06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ついに購入。ドナルド・バードの「ブラック・バード」

10年以上前に
BLUE NOTE for Cafe Apres-midi
ブルーノート・フォー・カフェ・アプレミディ
ブルーノート・フォー・カフェ・アプレミディ
というブルーノートのコンピ盤を買いました。

この中でも特に印象に残っていたのがドナルド・バードの
Where Are We Going?


なんとも浮遊感のあるサウンド。
力の抜けたヴォーカル。

ずっと気になっていましたが
ドナルド・バードっていったって誰だか知らないし、って感じでした。

最近別のブルーノートのコンピ盤を買ったら別の気になる曲があり
それはまたしても”ドナルド・バード”でした。

これは何かある、新たな音楽鑑賞の道が開けるかと調べてみると、
ドナルド・バードなる人物はトランぺッターでした。しかも大物。

でも先に上げた気になる曲はトランペットがメインではない、何故だ。

ドナルド・バードは50、60年代は正統派トランぺッターでしたが
70年代に入り電化マイルズと同時期あたりに方向転換をし
ジャズ/ファンク路線に進み、実はここでも大成功を収めていました。
そしてこの路線は、弟子筋?のミゼル・ブラザースという音楽家による
”スカイ・ハイ”サウンドというものであることがわかりました。

このスカイ・ハイの中ではドナルド・バードのアルバムだとしても
トランペットは全体の構成の一要素です。
よって昔ながらトランペットを望むのファンにとっては
この路線は納得いくものではなかったようですが
時代はスカイ・ハイを求めており大成功したようです。

さてWhere Are We Going?を収録した「ブラック・バード」(1973年)こそ
このスカイ・ハイ路線の一作目です。
そしてなんとブルーノート最大のヒット作との事。

ここらへんの情報を仕込みブックオフ巡りです。
田舎ゆえジャズCDを取り揃えているところなどなく頼りはブックオフ。

こつこつと下記を見つけました(あるもんですね)

Street Lady (1973)
Places and Spaces (1975)
Donald Byrd And 125th Street, N.Y.C. (1979)
せっかくなのでモダン・ジャズ時代の下記も購入
Fuego (1959)
Royal Flush(1961)

でも「ブラック・バード」が見つからない。
もういいや通販、という事で新品以上の値が付く中古盤を買いました。
後のスカイ・ハイよりはリズムがおとなしめかもしれません。
しかしなんといってもWhere Are We Going?だ!

という事で
今、ハマっているのがドナルド・バード。
スカイ・ハイ時代がお気に入りですが、正統派モダン・ジャズも面白く
今後少しづつ、昔から知っているふりをして記事にしていきます。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

レコードを買う。普通に。

毎度お馴染み108円レコード。

アート・ガーファンクル『天使の歌声』
12インチシングル『ウイー・アー・ザ・ワールド』を購入しています。

全くもってひねりのない買い方だ。
前回ずーとるびなんてのを買ったので余計にそう思ってしまいます。

ネタ的に松崎しげるベストでも買うべきだったかも。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

ずーとるびフォース ゆかいな仲間たち

『ずーとるびフォース ゆかいな仲間たち』
1975年発表。
毎度お馴染み108円レコードです。
あの山田君、山田隆夫のずーとるびです。
なんと全曲山田隆夫作曲。
作詞の殆ども山田隆夫で他はメンバーが書いています。

基本は歌謡曲/コミックソング系ですがかなり造りこまれている感じ。
ボーカルは弱いですけど。

なんと角田ヒロが2曲アレンジしており
それらは英語詩(山田隆夫作詞)
脱歌謡曲でかなりクール。

B面ラストは「終末」

さらば地球よ さらば宇宙よ
もうすべてがおわる
もうすべてがおわる


どうしたんだろう。山田隆夫。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

発売がエレック・レコードというのもなんか渋い。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

卒業 ~ オリジナル・サウンドトラック

『卒業 ~ オリジナル・サウンドトラック』
卒業-オリジナル・サウンドトラック

毎度お馴染み108円レコードです。

1968年発表 
映画『卒業』(観てません)のサントラ盤です。
サイモン&ガーファンクルの曲が多数使われていることから
S&G系のアルバムともみなされているようです。
但し新曲は「ミセス・ロビンソン」のみで、
しかも後に発表されたシングルとは違うもの。
但しギターとスキャットがカッコイイ。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

