01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

天童駒殺人事件

『天童駒殺人事件』
中町信


出版社を辞めて現在、推理小説作家で素人探偵の氏家周一郎。
妻の早苗は夕食の支度もほっぽらかしてスナックのカラオケ教室通いだ。
妻はカラオケ仲間の親睦旅行で、将棋の駒で有名な天童温泉に出掛けた。
ところがメンバーの一人、長門美江が旅館の部屋で、二人組の男に襲われ
心臓発作で死亡。四十九日の法要に美江の郷里天童に赴いた氏家夫妻は、
またもや仲間の一人が旅館で撲殺されたことを知る。本格推理。


最初に中町作品としてこれを読まなくて本当に良かった。
これはシリーズもののようですが、
久々につまらないのを読んでしまったという印象です。

解説も過去の作品は別として
本作や本シリーズについては何ともぼかした解説です。
(しかし筋道立てて読むとダメ出ししているのがわかります)

是非中町作品は選んで購入ください。
スゴイのあるんですから!

まあ私はこれからも本シリーズでも見つけたら買っていきますが。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

奥只見温泉郷殺人事件

『奥只見温泉郷殺人事件』
中町信


新潟県・奥只見温泉郷の大湯ホテルは、スキーと温泉を楽しむ客で賑って
いた。そこに、運命の赤い糸にみちびかれたような邂逅があった。出版社
に勤める牛久保夫婦と千明多美子、画家の沼田秀堂と彼の愛人の夫
・佐倉恒之助、鯰江彦夫と柏原一江という人たちの出会いであった。
そして、事件が起きた。スキーバスが川に転落し、5人の死者が出たが、
多美子は絞殺されていたのだ。長篇本格推理。


中町信という作家をご存知でしょうか。

勝手なイメージとしてはまさに本作のタイトルから想起されるような
安っぽいミステリを量産する作家でした。
ところが創元推理文庫から復刻された作品を読んで吃驚。
古くからアレを駆使した作品を作っていた本格ミステリ作家でした。

もはやその著作がブックオフでもなかなか見かけないのですが、
どこへいっても必ず”中町信”はチェックしています。

そんな中、本作と『天童駒殺人事件』を見つけました。

さて、本作相変わらずタイトルが残念です。
本格ミステリファンならなおの事、知らなきゃ絶対手を出しません。
もったいないなあ。
もし創元推理文庫のように復刻するならタイトル変えてください。
第1章の「暗い邂逅」あたり使えます。
創元推理文庫ファンには第9章「凌辱の殺意」が近そうですがちょっとね。

念のため解説を先に読みましたがやはりアレです。
そんな中で読みはじめましたがアレ系のサスペンス風味に
本格謎解きが加わりやはり面白い出来でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

偽りの殺意

『偽りの殺意』
中町信
偽りの殺意 (光文社文庫)

東京から来た教科書会社の営業マンが、吹雪の中、崖から転落死した。
前日の夜に猿ケ京温泉に同宿した若い女と、被害者を恨む男が疑われるが
二人にはそれぞれ強固なアリバイがあった。所轄署の津村刑事はアリバイ
崩しに挑む!(「偽りの群像」)。
死後も新たなファンを獲得し続ける中町信の中短編3編を収録。
絶妙なトリックと共に、にじみ出る情感が味わい深い傑作集。



創元推理文庫で売れに売れた『模倣の殺意』
同文庫では
『天啓の殺意』
『空白の殺意』
『追憶の殺意』
『三幕の殺意』
と”殺意”で攻めてきます。(シリーズものではないんですが)

この創元推理文庫にあやかってか光文社文庫も”殺意”攻めです。
『暗闇の殺意』
『偽りの殺意』

中町信さんの作品はやたらと改題が多いので
もはやオリジナルタイトルは何か分からなくなってきており
本作には「偽りの殺意」という作品は収録されていません。

さて、かなり昔からトリッキーな叙述トリックを駆使したり、
地味なアリバイ崩しがあったりと結構面白いミステリ作家なのですが
残念ながら一般的には知られていませんよね。

本作は地味なアリバイ崩しものですが、特に「急行しろやま」が良い。
幕切れの2行がまた素晴らしい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

三幕の殺意


『三幕の殺意』
中町信
三幕の殺意 (創元推理文庫)
三幕の殺意 (創元推理文庫)

