「早く家に帰りたい」「アメリカの歌」「アメリカ」はもう泣くレベル。
正直なところ全盛期の弾き語りのみ完全ソロ・ライヴが聴きたい。

レコードは「アメリカ」で針飛び。盤には小さく円状にツブレあり。
残念。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

ライナーノーツのディスコグラフィーの中の「明日に掛ける橋」で
幻想的な売り上げを示しているポップス史上5指に入る傑作。
と紹介があるが、幻想的な売り上げとは何なのか?
よほどの売り上げか?売れていているのは共同幻想だったのか?
tb: 0 |  cm: 6
go page top

レコードを聴く。アリス『アリス・メモリアル 1976-1979』

毎度お馴染み108円レコードです。
1980年発表。アリス『アリス・メモリアル 1976-1979』(帯付き)
2枚組のベスト盤です。


まずレコード盤の状態ですが、ほぼ新品の状態。
スクラッチノイズが少ない。
きっと最初にテープに録音して本盤そのものは聴かなかったんでしょう。

さてさすがベスト盤、こんな曲が入っています。
「帰らざる日々」
「遠くで汽笛を聞きながら」
「冬の稲妻」
「涙の誓い」
「ジョニーの子守唄」
「チャンピオン」・・・・

上記ヒット曲は好きですが正直野暮ったい音楽だと思っていました。
いくら名曲でも全部『昴』だとキツイですからね。
しかし聴いてみると結構多彩な音楽性でした。
いかにも、谷村新司、という曲も多いのですが
実は作曲は堀内孝雄だったりと意外な発見もありました。
矢沢透も作詞作曲を手掛けており、
作詞作曲を分け合った曲も多かったです。
仲の良かったグループだったのかもしれませんね。

一番好きなのは「遠くで汽笛を聞きながら」です。
作詞矢沢透・作曲堀内孝雄という組み合わせです。
詩や曲の良さはもちろんですが
改めて聴くとドラムも目立っていて、最後のギター・ソロも良かった。
(誰のギターなんでしょう)
↓ライブ


また、堀内作曲の「音の響き」がブリティッシュっぽい、とか
矢沢透作曲の「センチメンタル・ブルース」がおしゃれな雰囲気とか
なかなか面白いレコードでした。

あまり意識してこなかったのですが
矢沢のドラムも単なるバンドのドラムで以上の存在感でした。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

掲載されているどの写真でも谷村新司は帽子を深くかぶって
おでこを隠しています。この時にはもう・・・・・。

tb: 0 |  cm: 4
go page top

レコードを聴く。グレープ『せせらぎ』

毎度お馴染み108円レコードです。
1975年発表。グレープ『せせらぎ』


大雑把に言えば
三枚あるグレープのアルバムの中で一番聴きやすい気がします。

敢えて悪く言えば
1st・・暗すぎ
3rd・・甘すぎ
なので、
この2ndはその中間的なおいしいとこどりであるように感じました。

なにしろ楽曲的には粒ぞろい。

さだまさし作の「交響楽」は絶対的な名曲であります。
あの「Without You」っぽいメロディもでてきますが
全旋律が美メロというすごさ


吉田正美さんの「ゆだねられた悲しみ」
これまたイイ。完全にシティ・ポップとして完成されています。

そしてインスト!の「ラウドネス」
吉田さんのフュージョン系ギターが冴えてます。

グレープの楽曲であることから忘れられそうですが
日本のシティ・ポップ史には吉田さんは入れるべきですなあ。

ところで帯の文句は

濡れる四季感の中に織り込れた青春のリリシズム

と小さく書かれてこれがキャッチコピーっぽいのですが
その前段にでかでかと

さだまさしの軌跡

との文字が書かれて目立っております。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

レコードを聴く。井上陽水『招待状のないショー』

毎度お馴染み108円レコードです。
1976年発表。井上陽水『招待状のないショー』


このジャケットの陽水さんのカッコよさはなんでしょう。
インナーの写真もカッコいいのですがスガシカオさんかと思いました。

フォークというよりは都会的なセンスも感じるロックといった印象です。
名うてのスタジオ・ミュージシャン達がが作りあげた鉄壁の演奏に
陽水さんの声が映えます。
歌と演奏が絶妙にミックスされているように思えます。
その意味ではあの声に依存しない作品ともいえるのかもしれませんね。
そうなるとファンからは評価分かれるのアルバムなのでしょうか。



演奏陣は
村上秀一、鈴木茂、高中正義、小原礼、大村憲司、浜口茂外也
と私でさえ知ってるメンツとさらにたくさん。
矢野あきこさんもいた(あきこはひらがな名義)

