09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

太宰治傑作選 奇想と微笑

『太宰治傑作選 奇想と微笑』
森見登美彦編
奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)


中学校の国語の時間。「走れメロス」の音読テープに耳をふさいだ森見
少年は、その後、くっついたり離れたりを繰り返しながらも、
太宰の世界に惹かれていった―。
読者を楽しませることをなによりも大切に考えた太宰治の作品群から、
「ヘンテコであること」「愉快であること」に主眼を置いて選んだ
十九篇。「生誕百年」に贈る、最高にステキで面白い、
太宰治の「傑作」選。


これは面白かった。
太宰治ってこんなに面白い小説を書く人だったんだ。

「失敗園」
いろいろな植物が自分の境遇を語る。なんだこれは。

「カチカチ山」
『お伽草紙』の一篇でアレのパロディ。

「貨幣」
小学校の時に授業でやったような”私は百円玉です”そのまま。
アレのルーツはこれだったのか。

「令嬢アユ」
ちょっと軽めの知り合いのラブ・ストーリー

「服装について」
これは随筆だが、編者いうところの「居たたまれなさ」に共感する。
この可笑しみがいい。

「酒の追憶」
これも随筆。語り口に可笑しみを感じる。だんだんダザイが好きになって
くる

「佐渡」
いかに佐渡がおもしろくなかったかということを親切丁寧におもしろくな
く書いてある、という解説を読んでから読むとやはり可笑しい。

「ロマネスク」
三人にクセのある登場人物の半生が語られる。その三人が会いまみえるが
どう読んでいいのかとらえどころがないような作品。

「満願」
「ロマネスク」を書いたころの短い随筆

「畜犬談」
小説か随筆かあいまいになってくる犬にまつわる話。可笑しい。

「親友交歓」
ずけずけとこちら側に侵入してくる”親友”の話。これは現代ではホラー
小説になりえますね。

「黄村先生言行録」
黄村先生のヘンな言行録。笑わせてやろうして本当に笑える。

「『井伏鱒二選集』後記」
選集の解説文だが作品でなく思い出を綴る。楽しそう。

「猿面冠者」
小説家志望者?の話。志望者の話か小説内の話かだんだん分からなってき
た。ラストは破棄されそうになった原稿のセリフらしい。メタだ。

「女の決闘」
森鴎外が訳した「女の決闘」の中に、その解説とさらには自分でサブスト
ーを組み込んでしまったヘンな作品。太宰自らいろいろ仕掛けていること
を読者にアピール。これも凄い。

「貧の意地」「破産」「粋人」
『新釈諸国話』より。それぞれダメ人間のダメっぷりを描く。
これはじわじわくる。

「走れメロス」
毎度お馴染みの作品だが果たしてどんな機会に読んだんだろう。
改めていい話。メロスのセリフが結構カッコいい。
ここまで読むと「走れメロス」異色だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 0
go page top

人間失格

『人間失格』
太宰治


「恥の多い生涯を送って来ました」。
そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。男は自分を偽り、
ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、「失格」の判定を自ら
にくだす。でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語
るのだ。「とても素直で、よく気がきいて(中略)神様みたいないい子
でした」と。ひとがひととして、ひとと生きる意味を問う、太宰治、
捨て身の問題作。


なんと初読です。本は読むほうですがダザイは読んできませんでした。
(種々のアンソロジー収録作で触れる程度)
今回はちょっと動機が不純でした。
新潮文庫のお洒落な装丁(カバーは全面一色で作者と題名を記載した
だけのシンプルなパターン)を集めようと思い立ち、その中の一冊と
してこの『人間失格』を買いました。読むより買う、が先です。