既存の曲もリミックスなのかバックに他の音が入っていたり
コーラスが追加されたり結構面白い。


tb: 0 |  cm: 2
go page top

風見鶏 ~ さだまさし

『風見鶏 ~ さだまさし』
風見鶏

1977年発表。

108円LPレコードです。

ストリングスアレンジがジミー・ハスケルということもあるのか
曲自体も洗練されてきたように聴こえます。
シティ・ポップ(という言い方はまだあるのか)に近い感じがします。
特に「思い出はゆりかご」はもうそれ系ですね。

そして「きみのふるさと」
出だしのメロディーの爽快感が素晴らしい。
なんとなく知っていた曲でしたが、これだったのか!


あの「雨やどり」の続編「もうひとつの雨やどり」なんて曲もあります。

「セロ弾きのゴーシュ」もシティ・ポップ系です。
松原正樹さんのギターがいい雰囲気です。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

帰去来 ~ さだまさし

帰去来

毎度お馴染み108円レコード。

『帰去来』1976年発表。
さだまさしのLPは2枚持っていて
そのLPの帯に記載される紹介で本作のことは知っていました。
またさださんのギター楽譜集も持っていて多くの曲は本作含む初期4枚と
ヒット曲が中心でタイトルのみしっている曲も多数ありました。

印象的なジャケットですが
自宅近所でご婦人に偶然道を尋ねられたさださんを
同行のカメラマンがとったそうです。
(その尋ね先に確認しこのご婦人に連絡を取ったそうです)
なんとも素晴らしい一枚ですね。

またこのレコードには歌詞カードやミュージシャン情報の他に
”楽譜集”もありメロディ譜やコードがわかるようになってました。

シティ・ポップに近づいたかのような「夕凪」は
ドラム村上秀一、ベース小原礼、ギター松原正樹という布陣でした。
イイ感じです。


激しいロック調の「胡桃の日」はエンディングが印象的です。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


アルバム名、すべての曲名でカタカナや英語表記なし
というのもなかなかいい。
ジャケットも和風です。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

レコードを買う。さださだ卒業ずーとるび

また買いました108円レコード。

さだまさし「帰去来」
さだまさし「風見鶏」
初期の作品で非常に興味があります。

サントラ「卒業」
S&Gの楽曲使用という事でのみで私にはお馴染み

ずーとるび「ずーとるびフォース」
1stならまだしも4thとは

ずーとるびに手を出すなどと
シャレでレコードを買うようになってしまった。
もう今後はなんでも好きに買っていけそう。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

二色の独楽 ~ 井上陽水

『二色の独楽 ~ 井上陽水』
二色の独楽

108円レコード。
ジャケットは上記ではなかった。でもそういうのもあるようです。
残像が残る回るギターと回る陽水さん。
これが二色の独楽なのか。

1974年にロサンゼルスで録音されたようです。
ギターの陽水、安田裕美以外は全て外国人という布陣です。
レイ・パーカーJrやジョー・サンプルなんて名もあります。
編曲についてはメインは星勝。

A面1曲目が「傘がない」のインストのようだが
洗練されているサウンドでそうとは思わなかった。

2曲目「夕立」はとてもファンキーなナンバーで
「氷の世界」に近いかも。ただこっちの方が明るめか。
女性コーラスも「氷の世界」と似ている。


5曲目「ゼンマイじかけのカブト虫」で、いよいよ情念がふつふつと
にじみ出てくるような日本のフォークとなりました。
しかしバックのアコースティックギターやストリングスが
一味違うものとなっていました。

6曲目タイトル・チューン「二色の独楽」のみ編曲がジャック・ニッチェ
メロトロンで演奏すればキング・クリムゾンか。
とすれば「小春おばさん」系列なのか。

B面1曲目「君と僕のブルース」ノリのよいブルースだが
途中シンセっぽい装飾フレーズがあった。

2曲目「野イチゴ」かわいらしいフォーク系ソングだが
バックのギターがおしゃれ。やはりシンセっぽい単音フレーズと
バックで掛け合っている。

3曲目「ロンドン急行」
ゴージャスで明るい曲。でもなんでわざわざロサンゼルスに出向き
ロンドンをテーマに?

