09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

暗色コメディ

『暗色コメディ』
連城三紀彦
暗色コメディ (文春文庫)
暗色コメディ (文春文庫)


もう一人の自分を目撃してしまった主婦。
自分を轢き殺したはずのトラックが消滅した画家。
妻に、あんたは一週間前に死んだと告げられた葬儀屋。
知らぬ間に妻が別人にすり替わっていた外科医。
四つの狂気が織りなす幻想のタペストリーから、
やがて浮かび上がる真犯人の狡知。本格ミステリの最高傑作。



連城三紀彦さんの処女長編

まず序章の4人の物語がスゴイ。
・もう一人の自分を目撃してしまった主婦。
・自分を轢き殺したはずのトラックが消滅した画家。
・妻に、あんたは一週間前に死んだと告げられた葬儀屋。
・知らぬ間に妻が別人にすり替わっていた外科医。

これらの不可思議な現象は第一章でさらに拡大し
このくらくらした感覚で、果たしてこれがまっとうなミステリになるとは
とても思えないです。

しかし精神病院を中心に物語が少しづつ交差していき
いわゆる探偵役が現れたあたりからミステリ的解決が始まります。

序章の4人とその配偶者、探偵役含めた病院の医者達と
登場人物も多く、これがクラクラ感を増加させていますが
誰がまっとうなのかわからないのでさらにクラクラしました。

かなり強引な部分があるとはいえ
広げに広げた大風呂敷を見事に畳んでおり
確かに本格ミステリでありました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


連城作品のイメージではなかった”図解”もありそれも一興です。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集

連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集
連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集 (講談社文庫)
連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集 (講談社文庫)


ミステリーに殉じた作家を敬愛する四人による驚嘆のアンソロジー。
巧緻に練られた万華鏡のごとき謎、また謎。
遊郭に出入りする男の死体が握っていた白い花に魅せられた若い刑事
(「桔梗の宿」)、
月一度、母の愛人と過ごす茶室に生涯を埋めた女
(「花衣の客」)ほか。
綾辻×伊坂、巻末対談でその圧倒的な魅力も語る!



「依子の日記」
「眼の中の現場」
「桔梗の宿」
「親愛なるエス君へ」
「花衣の客」
「母の手紙」

を収録しています。
既読は「桔梗の宿」のみ。他は初めて読みますが面白い。

「依子の日記」
「眼の中の現場」
は事件の真相がつかめそうになるとするりとかわされ、
どこへ着地するか不安定な中で物語が終わっていくような作品。

「親愛なるエス君へ」
「花衣の客」
「母の手紙」
は、ある瞬間で一気に物語が反転してしまうトリッキーな作品。
どれも逸品ですなあ。

もっと読みたい。
でも何から読んだらいいんだろう。
何を買えばいいんだろう。
結構わかりにくい作家ですよね。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


と『レジェンド』を読んで2時間後図書館へ行ったら下記がありました。

『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド』
ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド
ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド

恋愛小説と思われていた作品の中にも
ミステリあるいはその要素の高いものが多くあり、
それを読まないのはもったいないよ、とガイドしてくれる本です。

あとがきにこんな一文がありました。

恋愛小説に興味のないミステリ好きの読者にとっては、
その本を手に取るきっかけとして、それがミステリであるという保証が
必要なのだと思う。


そうなんです。保証が欲しかった。

でもまずは完全にミステリである『暗色コメディ』を読まねば。
これさえ読んでいないのです。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

夜よ鼠たちのために

『夜よ鼠たちのために』
連城三紀彦
夜よ鼠たちのために (宝島社文庫)


脅迫電話に呼び出された医師とその娘婿が、白衣を着せられ、首に針金を
巻きつけられた奇妙な姿で遺体となって発見された。なぜこんな姿で殺さ
れたのか、犯人の目的は一体何なのか…?深い情念と、超絶技巧。意外な
真相が胸を打つ、サスペンス・ミステリーの傑作9編を収録。
『このミステリーがすごい!2014年版』の「復刊希望!幻の名作ベストテン
」にて1位に輝いた、幻の名作がついに復刊!


深い情念が渦巻く世界とミステリとしての仕掛け。
収録9編中7編が素晴らしい。
物語は暗いが騙される快感が心地よい。
超絶技巧、まさにそんな言葉がふさわしい。

立て続けに読んだのでまた何かあるんだろ、と思って読み進めましたが
これが何かのアンソロジーで予備知識なしに出てきたら
仰天してしまうんでしょう。
素晴らしいミステリです。

「二つの顔」「過去からの声」「二重生活」「代役」
読んで驚け!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

処刑までの十章

処刑までの十章
処刑までの十章

『処刑までの十章』連城三紀彦

ひとりの平凡な男が突然消えた。弟直行は、土佐清水で起きた放火殺人事
件、四国の寺で次々と見つかるバラバラ死体が、兄の失踪と関わりがある
のではと高知へと向かう。真相を探る度に嘘をつく義姉を疑いながらも翻
弄される直行。夫を殺したかもしれない女に熱い思いを抱きながら、真実
を求めて事件の迷路を彷徨う。禁断の愛、交錯する嘘と真実。
これぞ、連城マジックの極み。


冒頭から夢中で読み進めてしまった。
登場人物たちのおもわせぶりな会話が物語を複雑なものと変容させていき
なんか酔ってしまうような感覚で読んでいました。
登場人物の印象も序盤、中盤、そして結末までの間で変わっていきます。

連城さんの文体の雰囲気にのみこまれそうになりますが、本作はまぎれも
ない本格ミステリ。

まさに”連城マジック”でした。

↓処刑まで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

再読すれば伏線がいたるところにはってあるのが確認できそう。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

