05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ミステリ珍本全集 十二人の抹殺者

『十二人の抹殺者』
輪堂寺耀
十二人の抹殺者 (ミステリ珍本全集02)
十二人の抹殺者 (ミステリ珍本全集02)

ミステリ珍本全集の第二回配本の本作。
「十二人の抹殺者」と「人間掛軸」収録しています。

今回は「十二人の抹殺者」のみご紹介。
読むのにエネルギーを要し「人間掛軸」まで気力が続かない。

まずは帯の惹句より。

ふたつの屋敷で次々と起こる連続殺人事件に挑む
名探偵・江良利久一の推理!


江良利久一ってエラリー・クイーンのもじりですなあ。

これだけではまだインパクトは弱いですが次がいい。

トリックの大量見本市というべき伝説の本格ミステリ、堂々の復活!

いったい大量見本市とは。派手にやらかしていそうです。

本作は昭和35年に小壺天書房より初版が発行されて以来
ずっと再刊されていなかったという珍品中の珍品です。
それゆえ復刊希望の声も高かったようで
なんと鮎川哲也氏も復刊を出版社に打診していたとのこと。
さらには自作「材木座の殺人」の中にて本書を取り上げています。
そのくらいの熱量のある作品がこの「十二人の抹殺者」で、
鮎川氏がとりあげるくらいなので”本格”探偵小説なのです。

物語は一つの敷地内にある二つの邸宅で起こる連続殺人を描いたもので
この2件は親戚同士という関係です。

章題はこんな感じ

第一章:凶徴の賀状
第二章:渦中の十二人
第三章:第一の惨劇
第四章:三次元の密室
第五章:消えていたストーヴ
第六章:三つの解釈
第七章:怪しい物音
第八章:第二の惨劇
第九章:恐怖の二十分
第十章:強盗殺人鬼の子
第十一章:動機の問題
第十二章:柱時計は何を語る?
第十三章:偽証の藁人形
第十四章:第三の惨劇
第十五章:下駄とスリッパ
第十六章:場所的不連続の詭計
第十七章:江良利の登場
第十八章:第四の惨劇
第十九章:自殺か他殺か?
第二十章:腕時計が語った
第二十一章:容疑者
第二十二章:アリバイの問題
第二十三章:第五の惨劇
第二十四章:二次元の密室
第二十五章:殺人幇助?
第二十六章:生体処理と死体処理
第二十七章:誰が犯人か?
第二十八章:第六の惨劇
第二十九章:超人的犯人
第三十章:四次元の密室
第三十一章:誰が悪魔か?
第三十二章:不吉な誕生日
第三十三章:第七の惨劇
第三十四章:不思議な相似
第三十五章:第八の惨劇
第三十六章:逆密室の殺人
第三十七章:第九の惨劇
第三十八章:他殺的自殺
第三十九章:恐るべき真相
第四十章:告白

ハッタリが効いています。

この作品では敷地内での8つの連続殺人と
それ以外に2つの殺人が行われていますが
8つの連続殺人には

・三次元の密室トリック
・時間的不連続のトリック
・場所的不連続のトリック
・自殺的他殺のトリック
・二次元の密室のトリック
・四次元の密室トリック
・逆密室のトリック
・他殺的自殺的他殺のトリック


という名称が与えられるなどこれもハッタリが効いています。
クラクラしてきますでしょ。

主に密室と雪上の足跡に関するトリックですが
図解がないのでちょっとわかりにくい。
何しろ延々とトリック解説を江良利久一が語っていますが
語り口が無味乾燥でメリハリがないので頭に入ってこない。
実は地の部分も同様にメリハリがないためついつい読み飛ばしてしまい
慌てて読み返すことも多かったです。

推理といえば各事件発生早々に刑事と江良利で推理を述べ合い
江良利がトリック解明を行いますが、それが正しいのかどうか
作中ではっきりしないまま次の事件が発生します。
(真犯人を指摘した後、おさらいのようにトリック説明が
これまた無味乾燥に記述されていました。江良利が正しかった)

