02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

君の望む死に方

『君の望む死に方』
石持浅海
君の望む死に方 (祥伝社文庫)
君の望む死に方 (祥伝社文庫)


余命六カ月―ガン告知を受けたソル電機社長の日向は、社員の梶間に、
自分を殺させる最期を選んだ。日向には、創業仲間だった梶間の父親を
殺した過去があったのだ。梶間を殺人犯にさせない形で殺人を実行させる
ために、幹部候補を対象にした研修を準備する日向。彼の思惑通りに進む
かに見えた時、ゲストに招いた女性・碓氷優佳の恐るべき推理が、計画を
狂わせ始めた…。


『扉は閉ざされたまま』登場の碓氷優佳が出てきます。
今回は殺されたい男と殺したい男のそれぞれの計画に気付いた碓氷優佳が
その計画をつぶしてしまうというものです。
例えば、外部犯と思わせるために外していた窓の鍵を直しておくとか。

社員研修会(ともう一つの意義)という舞台設定が有効に活用され
それぞれの計画は阻止されていきます。

場合によっては、すれ違い型コメディとして成り立つような設定ですが
碓氷優佳という特異なキャラクターが本作を暗めなものに変えています。

ああ面白かった。
やはり石持浅海はいいなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この国。

『この国。』
石持浅海
この国。 (光文社文庫)
この国。 (光文社文庫)


一党独裁の管理国家である“この国”は非戦平和を掲げることで
経済成長を遂げた。死刑執行は娯楽となり、国民は小学校卒業時に
将来が決められ、士官学校は公務員養成所と化し、政府が売春宿を
管理する。そんな国の治安警察官・番匠と、反政府組織の稀代の戦略家
・松浦―ともに「この国のため」に知力の限りを尽くす二人の、
裏の裏を読み合う頭脳戦を活写した傑作!


連作短編集でいずれも治安警察官である番匠が登場します。
戦略家・松浦との頭脳戦を描く1話目「ハンギング・ゲーム」と
最終話「エクスプレッシング・ゲーム」が特に良いです。
頭脳戦ではありますが対テロリストとの戦いでもあり
アクションシーンも派手にかましています。

本作では一党独裁の”この国”側の視点で描かれますが
平和であり経済成長をとげているという背景もまぜ
各編の動機につなげるあたりはさすが石持浅海先生といったところです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ガーディアン

『ガーディアン』
石持浅海
ガーディアン (光文社文庫)
ガーディアン (光文社文庫)


幼時に父を亡くした勅使河原冴は、ずっと不思議な力に護られていた。
冴が「ガーディアン」と呼ぶその力は、彼女の危険を回避するためだけに
発動する。突発的な事故ならバリアーとして。悪意を持った攻撃にはより
激しく。では、彼女に殺意を抱いた相手には? 


危険を回避するためだけに発動する「ガーディアン」という設定の元での
推理劇です。

「ガーディアン」によって死んだ職場の同僚。
殺意を抱かれるほどの関係性はないはずなのになぜ死んだ。
この問題を考え考え物語は進んでいきます。
こういった状況での理にかなった答えを推論していく様は面白い。
まさに石持さんの特徴が出ている作品です。

続く第2部では同じ能力を授かった冴の娘が強盗の人質となります。
「ガーディアン」の能力に気づく強盗のひとりとの頭脳戦になり
これも面白い。(人が死にすぎるけど)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

顔のない敵

『顔のない敵』
石持浅海
顔のない敵 (光文社文庫)
顔のない敵 (光文社文庫)


1993年、カンボジア。NGOのスタッフが地雷除去作業をつづける
荒れ地に、突然の爆発音が轟いた。立入禁止区域に、誰かが踏み入った
のだ。頭部を半分吹き飛ばされた無惨な死体。
これは、純然たる事故なのか、それとも――。
表題作のほか、本格の旗手・石持浅海の原点ともいうべき「対人地雷」
ミステリー全6編と、処女作短編で編まれた第一短編集


顔のない敵・・・対人地雷をテーマにした短編ミステリです。
軽く扱うには重すぎるテーマを持ちながらも、
ミステリとしての楽しさを放棄していない大変素晴らしい短編集です。

石持作品では動機がありふれてものではなく、
本作でもテーマがそうであるためか加害者側に優しい?

