04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

『鴉』
麻耶雄嵩
鴉 (幻冬舎文庫)
鴉 (幻冬舎文庫)


弟・襾鈴(あべる)の失踪と死の謎を追って地図にない異郷の村に潜入
した兄・珂允(かいん)。襲いかかる鴉の大群。四つの祭りと薪能。
蔵の奥の人形。錬金術。嫉妬と憎悪と偽善。五行思想。
足跡なき連続殺害現場。盲点衝く大トリック。支配者・大鏡の正体。
再び襲う鴉。そしてメルカトル鮎が導く逆転と驚愕の大結末。
一九九七年のNo.1ミステリに輝く神話的最高傑作。


きっと複雑な家系の話になるのだろう。
人の名前や関係が分からなくなるので家系図をまずは確認せねば。
あれどこにもないではないか。人物一覧表もない。
なんか意味あるんだろうな。

と、おもいつつも作品世界にすぐに入ってしまい、
疑惑を忘れ、かなりの長編ですが一気読みしました。

いやあ。なんだこれは。
読み方を間違えてしまったのだろうか。
早速読了後にネタバレサイト(そんな言い方?)で確認。
すごく練られた仕掛けだったんですね。そこまで読み切れなかったです。

スカッとする読み心地でもなく普通のミステリでもないのですが、
こういった作品が”NO.1ミステリ”に輝くんですから
日本のミステリって読み手を含めスゴイレベルなんだなあ。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件

『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』
麻耶雄嵩
翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)
翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)


首なし死体、密室、蘇る死者、見立て殺人……。
京都近郊に建つヨーロッパ中世の古城と見粉うばかりの館・蒼鴉城を
「私」が訪れた時、惨劇はすでに始まっていた。
2人の名探偵の火花散る対決の行方は。そして迎える壮絶な結末。
島田荘司、綾辻行人、法月綸太郎、三氏の圧倒的賛辞を受けた
著者のデビュー作。


1991年に講談社ノベルから本作が発表されたときに読んでいます。
その際の印象はよくないものだった気がします。

・こちらがミステリに慣れていなかったこと。
・ペダントリー
・多重解決
など

今はすべてが面白い。
途中の凄まじい密室解決も素晴らしい。
古典ミステリの意匠も楽しい。
すべてをぶち壊すようなある意味雑なエピローグにも驚く。

こういう作品は読後、巧みな読み手たちのレビューを読むのも楽しい。
ああ、そういう意味合いか、そういう意図があったのかと感心します。
私のような単純な”面白い”とは違いますね。

ここまで読み解かれてこそのミステリということで
やはり読み手を選ぶんでしょうなあ。
20年かけてなんとか面白がることができるようになってきましたよ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

隻眼の少女

『隻眼の少女』
麻耶雄嵩
隻眼の少女 (文春文庫)
隻眼の少女 (文春文庫)


山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。
犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵み
かげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨
劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶
ミステリの決定版。


またまたとんでもないのを読んでしまいました。
日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞ダブル受賞という事で期待大。
そのせいか本作は賛否両論がうずまく問題作でもあるようです。

一般的な意味では多重解決モノになり論理的に解決案が提示されていき
ます。この部分では精緻な論理が展開されるのでまさに本格ミステリ。
殺人事件の様相は首なし死体がゴロゴロでてきますがその推理に関わる部
分はかなり地味です。
第一部はこんな形で完了しますが何しろ約半分しか頁は進んでおらず、第
二部になにか巧まれていると思うとますます地味に感じます。

さて第二部は18年後の後日譚になります。やはり首なし死体がゴロゴロで
てはきますが全うな論理による解決がありますがやはり地味。非常にオー
ソドックスなスタイルのミステリです。

意外な真犯人、意外な動機は出てきますが多重解決の延長上なので驚きや
カタルシスはあまり感じられませんでした。

これはこれで完成されていますがいってみれば普通の本格ミステリ。
なるほど推理作家協会賞受賞。だけど麻耶雄嵩だし。
と、ここまでが否定派の考えなのでは。

これを超えてミステリ論あたりまで踏み込んで読み解くと大絶賛の作品に
なるのかも。
残念ながらまだ私はそこまで読み解けませんでした。

ただし三大看板、
推理作家協会賞、本格ミステリ大賞、麻耶雄嵩を外せばやはり面白い作品
です。

↓普通に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

さよなら神様

『さよなら神様』
麻耶雄嵩
さよなら神様


隣の小学校の先生が殺された。容疑者のひとりが担任の美旗先生と知った
俺、桑町淳は、クラスメイトの鈴木太郎に真犯人は誰かと尋ねてみた。殺
人犯の名前を小学生に聞くなんてと思うかもしれないが、鈴木の情報は絶
対に正しい。鈴木は神様なのだから―(「少年探偵団と神様」)。衝撃的な
展開と後味の悪さでミステリ界を震撼させた神様探偵が帰ってきた。他の
追随を許さぬ超絶推理の頂点がここに。


まずは神様、鈴木太郎は探偵でもなく、推理なんてしません。
なにしろ何でも知っている神様なんですから。

本作は講談社の子供向けレーベル・ミステリーランドでの『神様ゲーム』
の続編にあたります。

「犯人は○○だよ」
俺、桑町淳の前で神様は宣った。

で始まる連作短編集です。

登場人物(少年探偵団)はこの神様の言葉を受けて調査、推理をしてきま
す。告げられた犯人が望まぬ人物であってもその人物が犯人ならばと、真
相をあてはめていくという事になります。