しかし物理トリック、アリバイトリックを大量に導入し
真犯人の位置づけとしては横溝正史的な設定もあり
必ずや探偵小説ファンは虜になると思います。
今回私は読み飛ばしが多かったですがかなりフェアな本格だと思います。

見取り図、トリック解明図をつけ是非文庫化してほしいものです。
私ごときがいうのもなんですがもっと知られていい作品です。
もしかしたら霧舎巧さんあたりは
この過剰な本格指向に影響を受けているのではないでしょうか。

******************************
とここまで書いて「人間掛軸」も読みたくなり読んでしまいました。

こちらも同趣向で
同一敷地内でのとある一族に起こる連続殺人事件です。

こちらはすべて
絞首し掛軸の釣具にその遺体がつり下げられていて(だから人間掛軸)
しかもその家は密室状態で逃亡経路がないというもの。

読んだそばから思い出せませんが
これが数日かあるいは一日で発生しています。
(数も思い出せないくらい人はたくさん死んでいます)

こちらも江良利久一が登場しますが
「十二人の抹殺者」と同じく
事件に関与してからも
一向に犯罪を防ぐ事が出来ません。

ここらへんは金田一耕助タイプの探偵のようです。

搬出経路についてはそのトリックについては期待しましたが、
結局禁断のアレでした。
ただしそれだけで終わらせず、いろいろこねくり回しています。
やはり本作も読み飛ばしてしまったところが多く
伏線回収を読む楽しみが減ってしまったのですが面白かった。

どちらの作品も
犯罪者の子供はその資質を受け継ぐ、という考え方を
警察側、探偵側に語らせ、それをかなり執拗に繰り返し記述しています。
ちょっと違和感を感じる部分ではありました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

天城一の密室犯罪学教程

『天城一の密室犯罪学教程』
天城一
天城一の密室犯罪学教程
天城一の密室犯罪学教程


「幻の探偵作家」の初作品集。
理論と実践で提示する“本格推理の真髄”がここにある!
摩耶正シリーズ全短編収録。


かつて「高天原の犯罪」を何かのアンソロジーで読んだ。
文章がすっと頭に入ってこない。難解だ。
本作はその作者の初の作品集で気になっていた。
神保町古書街散策の際、見つけて購入。うれしい。

難解だ。わからない。エンターテインメント性はなし。
余計な事は書かないらしく文章は硬い。
そのくせ犯罪の舞台設定は書き込んでいる。
時代背景を知っているとより楽しめるはずだ。

とまあこんな感じでムズカシかったので内容は覚えていません。
でもこういう本を選ぶ自分も含め満足してしまうのが面白い。

天城一氏は数学者で大学教授。その関係か本作の版元は日本評論社。
この硬さもなんかいいし、装丁のクールさもカッコいい。
”本”としての所有欲を満足させてくれます。

帯の推薦文もいい。

二十世紀に成し遂げられるべきであった重要な宿題が、
やっと今、果たされた! 

 (喜国雅彦)

密室トリックの奥義を究め、その秘密を解き放った伝説の男
逆説と風刺に満ちたロジックの一閃が、現世の壁に奇蹟の扉を切り開く。
時代を超えた輝きを放つ、純粋本格の至宝。

(法月倫太郎)

これは読みたくなるでしょう。”純粋本格”いかした表現です。

構成は三部構成。
密室犯罪学教程実践編(短編小説集)
密室犯罪学教程理論編(上記の小説と対をなす密室ミステリの評論)
毒草/麻耶の場合(麻耶正を探偵役とした密室ミステリ集)

おすすめはしません。
この本を理解できたという人はむしろうさん臭い。
私の読解力不足を棚に上げて言うと
なんだかわからないが圧倒された、これで充分なのではないか。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 2
go page top

怪奇探偵小説の世界 三

『怪奇探偵小説集』
鮎川哲也編

以下の強烈な作品群が収録されています。

<Ⅲ>
怪奇探偵小説集〈3〉 (ハルキ文庫)
怪奇探偵小説集〈3〉 (ハルキ文庫)