デビュー作「暗い箱の中で」も収録されており
本短編集のカラーを崩してはいるものの中味はやはり良い。
閉ざされたエレベーター内での殺人。
閉じた場所、真犯人を見つけるための対話、真犯人と事件の理屈。
石持作品ってこんな感じって説明するのにもあっていそう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

Rのつく月には気をつけよう

『Rのつく月には気をつけよう』
石持浅海
Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)
Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)


湯浅夏美と長江高明、熊井渚の三人は、大学時代からの飲み仲間。
毎回うまい酒においしい肴は当たり前。そこに誰かが連れてくるゲストは
定番の飲み会にアクセントをつける格好のネタ元だ。
今晩もほら、気持ちよく酔いもまわり口が軽くなった頃、
盛り上がるのはなんといっても恋愛話で……。
ミステリーファン注目の著者が贈る傑作グルメ・ミステリー!


軽妙なスタイルのミステリ短編集です。
おいしいお酒においしい肴、これに恋愛話絡むちょっとし謎。

読後感もよく寝る前に読むのにちょうどいいかも。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


最終話にちょっとしたサプライズがありますがそこもいい雰囲気です。
なぜか最初から読み違えをしていた私はサプライズ度が少なかったのが
ちょっと残念でした。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

セリヌンティウスの舟

『セリヌンティウスの舟』
石持浅海
セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)
セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)


大時化の海の遭難事故によって、信頼の強い絆で結ばれた6人の仲間。
そのなかの一人、米村美月が、青酸カリを呷って自殺した。
遺された5人は、彼女の自殺に不自然な点を見つけ、
美月の死に隠された謎について、推理を始める。
お互いを信じること、信じ抜くことを、たったひとつのルールとして。
メロスの友の懊悩を描く、美しき「本格」の論理。


自殺した友人のその動機を探っていくという小説。
話し合いにより動機を探っていくという展開のみの物語なので
大きな山場は無いもののあれこれ推論していくさまは読み応えあり。
ただし動機については美しくまとまっているものの
実際こんな動機があり得るのか?というのはこの作者ならでは。
(私は問題ない。むしろこの作者の提示する動機はいつでも驚く)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


さて、セリヌンティウスってメロスを信じ待ち続ける方の人でした。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

人柱はミイラと出会う

『人柱はミイラと出会う』
石持浅海
人柱はミイラと出会う (新潮文庫)
人柱はミイラと出会う (新潮文庫)


【人柱】城などの難工事の際、完成を祈願し、
神への生贄として生きた人を地中や水底に埋めること――
留学生のリリーは、工事現場からミイラが発見されるという、
奇怪な殺人事件に遭遇する。その死体から浮かび上がる、
この国の信じられない風習とは……
人柱に黒衣に参勤交代。
江戸の風俗がいまだ息づくパラレル・ワールドの日本を舞台に、
石持流ロジックが冴え渡る傑作ミステリ!


人柱、黒衣、お歯黒、厄年、鷹匠、茗荷、参勤交代、という文化が
形を変えながらも実生活に息づくという日本を舞台にした連作です。

これらの特殊な事情下ならではの状況でおこる事件を
人柱を職とする青年が謎解きします。

我々とは異なる日本文化が前提ですので、読者も留学生リリーと一緒に
なぜそんな文化があるの、というところから読み進めます。

派手さは全くないですが変わった趣向のクセのあるミステリです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

水の迷宮

『水の迷宮』
石持浅海
水の迷宮 (光文社文庫)
水の迷宮 (光文社文庫)


3年前に不慮の死を遂げた水族館職員の命日に、事件は起きた。
羽田国際環境水族館に届いた一通のメールは、展示生物への攻撃を
予告するものだった。姿なき犯人の狙いは何か。
そして、自衛策を講じる職員たちの努力を嘲笑うかのように、
殺人事件が起きた。すべての謎が解き明かされたとき、
胸を打つ感動があなたを襲う。ミステリー界の旗手が放つ奇跡の傑作!