女王

女王女王
(2014/10/29)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

『女王』


戦後生まれの荻葉史郎の中にある東京大空襲の記憶。
だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、
空襲の最中にこの男と出会っていたことを。
一方、史郎の祖父・祇介は旅先で遺体となって発見された。
邪馬台国研究に生涯を捧げた古代史研究家の祖父は、
なぜ吉野へ向かい、若狭で死んだのか?
瓜木は史郎と彼の妻・加奈子ととともに
奇妙な記憶と不審な死の真相を探る旅へ。
だが彼らに立ちはだかったのは、
魏志倭人伝に秘められた邪馬台国の謎であった。


単行本で500頁を超える大作です。
没後雑誌掲載後未刊行の作品として単行本化されました。

自らのありえない記憶に悩む男を中心に
物語は邪馬台国まで跳びます。

記憶に関する部分では
ある時点である解決が出され、結局そのまま収束していきます。
また邪馬台国の”水行十日陸行一月”の解釈と
それに絡めた現在進行系の物語の解釈部分は面白いものの
それが本作のキモなのかもわかりませんでした。

ネット書評をみると
”下手な作家が書いたらバカミス。連城さんだから書けた”
的な感想も多いです。(”バカミスに対して失礼ですが”)

バカミス云々は別としてこのネタでこの大作を描き切るのは
筆力ある作家でないと無理と感じました。

連城さんの一連の超絶ミステリと比較すると
ミステリとしての面白みはちょっと退く気がしますが
それ以外の部分での凄みがある作品かと感じました。

なにしろこの500頁を一気読みしちゃった位ですから。

↓一気に応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本作と似たテーマ、前世・記憶などを扱ったものでは
泡坂妻夫さんの「妖女のねむり」もオススメです。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

人間動物園

人間動物園人間動物園
(2002/04)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

人間動物園

以前読んだ同じ作者の「造花の蜜」と
類を同じくする誘拐ミステリです。

「造花の蜜」の方が後に出来た作品であり
またそちらを先に読んでいて
その時の衝撃がなにしろ凄すぎたため
「人間動物園」のほうの衝撃は弱めでした。

とはいえ予想のつかない展開と
プロットの斬新さは素晴らしく
ここらへんが連城マジックといわれるものなのだろうと思いました。

先にこれを読んでいたら
きっとこれも衝撃を受けていたでしょう。

以前も記事で書きましたが
最初に読んだ連城作品がイマイチだったので
以降、他の作品を読んでいなかったのですが
やはりそれは勿体無さそうですね。

今思うとその最初に読んだ作品というのは
手垢のついたようなプロットのように思われたのですが
もしかするとそのプロットの先駆的作品で
実は多くの作家が連城作品を発展させた作品を作っていて、
私はそれらを先に読んでしまっていたのかも。
なんて思ってしまいました。

↓手垢がつくほど応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

造花の蜜

造花の蜜造花の蜜
(2008/11)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

幼稚園での信じられない誘拐劇。人質の父親を名乗る犯人。
そして、警察を嘲笑うかのような、白昼の渋谷スクランブル交差点での、身代金受け渡し。
前代未聞の誘拐事件は、人質の保護により、解決に向かうかのように思われた…。
だが、それはこの事件のほんの序章に過ぎなかった。
二転、三転する事件の様相は、読者を想像を絶する結末へ導く。


ということで
かなりのヴォリュームでしたが一気に読みきってしまいました。
これは面白い!

幼児誘拐についても犯人の要求がいろいろ奇妙なものであったりして
興味がそそられます。

その後、犯人の首謀者や一味のひとりに視点が切り替わり
この犯罪の動機が明らかになっていきますが
ここらへんも飽きさせません。
そしてそのままあっと驚く状況に事件は進展していきます。

最終章ではさらに別の事件が描かれますが
ここも曲者です。

最初に読んだ連城作品が
非常に頂けなかったせいでこの作家は敬遠していたのですが
その後 短編ですが「戻り側心中」で唸り、
「敗北への凱旋」のやりすぎともいえる暗号ミステリに度肝をぬかれてしまいました。

ミステリから離れた作品も多そうで
何を読んだらいいのかわかりませんが
ちょこちょこっとあたっていきたいところです。

↓ちょこっとだけ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

敗北への凱旋

敗北への凱旋  綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)敗北への凱旋  綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)
(2007/08/07)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

あまりこの作者の作品は読んでいませんでした。
何かのアンソロジーで「戻り川心中」と
よくわからなかった長編が一作のみ。
そんなわけであまり期待せずに読みはじめましたが
ぐいぐいと引きずり込まれていきました。

終戦後のとある殺人事件を20数年後に解決していく話
(こう紹介すると安っぽいけど)なのですが
まずここでの暗号が凄まじい。
音楽家でもあり軍人でもあった被害者が残した楽譜が
暗号のひとつになっているのですが
こんなのわかるわけないよ、というほど複雑にに構築されています。

ほかにも本格のガジェットが盛り込まれているのですが
最大の読ませ場はその殺人事件の動機です。
”戦争”というのがポイントになってきます。

<序章-ある終戦> で
夾竹桃(毒をもつ)が日本軍の命令で飛行機からばら撒かれるシーンがあるのですが
これも大きな意味を持っていることがラストでわかりました。

”この作者の本格は素晴らしい、だけど最近(といっても昔)は
ミステリから離れている”
ということは知識として知っていましたが
これほどの素晴らしさとは思わなかったので
これからちょっと読んでみるかな。

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話