「双生児」江戸川乱歩
大正十三年「新青年」

双生児の兄を殺し兄になりすました弟の懺悔録。兄嫁に真相を告げてほ
しい、という事で兄嫁は気づいていなかったらしい。


「双生児」横溝正史
昭和四年「新青年」

こちらは兄嫁の立場からの話。双子の兄と結婚していたが弟と入れ替わ
ったのではないかと疑心暗鬼になり、結局殺害するが果たしてどちらだ
ったのか。


「踊り子殺しの哀愁」左頭弦馬
昭和八年「ぷろふいる」

実はこれも恋人をめぐり双生児の兄が弟と恋人を殺害する話。
さらに副題の-紳士ヴァン・バードル氏の奇妙な実験-が活きる。


「抱茗荷の説」山本禾太郎
昭和十二年「ぷろふいる」

ほとんど改行無しで全体的に暗いトーンで覆われている。
なんとこれも双生児姉妹の話であった。


「怪船『人魚号』」高橋鐵
昭和十二年「オール読物」

すべてを投げうって人魚探しのために航海した医学者の話。
ありえない展開をみせる幻想譚です。


「生きている腸」海野十三
昭和二十四年「ⅹ」

これはヒドイ。いやこれは賞賛の念を込めてのヒドイです。
”生きている腸”もうこれだけのネタで突っ走ります。


「くびられた隠者」朝山蜻一
昭和二十四年「宝石」

マゾの男を実情を知り特別の感情を持つようになった家政婦の立場から
描いています。


「嫋指」平井蒼太
昭和三十年「あるす・あまとりあ」

作者は江戸川乱歩の実弟です。夫人の夫への懺悔録ですが皮手袋譚が
いかにも怪奇探偵小説です。


「壁の中の女」狩久
昭和三十二年「探偵実話」

病床に伏す青年のゴースト・ラヴ・ストーリーです。
ありがちながら切なくいい話で終わると思いきやストンと落とします。


「墓地」小滝光郎
昭和三十六年「宝石」

自分が死んでいるのに気づかず夢の中の出来事だと思っている男。
でも本当に夢の中なのかもしれない。


「マグノリア」香山滋
昭和四十三年「推理界」

この作者、やはりゴジラの人らしい。2組の夫婦間の複雑な関係。
イヤ度高い。


「死霊」宮林太郎
昭和四十五年「推理界」

本アンソロジーのラストに相応しい(?)余韻のある作品。
余韻だけっぽい気もするが。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

全三巻、クラクラしっぱなしでした。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

怪奇探偵小説の世界 二

『怪奇探偵小説集』
鮎川哲也編

以下の強烈な作品群が収録されています。

<Ⅱ>
怪奇探偵小説集〈2〉 (ハルキ文庫)
怪奇探偵小説集〈2〉 (ハルキ文庫)

「踊る一寸法師」江戸川乱歩
大正十五年「新青年」

揶揄われ続ける曲芸団員の復讐。ああ乱歩だなあ。ラストが映像的。


「悪戯」甲賀三郎
大正十五年「新青年」

対局中につい殺人を犯し庭へ埋めてしまった男の話。後日、将棋の駒が
足りないと言われ、死人が握りこんでいるのかと思い掘り返す。
悪いことは出来ないもんです。


「底無沼」角田喜久雄
大正十五年「新青年」

文字どうりの底無沼をめぐる二人の男の話。どっちがどっちの台詞だか
だんだんわからなくなってきたが二人とも悪人?