石持さんが得意とする限られた場所の中での事件。
本作は開園中の水族館です。

メールの目的、殺人事件、3年前に何があったのか、読み手を離さず
ぐいぐい引き付けます。
動機が陳腐でない(むしろここがメイン)であるのも石持作品の良さで
本作も(私にとって)納得のいくものでした。

ど派手なトリックも緻密な犯罪計画もなくとも
こんな面白いミステリは出来るんですね。

イヤな奴が一人も出てこないっていうのもうれしい。
イヤミスの反対側を行っています。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

月の扉

『月の扉』
石持浅海
月の扉 (光文社文庫)
月の扉 (光文社文庫)


週明けに国際会議を控え、厳重な警戒下にあった那覇空港で、ハイジャッ
ク事件が発生した。3人の犯行グループが、乳幼児を人質にとって乗客の
自由を奪ったのだ。彼らの要求はただひとつ、那覇警察署に留置されてい
る彼らの「師匠」石嶺孝志を、空港滑走路まで「連れてくること」だった。
緊迫した状況の中、機内のトイレで、乗客の死体が発見された。
誰が、なぜ、どのようにして―。


ハイジャックを行っている最中に、
それとは別に機内トイレ内で殺人が起こるという
凄まじい設定のミステリです。
石持さんはこのような閉鎖状況での物語を好むようです。

さらにはハイジャックの動機がまたとんでもない内容で、
ここを認めるかどうかで評価は分かれるようです。
私は高く評価したい(えらそー)。
ありきたりな金銭、怨恨なんてのよりよっぽど面白い。

探偵役はハイジャック犯の依頼を受け
調査を引き受けざるを得ない状況に追い込まれた「座間味くん」
(座間味と書かれたシャツを着ていたので)。
よくわからないキャラクターですが
その後「座間味くん」短編集も出ているようです。

タイトルにある”月の扉”という問題については
新たな動機と犯行によりうまく回避しています。

ああ面白かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

扉は閉ざされたまま

『扉は閉ざされたまま』
石持浅海
扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)
扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)


久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が
集まった。〈あそこなら完璧な密室をつくることができる——〉
当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室
できないよう現場を閉ざした。何かの事故か? 部屋の外で安否を気遣う
友人たち。自殺説さえ浮上し、犯行は計画通り成功したかにみえた。しか
し、参加者のひとり碓氷優佳だけは疑問を抱く。緻密な偽装工作の齟齬
をひとつひとつ解いていく優佳。開かない扉を前に、ふたりの息詰まる
頭脳戦が始まった……。


すげー面白かった!
これで安心して石持浅海を集めていける。(なんだそりゃ)

倒叙形式のミステリです。
なぜ死体発見時間を遅らせようとするのかが
読者にとって大きな謎となっています。
(改めて提示されることは無いですが)
登場人物はまだ何が起きているのか判断できていないという状況の中で
犯人と探偵役のみが頭脳戦を行っていきます。

あくまでも冷静に状況を操作しようとす犯人が、
じわじわと静かに追い詰められて行く様はなかなかスリリングでした。
追い詰めていく探偵役の方も
当初はかわいい女性程度の描写だったのですがこれもクセあり。
二人の関係にも絡んだ事件決着もなるほど、という感じでした。

そして動機の意外さ。
弱いと感じる方も多いでしょうが私はここも受け入れられます。

クセのない文体と練られたアイデアで読ませる大傑作だと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話