全曲聴きごたえあるのですが、あえて「曲り角」
パッカーション以外を全て陽水さんが演奏(歌/エレキ/アコギ/ベース
/コーラス)してますがキレといいセンスの良さといいこれは素晴らしい。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

CDで欲しい。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

レコードを聴く。DREAMS『DREAMS』

毎度お馴染み108円レコードです。
DREAMSの『DREAMS』
ジャケ買いです。
マグリットでこんな作品ありましたよね。



中身はわからないけどまあいいか、DREAMSって知らないけど、
ジャケが面白いし108円だし、買ってみるか。
と、裏を見たらマイケル・ブレッカーやランディ・ブレッカーの名が。
そしてドラムはビリー・コブハムとフュージョン系っぽい雰囲気。
ますます買わないわけにはいかなくなりました。

さて家に帰り早速ネットで確認すると
1970年発表の作品であることがわかりました。
”幻の”で形容されるグループのようです。

聴いてみますとフュージョンではなく歌ものロックでした。
おしゃれな要素は全くないのでした。
しかし全面ファンキーな演奏で、
各楽器は雄たけびを上げているかのよう。
ブラス・ロックやブルース・ロックともいえる無骨な音が素晴らしい。
力がみなぎる演奏で聴き込めば聴き込むほどいろいろ発見がありそう。

↓TRY ME


これはいい買い物です。
CD見つけたら買います。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

B面のビリー・コブハムのドラム・ソロがまたカッコいい。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

レコードを聴く。中島みゆき『愛していると云ってくれ』

毎度お馴染み108円レコードです。
1978年発表中島みゆき『愛していると云ってくれ』


人生初の中島みゆきです。
何かで流れてくる以外は聴いた事はありませんでした。

帯の文句は

大ヒット曲「わかれうた」話題作「世情」「化粧」収録

ということで「世情」はもしかしてあれ?という事で買ってみました。

1曲目は曲というか語りの「元気ですか」
これはいろいろスゴイ。
一種のセルフパロディかなんかとも思えてきました。

B面「おまえの家」は物悲しい中にハーモニー(本人?)が美しい

そして「世情」
やはり「金八先生」で使われた曲でした。
歌の持つ力みたいなものを感じます。
男性コーラスが配置されていて素晴らしい効果をあげている。

クレジットによるとドラムはつのだひろ、ベースは後藤次利
そしてキーボードは坂本龍一とそれらしくないメンバーがバックでした。
記載はないがアコースティックギターは中島さん本人なんでしょうか。
冷たく凍りついたような音を出しています。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

妖しい雰囲気のジャケはなかなかいい。


tb: 0 |  cm: 2
go page top

レコードを買う。中島グレープ達郎アリス

『レコードを買う。中島グレープ達郎アリス』

またまた買いました。108円レコード。

今回もなかなか面白いラインナップです。

中島みゆき『愛していると云ってくれ』帯付き
ほとんど聴いた事がなかったが買ってみました。

山下達郎『Melodies』帯付き
ジャケ買いの要素+達郎さんですから

井上陽水『招待状のないショー』
陽水は見つけたら買うようにしている。
結構初期作品はこの108円コーナーに出回っていて
特に『氷の世界』は何枚も置いてある

アリス『アリス・メモリアル 76-79』2枚組帯付き
まあ買っちゃいますよね。知ってる曲多いので。

グレープ『せせらぎ』帯付き
これでグレープは制覇か。さだよりむしろ吉田作品目当て。

DREAMS『DREAMS』
全く知らないグループ。
マグリットのようなジャケに惹かれて買いました。
メンツを見ると米国凄腕ミュージシャンの集まりだった。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

『ナイアガラ・トライアングルVOL.2』が108円で売ってました。
宣伝シールが付いたままのビニール封(取り出し口のみ開封)で
美品だったのですが当時LP買っていたので今回見送ります。
誰かの目に止まるよう箱の前面に出しておきました。
見つけた人の喜ぶ姿が目に浮かぶ

念のためシングル盤の箱を見てたら
田中星児『ビューティフル・サンデー』がありました。
また南こうせつの上半身裸の”フェロモンレコード”(タイトル知らん)
もありました。
それぞれ21円という値段で財政的には何とか買える範囲なのですが
シングルはキリがないので今回はやめときました。
しかし殿様キングスとか渥美二郎とか聴かないけど
シャレで今後蒐集していきそうな気もしています。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話