昭和四十年十二月初旬。名峰、燧ヶ岳が目の前にそびえる尾瀬沼の湖畔に
建つ、朝日小屋。その冬はじめての雪が降り積もる夜、離れに住む日田原
聖太が頭を殴打され、殺された。山小屋には被害者に殺意を抱く複数の男
女が宿泊していた。容疑者の一人でもある、刑事の津村武彦を中心に、お
互いのアリバイを検証してゆくが…。
叙述トリックの名手として独自の世界を築いた著者の遺作。

遺作とのことですが、実は昭和43年に発表された中篇「湖畔に死す」を
東京創元社の戸川安宣氏からの依頼に基づき長編化したものだそうです。

面白い。殺された被害者に恨みを持つものが何人もおり、それらを含む
多数の登場人物に視点が切り替わってきます。途中それ以外の”謎の男”
の視点もでてきて何かあると思わせるところは流石といったところでしょ
うか。
”読者への挑戦”も入っているしね。

さらに帯びには「最後の三行に潜む衝撃」なんて惹句があったようです。
ちなみにこれは読者への衝撃でなく登場人物への衝撃でした。でも著者自
身も気に入っているオチのようでなかなかよかった。

ちなみに創元推理文庫での中町作品は「~の殺意」なるタイトルに改変さ
れていますが今回「三幕」については特に意味は無かったようです。

なかなか手に入りにくくなっている中町作品。これからも東京創元社さん
には旧作復刻お願いしたいです。

↓殺意を感じたら応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

追憶の殺意

追憶の殺意 (創元推理文庫)追憶の殺意 (創元推理文庫)
(2013/08/10)
中町 信

商品詳細を見る


『追憶の殺意』

没後再評価が高まった中町信さんの作品です。

再評価のきっかけはその作品の仕掛けの凄さで
いわゆる叙述トリックが仕掛けられていました。
作品中の世界の中で犯人が警察あるいは探偵に対するのではなくて
作者が読者に仕掛けるタイプの作品です。

本作は、旧題『自動車教習所殺人事件』で、創元推理文庫に入るにあたり改題したようです。
作風は叙述モノでなくスタンダードなタイプの作品で
当初は犯人探し、犯人の目星がついてからはアリバイ崩し、という構成になっています。

犯人探しの部分については
自動車教習所に絡むさまざまな人間関係が描かれ
怪しい人物がかなり多めに配置されていますが
本作の本領は容疑者を特定してからの
そのしつこいまでのアリバイ崩し。
ひとつのアリバイが崩れるとまた次の難関が・・・。

これぞ正統派本格推理です。

地味な登場人物がこつこつとアリバイを崩していくサマは
わたしの性にあっているのかとても面白かったです。

発表当時も乱歩賞候補になったようですが
あまりに直球本格すぎて受賞できなかったのでしょうか。
地味といえば地味、
とくに自動車教習所業界の暗部(あるのかな)を描くわけでもないので
アピール性が足りなかったのかもしれません。
それに旧題『自動車教習所殺人事件』も残念。

しかし本作は正統派の本格好きには大満足の作品であるとともに
中町信は物凄い作家であったということは是非伝えておきたいところです。

↓正統的に応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

模倣の殺意

模倣の殺意 (創元推理文庫)模倣の殺意 (創元推理文庫)
(2012/12/21)
中町 信

商品詳細を見る

4月2日の読売新聞夕刊によると今「模倣の殺意」が売れているらしい。

40年前のミステリーで作者は中町信(知らないでしょう)。
そうは売れる条件があるとは思われません。

とある書店がちょっと仕掛けてみたら人気が出て他の書店でも売れ始めたらしいです。

私は「本格ミステリ・フラッシュバック」という本でこの作品を知り読んでみましたが
面白いのなんの。
叙述トリック作品ですが40年前でこんな事をやっていたんですね。

それまでこの作者の作品は読んだことがなく
イメージ的には”ありがちな量産作家”、だったのですが
まったく違う人であることが分かりました。

創元推理文庫で何冊かこの種の作品が読めますがこれはなかなかのモンであります。

ちなみに本作、おおもとはこのタイトルですが
以前文庫で出ていたときは「新人賞殺人事件」というタイトルだったようです。

たぶんこれじゃ手を出さないよね。

↓手を出して応援よろしくお願いします。


↓こういった知られざる名品にも焦点をあてた絶好のガイド本です。
本格ミステリ・フラッシュバック (Key library)本格ミステリ・フラッシュバック (Key library)
(2008/12)
千街 晶之、大川 正人 他

商品詳細を見る


tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話