「恋人を喰べる話」水谷準
大正十五年「新青年」

”私は無花果の実を人間の肉のような気がして、とても食う気がしない
のでした。”


「父を失う話」渡辺温
昭和二年「探偵趣味」

奇妙な味としかいいようのない作品です。


「決闘」城戸シュレイダー
昭和六年「新青年」

不倫、夫人をめぐる決闘、夫人が生き残った方との再会します。ラストの
オチもよいしその後の夫人の生き方を暗示するエンディングも見事。


「奇術師幻想図」阿部徳蔵
昭和七年「犯罪実話」

ネタに悩む奇術師が見た幻想。あのインド奇術を目撃します。


「霧の夜」光石介太郎
昭和十年「新青年」

霧の夜にたまたま知り合ったサーカスのナイフ投げ男の打ち明け話。
小さくなってしまいには消えた妻、異様な幻想譚とラストの”新聞包み”


「魔像」蘭郁二郎
昭和十一年「探偵文学」

ああこれこそ怪奇探偵小説です。偶然再会した旧友の異様な写真道楽。
度を超えてしまった男の静かな狂気が怖く、ラストもありがちながら
こうでなければ怪奇探偵小説にはなりません。


「面」横溝正史
昭和十一年「週刊朝日」

異様な老人が語る一枚の絵の経緯。横溝正史もこのテの小説が得意なん
ですね。巧いって感じです。わざわざ指紋を確認させる件はいらないか
もしれないけど。


「壁の中の男」渡辺啓助
昭和十二年「モダン日本」

このタイトルと、友人の恋人と結婚した男、その友人から贈られた家、
とくれば何かを連想しますが、その連想は作中の男もやはりそう考え
ました。ではどうなるのか。地味で静かに物語は進みます。


「喉」井上幻
昭和二十二年「真珠」

これはある女性の喉に異様に引き寄せられてしまった男の話。喉フェチ?
そんな安っぽい言葉で表せないねちねちとした物語です。


「葦」登史草兵
昭和二十八年「探偵実話」

ラヴ・ゴースト・ストーリー。


「眠り男羅次郎」弘田喬太郎
昭和二十九年「宝石」

殺人事件に巻き込まれた男がその真犯人として「眠り男羅次郎」の事を
語ります。動作が素早く人の目に残らない羅次郎。これは面白い。


「蛞蝓妄想譜」潮寒二
昭和二十九年「探偵実話」

ねっとりとした文体のまさに蛞蝓妄想。ストーリーはわからない。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

怪奇探偵小説の世界 一

『怪奇探偵小説集』
鮎川哲也編

以下の強烈な作品群が収録されています。

<Ⅰ>
怪奇探偵小説集〈1〉 (ハルキ文庫)
怪奇探偵小説集〈1〉 (ハルキ文庫)

「悪魔の舌」村山槐多
大正四年「武侠世界」

自殺した友人の遺書により、その友人が、悪魔の舌を持ち『悪魔の食物』
を求める男のとわかる。「人の肉が食いたい」に至る部分が怖い。
ラストの自殺の理由は探偵小説的だ。


「白昼夢」江戸川乱歩
大正十四年「新青年」

出だしの情景描写からふわふわと捉えどころがなく、ここでの物語自体が
夢なのかどうかもわからないまま終わる。
つげ義春のマンガのようなイメージです。


「怪奇製造人」城昌幸
大正十四年「新青年」

古書として誰かの古い日記を買い求め読んでいくと・・・・。
ちょっと軽妙な感じもする短い話。これはいい。


「死体蝋燭」小酒井不木
昭和二年「新青年」

突然の和尚の小坊主を殺したという告白。人肉が焼ける匂いが好きなので
作ったのが死体蝋燭。もう無くなるからお前を殺されてくれ!
おぞましい話ですがオチがきまってます。


「恋人を食う」妹尾アキ夫
昭和三年「新青年」

タイトルどうりまたしても人肉の話。このアンソロジーで何度目だろう。
告白を受けたものが知るオチもいい。


「五体の積木」岡戸武平
昭和四年「新青年」

別のアンソロジーで読んで驚愕した。昭和四年に、こんな小説というか
お遊びができたのか。活字による五体(頭、胸、腹、腿、足)が視覚的に
タイヘンな事になっています。


