09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

FLACでリッピング その3

7百数十枚リッピングしたところでPCのCDドライブが壊れました。

Clear Blue Skyが読み込めません。
Clear Blue Sky

その他何枚か試しましたが読み込めず。
まだまだ愛聴盤が残っているので止めたくない。
外付けでCDドライブを買うしかないか。
きっと8千円くらいするんだろと思っていたらまさかの1,600円。
Blingco 外付けCDドライブ、USB2.0 超薄型 ポーダブルなDVD+R, DVD-R, CD-ROM, DVD-ROM, CD-R, CD-RWレコーダー CD-RW/DVD-R外付けプレイヤー光学式USB2.0記録型ドライブ ノートパソコン、ラップトップ PCに適合 Windows 2000/XP/Vista/Windows 7 Mac OS( 全てのバーション)対応可 ブラック

買いました。
動きました。
良かった。
(でもあと700枚くらい耐えられるでしょうか?)

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

時流 ~ クリスタル・キング

先日レコード・プレーヤーを購入した際、
息子にシングル盤を説明するのに
クリスタル・キング「大都会」をかけました。

もちろん「大都会」は改めていいなあ、と感じ入り
その後、B面である「時流」を聴いたのですが・・・。

30数余年ぶりですが、メロディだけでなく歌詞もしっかり覚えてました。
当時より好きでしたがやはり名曲です。
「大都会」と同じくツイン・ボーカルでメリハリがありますす。
インパクトでは「大都会」に負けますが、まったく遜色のない出来です。
泣きのメロディとそして歌詞の良さ。
こんな曲があったのをすっかり忘れていました。



俺はいま過ぎたことに
こだわらず生きてゆこう
俺達の熱い日々を語るには
いまはまだ若すぎるよ


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

20数年ぶりにレコードを聴く

ディアゴスティーニでのビートルズのレコードを購入しています。
初めからこれを聴くつもりはないのですが
やはりレコードを買っていると、この形態が懐かしくもあり
近年のレコードブームにのるという事でプレーヤーを買いました。

とはいっても本格的な音質指向ではないので気楽に楽しむモデル、
かつ置き場所を選べるという事で下記を買いました。

ION Audio Vinyl Motion レコードプレーヤー スーツケース型 バッテリー内蔵 USB端子

オールインワンで8千円で買えます。

早速、奥さんからは
どうせすぐに飽きちゃうんでしょ
というコメントを頂戴いたしました。

でも息子がレコードというものに興味を持っているので
教育の一環のつもりなんですが。

まずはこのプレーヤー、見た目が楽しい。
絵になります。

さて記念すべきレコード再聴1曲目は、
はっぴいえんど『風街ろまん』より「風をあつめて」。
あっ。針を下ろす位置を間違え、いきなりエンディング。
あわててやり直します。

風街ろまん 完全限定生産 [Analog]


おっ。音程はしっかりしている。まずは安心。
この手の製品は品質のムラがありハズレを引く場合があります。
しかしコレは問題ないようです。良かった。
音量もかなり出ます。

街のはずれの背のびした路次を ~

いいなあ。もう雰囲気だけでアナログの味が出ています。
完全に気持ちの問題ですがいい音です。大満足です。

次はビートルズの『四人はアイドル』
HELP!-STEREO REMASTERE

息子にお馴染みの「イエスタディ」をかけるよう指示します。
レバーを使用せず手動で針を下ろそうとしています。

プロか。

あとは自分で「ヘルプ!」を選んで聴いていました。
『なんでも鑑定団』で知っていたようです。

次はクリスタル・キングのシングル「大都会」をかけさせます。
シングル盤とLPでは何が違うのかを説明しました。
そしてアダプターをつけて回転数を変えさせます。

懐かしいがやはりいい曲です。

さらにはB面の「時流」
これに至っては30数余年ぶりに聴きますが歌詞は覚えているもんですね。
これまた名曲。
いずれ別記事で是非ご紹介したい。

そして今は、はっぴいえんどの『ゆでめん』をかけながら
この記事を書いています。
高音がつぶれていますがこれも味ですなあ。
鈴木茂のギターが強烈です。
はっぴいえんど


ああ楽しい。当然手軽さではCDに負けますが
雰囲気装置としていい買い物をしました。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


今日の締めはジョージ・ハリソンの『不思議の壁』で。
B面2曲目、シタールの響きがとても心地よい。

不思議の壁

tb: 0 |  cm: 2
go page top

FLACでリッピング その2

やっぱりせっかくリッピングしたのでどうしても聴きたくなり(当然)
携帯プレーヤーを買いました。

AGPTEK A01 デジタルオーディオプレーヤー HIFI高音質 光るタッチボタン 多彩 金属製 8GB マイクロSDカード最大128GBに対応 ブラック


AGPTEKとは馴染みのないメーカーでしたが
携帯プレーヤーは昔からAppleやSony製品とは無縁なので気になりません。
モノとしての品質の差はあるかもしれませんが音質はかわらないっぽい。