実はその少し前から森見登美彦が編んだ太宰治のアンソロジー『奇想
と微笑』を少しづつ読んでおり興味が出てきてもいたのであります。

本書は
はしがき
第一の手記
第二の手記
第三の手記
あとがき
という構成になっていてこれはあたかもミステリようなスタイルです。

あの有名な「恥の多い生涯を送って来ました」は第一の手記の冒頭文
でした。『人間失格』の冒頭文ではなかったんだ。

さて多くの方が感じられているように、これは私の事だ、と思いなが
ら読んでいました。もちろん違うところのほうが多いのですがところ
どころの心情を吐き出す部分にとても近いものを感じてしまいました。

太宰治の言葉そのものになのか、ダザイを語る人たちの思い入れに共
感を覚えただけなのかわからなくなってきているのですが、久々に、
読んで震える、という体験をしたように思います。
小さいころ安部公房の『人間そっくり』を読んで同じような体験をし
ており、同時期に『人間失格』を読んでいたらタイヘンな事になって
いたかもしれません。


人間、失格。
もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


私が買った新潮文庫は平成21年百七十六刷版です。
どれだけ読み続けられているんだ!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

文豪ナビ 三島由紀夫

文豪ナビ 三島由紀夫 (新潮文庫)文豪ナビ 三島由紀夫 (新潮文庫)
(2004/10/28)
新潮文庫

商品詳細を見る

『文豪ナビ 三島由紀夫』
毎度御馴染み新潮文庫文豪ナビシリーズです。

事件としての三島由紀夫は知っていますが
作品は全く読んでいませんでした。

これからもたぶん読まないのではと思うのですが
ただ『仮面の告白』は気になる作品です。

本『文豪ナビ』シリーズは原文の一部を抜粋して紹介しているのですが
この『仮面の告白』はぐいぐい心に入ってくる文章でした。

また『金閣寺』もすごい。

って結構惹かれているようです。

↓仮面のまま応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

文豪ナビ 芥川龍之介

文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)
(2004/10/28)
新潮文庫

商品詳細を見る

新潮文庫文豪ナビシリーズ 芥川龍之介です。

当然名前と作品名は知っているのもありますが
読んでいるかどうかはあやしいものです。

「藪の中」はミステリー関連として読んだことはあります。
「歯車」はテレビで紹介されて興味を持ったので
KindleHDにダウンロードしたのですがそのまま未読。

本書のキャッチコピー
「カリスマシェフは、短編料理でショーブする」にあるように
芥川は短編の名手でかつさまざまな手法を駆使した作家だったようです。
「地獄変」「河童」「蜜柑」などが面白そうですなあ。

本文庫は
阿刀田高のエッセイ「ここから入ろう 短編小説の典型」や
芥川龍之介の評伝 など 中身も充実しておりなかなかの一冊です。

やるな新潮文庫文豪ナビシリーズ。

↓充実してない方は応援よろしくお願いします。(私だ!)

tb: 0 |  cm: 0
go page top

文豪ナビ 太宰治

文豪ナビ 太宰治 (新潮文庫)文豪ナビ 太宰治 (新潮文庫)
(2004/11/28)
新潮文庫

商品詳細を見る

特に太宰治に興味があるわけでなく
新潮文庫の”文豪ナビ”シリーズを揃えてみるか、という事で買いました。

表紙の”ナイフを持つまえにダザイを読め!”は、なにか触れるものがありました。

太宰は「走れメロス」(教科書で読んだのだろうか)は別として
最近「犯人」を読んだのみ。

姉を包丁で刺して(その理由も非常に勝手)逃げる男の話だが
こんな文章が出てきます。

逃げられるところまでは、逃げてみたい。
どうにもならなくなった時には、自殺。


なにか文体が薄気味悪くコワかったです。

この身勝手さは太宰本人の生き様でもあるのでしょうか。

この本では何作品かを取り上げてナビゲートしてくれるのですが
「人間失格」はどうも読むべき作品のような気がしてきました。

恥の多い生涯を送って来ました。
自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。


すごい出だしですなあ。

↓ダザイストでなくとも応援よろしくお願いします。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話