4曲目「旅から旅」
演奏がタイトでカッコいい。特にベースが良い。
洒落たストリングスも入ってきたりしている。

5曲目「眠りにさそわれ」
お洒落でスイートなアレンジと演奏。
前曲とともに編曲の星勝すごい。
その分歌声は”陽水”っぽさを抑えている印象です。

6曲目「太陽の街」
A面3曲目にも短いながら同曲があったが印象にはあまり残らなかった。
しかしこのB-6でのヴァージョンは凄く良い。
編曲はジーン・ページって人だがこれもお洒落なアレンジ。
曲調自体がメロウな感じで陽水さん自身?のコーラスも美しい。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

前レコード所有者が聴き込んでいたようでスクラッチノイズが大きい。
ぜひCDで聴きなおしたい。欲しい。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

KAMAKURA ~ サザンオールスターズ

KAMAKURA ~ サザンオールスターズ
KAMAKURA(リマスタリング盤)

108円レコード。

1985年発表の2枚組アルバムです。

帯の文句は

いい女にはフォーエバー夏がまた来る 君が涙を止めない・・・2枚組

と歌詞の文句をそのまま使用していた。

1枚目1曲目が「Computer Children」という曲でなにやら不穏な雰囲気。
注記として
スクラッチ、不規則なリズムなど各種のEffect処理が行われています。
とある。かなり実験的な内容だ。

このアルバムは結構そういった系のアルバムのようです。

1枚目B面2曲目あたりからなんとなく聴きやすくなってきました。
「吉田拓郎の唄」なんてかなりいいなあ。


2枚目の「Please!」は『バラッド2』にも入っていたが
なんかこのアルバムと違うバージョンの気がした。
ゆったりとしたテンポでかなりいい曲だった。
(『バラッド2』はここ数年聴いていないので忘れております。
実は同じバージョンなのかもしれない)

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ロイヤル・ストレート・フラッシュ ~ 沢田研二

『ロイヤル・ストレート・フラッシュ ~ 沢田研二』
沢田研二 ベスト・ヒット Royal Straight Flush SPECIAL

108円レコード。

知らずに買いましたがベスト盤でした。
A-4:ストリッパー
A-5:TOKIO
A-6:カサブランカ・ダンディ
A-7:ダーリング


上記が知っていた曲です。
間違いなく当時リアルタイムで聞いたのは「TOKIO」。
スーパー・ポップな佳曲ですね。
「カサブランカ・ダンディ」はかなりカッコいいアレンジでした。
作・編曲は大野克夫さん。

当然ながら歌謡曲テイスト満載。
当時は私にとってイロモノ歌手のイメージでしたが
やはり改めて聴くと歌が上手い。さすがジュリー。

B-1:サムライ
タイトルには全然覚えがありませんでしたが聴けばあの曲だったのかと。
B-2:憎みきれないろくでなし
これはタイトルは知っていたが中身はなんとなく知っている程度。
軽やかな洋楽ロック風だが途中から歌謡曲。けっこうゴッタ煮サウンド。
B-3:勝手にしやがれ
お馴染みの曲ですがなんか声が違う気がする。
B-4:時の過ぎゆくままに
これもなんとなく知っています。フォークソングっぽい湿っぽさあり。
B-6:危険なふたり
これも知っていました。



にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

B-5:追憶 
初めて聴きましたが、これはムーディ・ブルースか。
面白い。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話