03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

検察側の証人

『検察側の証人』
アガサ・クリスティ
検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


街中で知り合い親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。
ある夜そのオールドミスが撲殺された。状況証拠は容疑者の青年に不利な
ものばかり。金が目当てだとすれば動機も充分。しかも、彼を救えるはず
の妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…
展開の見事さと驚愕の結末。法廷劇の代表作。


面白かった。
細かい内容は想定できなかったが
事前情報からこんな展開になるだろう、と
思いつつ読んでいましたがそれでも面白い。
この結末もここまでの展開も
どこで読んだ感じがしていたのですが、
きっと本作をさらにひねった作品とかたくさんあるんでしょうね。

法廷物の面白さが詰まった作品です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ABC殺人事件

『ABC殺人事件』
アガサ・クリスティ
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


ポアロのもとに届いた予告状のとおり、Aで始まる地名の町で、
Aの頭文字の老婆が殺された。現場には不気味にABC鉄道案内が
残されていた。まもなく、第二、第三の挑戦状が届き、Bの地で
Bの頭文字の娘が、Cの地でCの頭文字の紳士が殺され……。


このABCの設定のみで長編に仕立ててしまったってところなんでしょうか。
魅力的なアイデアを軽々とした物語に仕立てたって感じです。
連続殺人事件ですが重苦しさはありません。

その後のミステリにいろいろなモチーフとして引用されるほどの影響力
を持っているようなのでぜひ読まれるべきだと思います。

私は再読ですが全然真犯人等思い出せず楽しく読みました。

ただ、
ポアロの口調とヘイスティングの口調が全く同じなので
ちょっと区別がつかなかったっす。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

スタイルズ荘の怪事件

『スタイルズ荘の怪事件』
アガサ・クリスティ
スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは、到着早早事件に
巻き込まれた。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。難事件調査に乗り出した
のは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命して間もない、エル
キュール・ポアロだった。


ずっと読みたかった古典です。
アガサ・クリスティのデビュー作(1920年!)であり、
しかもエルキュール・ポアロの初登場作でもあります。

素晴らしい。ミステリを読む幸せがここにはあります。
ポアロの言葉尻から間違った推理をしてしまうのは
読者の代表でもあるヘイスティングス。
なかなか推理を語らないポアロですが、
最後には意味ありげに行われていた
今までの言動がすべて明らかになります。
これぞ本格ミステリの伏線回収。
今読んでも十分おもしろい傑作古典です。

クリスティのイメージは
『アクロイド』や『そして誰もいなくなった』などの
ミステリの可能性を広げるような作品を出す作家でしたが、
当然ながらオーソドックスな本格
も素晴らしい作品を書いていたんですね。

いやあ、本当に良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 4
go page top

白昼の悪魔

白昼の悪魔 (クリスティー文庫)白昼の悪魔 (クリスティー文庫)
(2012/08/01)
アガサ・クリスティー、鳴海 四郎 他

商品詳細を見る

『白昼の悪魔』
毎度御馴染みアガサ・クリスティのエルキュール・ポアロものです。

海沿いの避暑地で余暇を楽しんでいたポアロですが
滞在中に殺人事件に巻き込まれます。

けっこう登場人物は多いのですが
なぜか読みやすく人物像もすぐに頭に入ってきました。

殺人事件は1件のみでおどろおどろしさもハッタリ感もないので
地味な印象ですがなかなか面白い作品でした。

これ、2時間ドラマには最適かもしれません。

真犯人の性格と被害者の性格とが反転されていくところなど
サスペンス的にも面白そう。

↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

乱歩も本作をクリスティ・ベスト8としていたようです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

愛国殺人

愛国殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)愛国殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/06/14)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る


『愛国殺人』

毎度御馴染みアガサ・クリスティの作品で
探偵役はエルキュール・ポアロです。

本作、江戸川乱歩もクリスティ作品のベスト8に入る作品と評価しており
それゆえか人気の作品です。

冒頭にポアロが歯医者へいやいやながら行くシーンなど
コミカルな雰囲気ですが
その歯医者が拳銃自殺するところから事件は始まります。

自殺?他殺?

