08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

巨船べラス・レトラス

『巨船べラス・レトラス』
筒井康隆
巨船ベラス・レトラス
巨船ベラス・レトラス


売れさえすれば作者を潰したっていいというのか。
人間を使い捨てにする企業の論理か。
そんな若いやつの小説、受賞した時だけその受賞した本が売れるだけの
ことじゃねえか。
今の状況がなんでも正しいというんなら、
なんでもうすぐ世界が滅びるってことを認めて、それを書かないんだ。
それが現在の文学者のやるべきことじゃないのかい。
現代日本文学の状況を鋭く衝く戦慄の問題作。


裏表紙の
出版界騒然!文壇慄然!読者は呆然!
にグッときました。

2007年の作品ですが、全く知りませんでした。
断筆宣言(もはや知らない人も多いのでは)以降の作品とは
結構疎遠だったので・・・・。

小説(ここではエンターテインメントとは区別)、出版界、作家
をテーマにした作品です。

実験的手法を何度も使用してきた著者だけに、
句点がやけに少ない文章。
人物視点転換でも行を開けない。
登場人物の作家とその作家の小説内登場人物が共存。
「筒井康隆」も登場。
なんてものに驚いてはいけません。

しかしなんだかわからない面白さと小説論があり面白かった。

(売れない)同人誌作家による出版界への恨みつらみ。
ベテラン人気作家達や出版関係者の前衛小説へ想い。
なにやら深いものがありそうですが本作自体は読みやすかったです。

しかし後半の「筒井康隆」の登場とその目的はすごい。
なんなんだあの部分は。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


登場人物の説明に

ホラーを革新的に脱臼させて人気絶頂の作家

とあるがこれも脱臼モノの表現だ。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

モナドの領域

『モナドの領域』
筒井康隆
モナドの領域


著者自ら「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」と宣言する究極
の小説、ついに刊行! 河川敷で発見された片腕はバラバラ事件の発端と思
われた。美貌の警部、不穏なベーカリー、老教授の奇矯な振舞い、錯綜す
る捜査……。だが、事件はあらゆる予見を越え、やがてGODが人類と世界
の秘密を語り始める――。
巨匠が小説的技倆と哲学的思索の全てを注ぎ込んだ 超弩級小説。


モナドとは作中のGODによればプログラムなんていってました。
早速ウィキペディアでみてみると

プログラミング言語の意味付けにおける完備な意味領域をモジュール性を
持たせた形で分割するための枠組み、ということでGODは枠組みの意で
使用していました。
またライプニッツくんが提唱した哲学上の概念でもあります。

本作とは関係ないけど細野晴臣のレコードレーベル名でもあります。

河川敷で発見された片腕、その片腕を造形したかのようなバケットを売る
ベーカリー、黒目がふらふらと泳ぐ老教授、それらを捜査する美貌の警部
と前半は妖しい雰囲気満載で期待が高まります。
これは絶対、世界が破滅するようなストーリーに違いあるまい!

次章から、これらの事件は老教授に憑依した<神>の存在であることが
わかり、以降はこの<神>GODとの哲学的対話が続いていきます。

そして最後はGOD出現の理由や各事件は世界の綻びを修正するためと
語られ、GODの記憶と記録が抹消され元とはちょっとだけ異なる日常へ
戻っていきます。

ストーリー的には大きな波もなく淡々とした流れで終わってしまい、
また登場人物も悪人が出てこなくこれでいいのか?なんて思ってしまう
ところもあります。
しかし全体的に非常に読みやすく哲学的問答もGODにより平易な言葉で
語られるのでなんかいい感じです。

多元宇宙やパラフィクションなどというキーワードをまぶしつつも
この哲学的思索が本書のキモなんでしょう。ちょっとムズカシイところ
だらけなのですが是非改めて読み返してみたい作品でした。

まだまだ私には語れない。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

実は新潮社の筒井康隆全集を全巻持ってるのが自慢です。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アホの壁

アホの壁 (新潮新書)アホの壁 (新潮新書)
(2010/02)
筒井 康隆

商品詳細を見る

タイトルを見てだめだと思った。
養老先生の「バカの壁」をほんの少しもじっただけではないか!
著者名を見てびっくり。筒井康隆ではないか!!
ならばとりあえず買うしかないではないか!!!

たぶんこういう買い方をした人がほとんどだと思われますなあ。

内容は心理学的なネタが豊富な軽い読み物で
実は面白い。

ちょっとしたトピックや随想を読んでいるうちに
このまま虚構の小説世界が立ち上がるのかと思いながら読んでいました。

いままでの作品の中からわかりやすい部分を抽出して新書としてまとめてみました、
といった感じの本でした。

↓ツツイストでなくとも応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

tb: 1 |  cm: 0
go page top

突然変異幻語対談

筒井康隆と柳瀬尚紀の対談と往復書簡集。

なんとこの対談をひとつの契機として
『残像に口紅を』が出来たようで興味深い。

突然変異幻語対談 (河出文庫)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

恐怖

恐怖恐怖
(2001/01)
筒井 康隆

商品詳細を見る

もともと筒井康隆のファン(新潮社筒井康隆全集買い揃えていました)ですが
わりと難解な作品が多くなってきた気がしていたのと、
表紙に浮かぶ男の顔が怖いので数年寝かしていました。

これは、
殺人事件に遭遇し、
次第に自分も殺されるのではないかと怯えていく作家の物語ですが
全編笑いに満ちていて一気に読んでしまいました。

動機探し、犯人探しの要素もあります。
ラストの、犯人の自白や、登場人物のその後、は全く普通で、
わざわざ書くことがなかったような気がします。
こういう章立てをつけること事態が推理小説のパロディになっているのでないだろうか、
などと思ってしまいました。

でも久々の筒井康隆、面白くてよかった。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話