「地図にない街」橋本五郎
昭和五年「新青年」

なんとも捉えどころがない。人も死なず不幸な人間もいないはずだが
なんとなく気怠さが残る不思議な話。奇妙な味といった感じ。


「生きている皮膚」米田三星
昭和六年「新青年」

復讐譚だが復讐を果たした女もまた「生きている皮膚」によって復讐され
る。いかにも怪奇探偵小説的。ちょっとグロい。


「蛭」南沢十七
昭和七年「新青年」

蛭のようにまとわりつく恐喝者を殺そうとする院長の話。科学的な治療法
の説明が結構細かい。またその治療法から発展させた殺人法へと話が繋が
って行くかと思いきや、そうもならずなんかヘンな作品。


「恐ろしき臨終」大下宇陀児
昭和八年「新青年」

病気で亡くなった老弁護士の妻に夫殺害疑惑が起き上がったため、その疑
惑を解くため封印していた真相を告げる。過去の殺人事件と老弁護士の関
わりと”恐ろしき臨終”の意味がわかる。


「骸骨」西尾正
昭和九年「新青年」

再開した旧友のその後の破滅までの出来事を綴る。ただ単調感あり。


「舌」横溝正史
昭和十一年「新青年」

幽霊も何も出てこないがこれはまさに怪奇小説です。ゾッとします。


「乳母車」氷川瓏
昭和二十一年「宝石」

こちらは月夜での幻想譚です。但し別の恐ろしさがあります。


「飛び出す悪魔」西田政治
昭和二十二年「宝石」

サーカスが舞台。いかにも乱歩的な世界だがよくある筋といえばよくある
筋。


「幽霊妻」大阪圭吉
昭和二十二年「新探偵小説」

幽霊となった妻が夫を殺害するかのような展開だが、実はその正体が
あかされるという流れで探偵小説的な面白さもある。さすが大阪圭吉。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

人生の阿呆

『人生の阿呆』
木々高太郎
人生の阿呆 (創元推理文庫)
人生の阿呆 (創元推理文庫)


比良カシウにはいっていたと思われるストリキニーネのために死者が出、
比良家は家宅捜査を受けた。その時、物置小屋から無産党の弁護士の射殺
体が発見される。そして、殺害時と目される日に、社長の息子良吉は、モ
スクワへ向けて旅立っていた……。直木賞を受賞し、著者の作家的地位を
確立した作品を、初版の体裁を復元して愛好家に贈る。


アホの坂田師匠の小説、ではなくて探偵小説芸術論を提唱した木々高太郎
の直木賞受賞作。

昭和11年!探偵小説とは何たるかを模索していた時代。
自らの芸術論の実践として書かれた作品として評価は高い(ハズ)

でも今読んで面白いかといえばそうでもない、ってのが正直なところ。
但し、主人公良吉の苦悩の物語が中心となっているものの”読者諸君への
挑戦”があったり暗号がでてきたりと探偵小説であろうとしているのが面
白い。

さてこの木々高太郎、医学博士でもあるのですが
人生結婚二回説なるものも提唱しました。

青年は熟女とまず結婚し色々?手ほどきをうける
青年がおじさんになったら若い奥さんに切り替え色々?手ほどきする。

若い女性はおじさんとまず結婚し色々?手ほどきをうける
若い女性が熟女になったら若いつばめに切り替え色々?手ほどきする。

色々?手ほどきがどう色々かはわかりません。

本人は実践されたそうです。

↓いろいろ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

谷崎潤一郎犯罪小説集

谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫 た 28-2)
谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫 た 28-2)
↑私が持ってるのとはこれとは表紙絵が違うモノですがこれは結構アヤシゲです

『谷崎潤一郎犯罪小説集』


日本のE・A・ポーたらんと欲した青年期の乱歩にとって、当時の谷崎ほど
刺激的な作家はいなかったという。


ということで私もこの大文豪を知ったのは乱歩や探偵小説からみで
実は他の小説群はまだ読んではいません。
まだまだなんであります。

さて本犯罪小説集にはまさに探偵小説ともいえる四編が収録されています。

「柳湯の事件」
これは既読です。
日本のあのアヤシゲな探偵小説/怪奇小説のテイストがぷんぷんする
おそるべき傑作です。
これを最初に読んだときはぶったまげました。
谷崎潤一郎ってこういう作品を書く人なのかと感動しました。
青年の見たものは真実だったのか幻想だったのか。