自殺で済みそうなところをわざわざ疑いだすポアロに対し
ジャップ主任警部は、事件を複雑にする気か、
なんてツッコミもいれたりしてます。

タイトル『愛国殺人』ですが解説によれば

真相の示唆とミスディレクションの両方を果たしている

との事ですが、うん。納得です。

地味な事件と展開ですが結構スジは複雑でこれぞ英国古典ミステリ
といえる作品でした。

↓愛国心で応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ゴルフ場殺人事件

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/01)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る

ゴルフ場殺人事件

毎度御馴染みアガサ・クリスティの1923年の作品。
エルキュール・ポアロものです。

一旦事件は解決したかにみえた後、
さらに二点三点する部分は面白いです。

古典ミステリをなめてかかっちゃいけません。
本作、日本を舞台にしてちょっと直せば
いまだかなりの作品になりそうです。

あまりクリスティは読んでいなかったのですが
ポアロと友人のヘイスティングズとの会話が
互いに丁寧語すぎてちょっと違和感がありました。
(田村隆一訳 版)
ふたりは他の作品でもずっとこんな感じで話しているのかな。

さて表題の”ゴルフ場”ですが
たまたま事件の場所がゴルフ場予定地だっただけで
特に意味は持っていないようです。
(そうですよね。)

タイトルがもうちょっとなんとかなれば
もっとメジャーだったかもしれません。

↓もうちょっと応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る

『そして誰もいなくなった』
アガサ・クリスティの名作ミステリです。
これも30年位前に読んでいるのですが再読です。
中身は有名でありまた古典的傑作であるのでここでは触れません。

そこで周辺の話題です。

・原題は ”And Then There Were None”
私はずっと ”Ten Little Niggers”が原題だと思っていました。
どうやら もともと”Ten Little Niggers”だったのですが、
当時より改題していたようでした。(Niggersが差別用語のため)

ちなみに英プログレバンド・ジェネシスのアルバムに
『And Then There Were Three そして3人が残った』
なんてのがあります。
このクリスティ作品からひっぱってきたのでしょうかねえ。

・今回ハヤカワ文庫の背の高い”クリスティ文庫”版で購入しました。
ブックオフで108円で売ってたらこのシリーズ買い集めていくつもりです。

・悪い癖で巻末の解説を先に読みました
その時ページをめくり間違えて本文のラストページを開いてしまい
最後の一文 を見てしまいました。
その一文とは犯人の名です。
最後は犯人の手記で終わるという本作の構成は覚えていたので
これは致命的です。

忘れようと思っても意識してしまい忘れられないので
思い切って登場人物一覧をみたら該当者がいません。
きっと登場人物一覧の人物名は仮名で、
手記は本名なんだろうと安心して読み進めました。

そして通常に読みおえたところ
この名前には見覚えが・・・・
登場人物一覧を再確認したら、はっきりとその人物が記載されていました。

きっとその人物名を無意識に除外していたんでしょう。

↓そして誰か応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

↓ご参考
そして3人が残った(紙ジャケット仕様)そして3人が残った(紙ジャケット仕様)
(2007/07/25)
ジェネシス

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アクロイド殺害事件

アクロイド殺害事件 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(6) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)アクロイド殺害事件 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(6) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)
(1998/10/20)
アガサ・クリスティ

商品詳細を見る

毎度お馴染みアガサ・クリスティの代表作であり
推理小説史上、問題作のひとつとして必ずあげられる作品です。

この作品のキモの部分は知識として知っており
さらには現在では特に目新しいトリックではないので
あえて読まずとも、なんて思っておりました。

ところがまたしてもブックオフで「乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10」として
本棚にあるのを見つけてしまい
せっかくだから読んでみることとしました。

いやあ。おもしろい。
当然仕掛けは知りつつ読んでいるので、
そこらへんを探りつつ読むのも面白いですが
シェパード医師と姉のキャロラインのやりとりや描写はユーモア味もあり
そこらへんも面白く読みました。

そして読んではじめて知ったわけですが
これはエルキュール・ポアロ譚でもありました。

いずれにせよこの作品は
知識としてキモの部分を知っておいて読むのが一番かもしれません。
当時いくら衝撃的でも現代ではありふれた手法になっており
なんだクリスティってこの程度かと誤解を招く危険性さえあります。

↓応援よろしくお願いします。


ただ読み始まると無性に面白いのです。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

ポワロの事件簿

ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)
(1980/10)
アガサ・クリスティ

商品詳細を見る

毎度お馴染みエルキュール・ポワロですが
映画『名探偵登場』でのポワロのパロディ”ミロ・ペリエ”での印象が強すぎて
いまいち本家のイメージがつかめません。

しかし実際読んでみると
行動的でもあり紳士でもありつきあい難い人物ではなさそうですなあ。
ヘイスティングズ大尉とのやりとりも楽しいです。

「ダヴンハイム氏の失踪」が良かった。

ところでポロって思ってたのですが
ロっていう表記もありますね

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話