犯人が誰だか最初からわかる倒叙形式のようでもありますが、なんかニュ
アンスが違う。

アマゾンレビューで大変、的を得ていると思った一文がありましたので紹
介させていただきます。

***********************************************************
前半は、神=必ず「正しく」犯人を指摘する鈴木の存在と、彼が「嘘をつ
かない」というルールがどういうものかを、登場人物に理解させるための
布石だったのです。登場人物に、です。読者に、ではありません。
***********************************************************

もうなにがなんだか。ミステリの進化に追いつけない感じです。

後半は登場人物たちがこのルールを受けての物語になっていきます。
それがわかるのが最終話「さよなら神様」
ものすごい展開です。

ちなみによくミステリの惹句で”ラスト1行の衝撃”なんてありますが
本作はラス前1行で衝撃ポイントがありましたよ。

↓応援よろしくお願いいたします。さよなら神様
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

神様ゲーム

『神様ゲーム』 麻耶雄嵩
神様ゲーム (ミステリーランド)
神様ゲーム (ミステリーランド)


小学四年生・芳雄の住む神降市で、連続して意味ありげな猫の殺害事件が
発生! 芳雄は同級生と探偵団を結成し犯人捜しを始めることに。そんなと
き、転入したばかりのクラスメイト鈴木君に「ぼくは神様なんだ。猫殺し
の犯人も知っているよ」と告げられる。嘘つき? それとも何かのゲーム?
数日後、芳雄たちは探偵団の本部と称して使っていた古い屋敷で死体を発
見する。猫殺し犯がついに殺人を!? 芳雄は「神様」に真実を教えてほし
い、と頼むのだが・・・・


上記紹介文よりもウィキペディアでの文句が一番わかりやすい。

『衝撃的な展開と、子供向けのレーベルとは思えないほどの後味の悪さが特
徴的な作品。』

まず「講談社ミステリーランド」というレーベルでの作品だったわけです
が、これは”かつて子どもだったあなたと少年少女のため”がコンセプト
で、本作でいえば小学生が主人公なのは当然として、文章もひらがな率が
高く、文字は大きい、ルビは振ってあるというシリーズです。

そんな中、衝撃的な展開と後味の悪さ があるんですから!

さて”衝撃的な展開”(ラストの衝撃)ですが
もう訳がわからなくなってネタバレ書評サイトを見まくりました。

これは高度な政治的、でなくミステリ的な問題を含んでいるようで私がど
うのこうのいえるレベルを超えておりました。

『神様ゲーム』とは作品内ではなく作品と読者とのゲームでもあるのであ
るなあ、とのんびりと寝転びながらぬくぬくとミステリに耽っている時代
はとうに過ぎ去っているのであります。

だからこそ次は原点に戻りエラリー・クイーンを読もう。

↓ぬくぬくと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

化石少女

『化石少女』
麻耶雄嵩
化石少女 (文芸書)
化石少女 (文芸書)

京都の名門学園に続発する凄惨な殺人事件。対するは、マンジュウガニ以
上といわれるすべすべ脳みそにして、化石オタクの変人女子高生。古生物
部の美形部長まりあが、一人きりの男子部員をお供に繰り出す、奇天烈推
理の数々!

まりあ先輩と(従僕状態)の彰くんのかけあいが面白く、ミステリでなく
そんなところに面白さを感じてしまいました。
(どうも私はこういう設定が好きなようです)

さてまず個人的見解から犯人を決めつけ、それにあわせ強引に推理を展開
していくまりあ先輩ですがこの推理は彰くんによって否定されたまま物語
は終了します。否定はするものの推理の検証や反証も行われず結局誰が犯
人だか決着がつかない、という状態で6話完了というすごいスタイルのミ
ステリでありました。

しかしエピローグの章が設定されています。

決着がつかないことに対しその答えが得られるであろうとの推測どうり、
このエピローグでいわゆるどんでん返しがおこりますが、6話目について
は更にひとひねりされています。

作品内だけでなくミステリというもの自体を遊んでいるようでもあり
なかなか読みきれないのですが面白い作家であると思ってます。

↓応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

貴族探偵

貴族探偵 (集英社文庫)貴族探偵 (集英社文庫)
麻耶 雄嵩

集英社 2013-10-18
売り上げランキング : 213261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『貴族探偵』


信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見さ
れた。自殺か、他殺か?捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男
がいた。その名も「貴族探偵」。警察上部への強力なコネと、執事やメイ
ドら使用人を駆使して、数々の難事件を解決してゆく。斬新かつ精緻なト
リックと強烈なキャラクターが融合した、かつてないディテクティブ・ミ
ステリ、ここに誕生!


ということで
本格短篇ミステリのアンソロジーに収録されていたのを読んで知りました。

「心ある人は貴族探偵と呼ぶね」
と自らを紹介し、執事やメイドといった使用人が情報集め等を行います。
貴族探偵は”安楽椅子探偵”かと思いきや
その後の推理までも使用人が行い、
「あんたが推理するんじゃないのか」と毎回いわれています。

こんなキャラクターですが断然本格ミステリで面白いです。

「トリッチ・トラッチ・ポルカ」は猟奇的なバラバラ殺人事件ですが
死体切断の意味には驚いた。
これはパズル的要素の強い作品です。

「こうもり」は
解説文を読んで該当部読み直しました。
曰く
本格ミステリは地の文に嘘を書いてはいけない、というルールを、
ここまでひねくれた方法で利用した作品は珍しい。

↓心ある人は応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

おまけ
キャラヴァン「貴族」
この活きのよい演奏もキャラヴァンの魅力の一つ


tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話