「途上」
これも既読。
いわゆる”プロパビリティの犯罪”の作品で乱歩でいえば『赤い部屋』。
じわじわと”彼”を追い詰めていくあたりはサスペンス風です。
私は趣向を知った上で読んだのですが
知らずに読めばいまだ衝撃的な犯罪譚です。

「私」
解説によれば
同じトリックで名高いアガサ・クリスティ『アクロイド殺人事件』の
五年前に書かれている事実を付言しておかねばなるまい、との事。
叙述トリックモノも書いていたんですね。

「白昼鬼語」
いかにも乱歩的な作品です。
全体を流れる陰鬱で淫靡な雰囲気にミステリ的な構造。
他の三篇よりはながい中編ですがぐいぐい物語に引き込まれました。

すごいよ谷崎潤一郎。

↓白昼に応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

同集英社文庫で
「谷崎潤一郎マゾヒズム小説集」を買ったまままだ読んでいません。
読んだらタイヘンな事になりそう。



tb: 0 |  cm: 2
go page top

幻影城―探偵小説誌 不朽の名作

『幻影城』
昭和50年から54年にかけて発行された探偵専門小説誌『幻影城』。
ここに掲載された作品の”不朽の名作”を集めたアンソロジーですが濃い。

宮田亜佐「お精霊舟」
藤木靖子「微笑の憎悪」
石沢英太郎「若い悪魔たち」
藤村正太「影の殺意」
竹本健治「陥穽」
中井英夫「殺人者の憩いの家」
赤川次郎「五分間の殺意」

などが特に名作かと。

本書は角川ホラー文庫というレーベルから出ていますが
雰囲気がじわじわと恐怖をあおりたてる「お精霊舟」「影の殺意」
そこへさらにミステリ的結末をもつけた「微笑の憎悪」など
コワい作品が集まっています。

そして赤川次郎。
アンソロジーで短編を数作しか読んだことはないのですが
いずれも面白い。
「五分間の殺意」もまた違った意味でのコワさを持っている作品です。

↓コワくても応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

幻影城―探偵小説誌 不朽の名作 (角川ホラー文庫)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

黒いハンカチ (小沼丹)

黒いハンカチ (創元推理文庫)黒いハンカチ (創元推理文庫)
(2003/07)
小沼 丹

商品詳細を見る


『黒いハンカチ』

ずっと探していた作品集をようやく読むことが出来ました。
(数作は北村薫さんのアンソロジーで読んではいました)

作者小沼丹は教育者としての余技として文学を嗜み
その中のさらに余技として本作品を書かれたようです。

というわけで決して知られている作家ではありません。

この作品集は昭和32年から33年までに雑誌に連載されていた、
「ある女教師の探偵記録」を1冊にまとめたものの文庫版です。

さて主人公ニシ・アズマ先生が探偵役を勤めますが
今で言うところの”日常の謎”派のミステリです。
(とはいっても死人も出てきますが)

人名が全てニシ・アズマだったりスズキ・ケイコだったりカタカナ表記なので
ちょっと不思議な感覚がありますが
慣れてくるとニシ・アズマ先生の飄々としたキャラクターに愛着が沸いてきます。

↓オウエンヨロシクオネガイイタシマス
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

夕潮

日影丈吉の長編『夕潮』は探偵小説専門誌、幻影城に2回に分けて掲載の予定であったが
79年7月号に前半が載った後、廃刊、出版社倒産。
そのどさくさで原稿紛失。
11年後に原稿コピーが見つかり東京創元社から上梓された。

ここら辺の経緯は本文庫でも
日影丈吉本人の『小説の運命ということ』でも詳しい。

作品自体は???
なんともいいがたし。

併録の短編『壁の男』のほうが良かったです。

↓なんとも応援よろしくお願いします。


夕潮 (創元推理文庫)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話