FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Octopus's Garden

アビイ・ロード
アビイ・ロード

アビイ・ロード収録のリンゴのナンバー、オクトパス・ガーデン。
普通にいい曲ですが、同じリンゴのドント・パス・ミー・バイに比べると
洗練され過ぎていてビートルズっぽくない気もします。

むしろソロでのゴージャスなサウンド路線に近い?
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Ob-La-Di, Ob-La-Da

オブラディ、オブラダ。人生は続いていくのよ。

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)
ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

ホワイトアルバム収録。

ポールはロックでないという人はこの曲を引き合いに出しますよねえ。

ロックでないかもしれないけれどグッド・ミュージックです。
よくこんな曲作れるなあ。

「みんなの歌」で流れてもおかしくないなあと思っていたら
フォーリーヴス・ヴァージョンで流れていたようです。


あとウィキ情報

小倉久寛のラジオ番組で
「オグラでオグラだ」という番組があったらしい!



tb: 0 |  cm: 2
go page top

Nowhere Man

ラバー・ソウル
ラバー・ソウル

Nowhere Man 邦題「ひとりぼっちのあいつ」

出だしのハーモニーが素晴らしい
曲の進行とともにさらにコーラスは続く。
主メロはジョンだがエラを張って歌ってるイメージが強い。
エンディングのコーラスの音域の広がり具合も好き

そして軽快なリズムがこの曲の魅力をさらに大きくしている。

昔はそんなに思わなかったのですが
最近いい曲だなあとしみじみ思います。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Not A Second Time

ウィズ・ザ・ビートルズ
ウィズ・ザ・ビートルズ

正直に申すとどんな曲か思い出せない。

「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録だといま確認しました。

実はI’m Cry Insteadも思い出せない。

この2曲のみが私にとってのビートル鬼門か。

せっかくなのでYouTubeで確認しません。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

Norwegian Wood (This Bird Has Flown)

久々のカテゴリー「全曲レビュー途中」です。

ラバーソウル収録のNorwegian Wood (This Bird Has Flown)
「ノルウェーの森」です。

ざくざくっとしたアコースティックギターが心地よい。
しかしながら結構オカズが入っていてテクニカル。
あれ弾くの結構難しいのでは。私は弾けませんでした。

シタールの音色もステキ。

そしてジョンの声がなんともいい味わい。
途中から加わるポールのハーモニーがこれまた良い。

普段は思い出さないような曲?かもしれませんが
いざ聴くとハマりますよね。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

No Reply

No Reply

ビートルズの曲を1曲ずつアルファベット順に紹介していましたが
なんと本年1月23日以来(曲はThe Night Before)の記事です。、

なんでこんなにブランクが空いちゃったんでしょうか?
誰に聞いても返事なしです。

実は記事を書かなくなった原因の一つが
YouTube上にビートルズの音源がない事、というのがあります。
今回のNo Replyも(それほど気合を入れて探しているわけではないが)
見つかりませんでした。

どうしちゃったんでしょう。
ビートルズの楽曲に対し当局が目を光らせているんでしょうか。

ビートルズ・フォー・セール
ビートルズ・フォー・セール

さて本作は1964年『ビートルズ・フォー・セール』のA面の1曲目。
なにしろジョンの歌いっぷりがいい。
出だしから惹きこまれますね。
若造のくせしてこのヴォーカル力。素晴らしいです。

この『ビートルズ・フォー・セール』というアルバムは
やたらと地味なのですが
ジョンのヴォーカリストとしての厚みというかふくよかさというか、
とにかく名唄が多いです。
コクという表現をした音楽評論家もいたがなるほど言い得て妙。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 4
go page top

The Night Before

HELP! - 4人はアイドル
HELP! - 4人はアイドル

ザ・ナイト・ビフォアは1965年「ヘルプ!」収録曲。

地味だなあと思っていましたがやはり地味。
しかし結構テンポいいじゃないですか。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

Mr. Moonlight

Mr. Moonlight
ビートルズ・フォー・セール
ビートルズ・フォー・セール

ミスター・ムーンライト
1964年「ビートルズ・フォー・セール」収録。
オリジナル曲ではなくてカバー曲。
1962年にR&B歌手のピアノ・レッドが、
ドクター・フィールグッド&ジ・インターンズ名義で発表した曲だそうで。

とすると、当時のビートルからすると幼少のころから歌いこんだ曲、
という訳ではなくて、最近のヒット曲をやってみました、的な
軽い意味合いだったのかもしれませんね。

しかしながらこの曲のジョンの名唄ぶりはよく取り上げられるところで
冒頭からゾクリとしますね。

↓ピアノ・レッドのオリジナル

ビートルズはオリジナルを殆ど踏襲してたんですね。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


この曲ウイスキーかなんかのCMに使われていませんでしたっけ?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

Mother Nature's Son

Mother Nature's Son
ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)
ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

マザー・ネイチャーズ・サンは1968年『ホワイト・アルバム』収録。
シングル・カットもされていないが勝手に知名度高い曲と思ってます。
「ブラックバード」と並ぶポールのアコギの名曲。
なんて素晴らしいギターなんでしょう。
名手ポールによるシンプルな演奏ですが深みさえ感じます。

このギターだけで充分完成されているのに、
さらに穏やかで美しいボーカルが加わるのですからなんという贅沢さ。



アルバムの中では
「バースデイ」「ヤー・ブルース」のあとにちょこんと配置され
すうっと染みこんでくる感じ。
次の曲がまた派手なあれなので位置も絶妙ではありますね。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


YouTubeみたらこの曲の弾き方指南動画がたくさんありました。
皆さん弾きたくなりますでしょ。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

Money (That's What I Want)

Money (That's What I Want)

ウィズ・ザ・ビートルズ
ウィズ・ザ・ビートルズ

1963年「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録。
あっ、曲名見てもメロディが思い出せない。
ごめんなさい。



そうでした。そうでした。
かなり黒い。
カヴァー曲だったんですなあ。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話