この手の製品は評価がばらつく(すなわち品質のばらつき)のですが
本機は一定の評価を得ていたので安心して買いました。
(物理的に)重いというのが欠点でもあり味でもあります。

8GBの本体に32GBのカードを装備。(合わせて六千円程度)

ここにどかどかととりあえずデータ(という言い方も嫌だけど)を
いれます。

早速聴いてみます。
ピンク・フロイド『原子心母』より「サマー'68」
おおジャケットが表示される。ルルベル三世がこっちを見てる!
原子心母

気のせいなのか。ベースがクッキリとしている。
所有盤はリマスター盤でもなくもっこりとした印象でしたが、
なぜか全体的にクリアーです。
やはり気のせいなのか。

あとは嬉しくなっていろんな曲をちょこちょこっと聴いています。
アルバムでなく曲にジャケット情報がリンクされているようです。
これも嬉しい。


バンドワゴン

いま鈴木茂『バンド・ワゴン』を聴きながらコレを書いていますが
いままで気付かなかった打楽器の音が聴こえています。
気のせいなのか。
まあいい音になっているハズという想いが70%としても
30%はMP3に比べて音質が劣化していないという影響はありそうです。

イエスの『こわれもの』は
いままで通常盤をMP3で聴いていたのですが
持っていながらなぜか聴かなかったリマスター盤をFLACで聴いたら
かなりクリアーで尖った音になりちょっと疲れました。
ここらへんは好みと慣れがありそうです。
こわれもの

という事で結構FLACで音の変化は感じられました。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 0
go page top

幻夜祭 ~ THE ALFEE

幻夜祭 ~ THE ALFEE

夢幻の果てに

1995年『夢幻の果てに』収録の、どプログレ作品。
ごめんなさい。アルフィーを甘く見ていました。
アルフィーにプログレ志向があったことは知っており
その代表作『ARCADIA』は買いました。
しかし自分の中ではプログレというよりやや産業的なハードロック。
悪くはないがプログレではない、という感じでした。
(改めて今聴くと疾走感とタカミ―のギターが素晴らしい)

しかしこの「幻夜祭」は、笑っちゃうくらいのクサいプログレ。
由緒正しいプログレです。素晴らしい。




にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


アルフィーさんはちょこちょこっとプログレ志向が顔を出すようで
少しづつそれらを聴いていきたいと思っています。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

FLACでリッピング

以前よりMP3という圧縮フォーマットでCDをコピー(これがリッピング)
していました。
しかしMP3という形式はデータ容量は大幅に減るものの
その分、音質が劣化します。

いったんMP3でリッピングしたファイルを
再びマイCDとしてCDに焼き直した時のその変質ぶりは
結構悲しいものがありました。

しかしまあそんなものかとも思っていたのですが
最近FLACという音の劣化のない形式があることを知りました。

もちろんデータ容量はMP3に比べると大きいのですが
いまは扱える容量自体も大きくなっているのでなんとかなりそうです。

そんなわけでMEDIA MONKEYというフリーソフトを使用し
FLACでリッピングしなおしています。

記念すべき一枚目はビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』です。
ペット・サウンズ

しかしMEDIA MONKEYの扱い方がまだわからず
ジャケット写真を選んでいる間にアルバム名等置き換わってしまい
いったん消去という結果になりました。
しかしその後扱い方も慣れてきました。

リッピングですが楽しい。
もともとコレクター体質なので、
リストを作りながら作業していくが楽しい。
MEDIA MONKEY内で枚数が増えていくのが楽しい。
アルバムジャケットも入れられるのでなお楽しい。
コンピレーションものでは曲ごとにアーティスト名が入るので楽しい。

いずれハードディスクプレーヤーを買って聴くために
今のうちに取りためようという算段です。
パソコン上で聴くのは可能ですがこれは音質的にはあまり変化なさそう。
(専用機でないためいろんなノイズが入るらしい)
聴くことを考えずまずリッピングしていくところが私らしい。

休日返上+毎日1時間の作業でいま3百枚リッピング終了。
バカみたいです。

ジョージ・ハリソン『電子音楽の世界』もリッピングしてしまいましたが
多分聴かないだろうなあ。
電子音楽の世界

CDはあと1,000枚程度ありますが200枚くらいは絶対聞かないとして
まだまだ800枚のリッピングが残っています。
クローゼットの奥やらいろんなとこにあるCDを引っ張り出したりするのも
楽しい作業です。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

レフュジー

レフュジー
レフュジー(紙ジャケット仕様)

1974年発表作品。

元ザ・ナイスの
リー・ジャクソン(ベース、歌)、
ブライアン・デヴィソン(ドラムス)
がどっからか見つけてきた?キーボーディストがパトリック・モラーツ。
カラフルでパッカーシヴで派手な音色で目立っています。

ザ・ナイスのキーボーディスは、あのキース・エマーソンでした。
後にキースは、エマーソン、レイク&パーマー結成のため脱退し、
ザ・ナイスは解散してしまいます。
その後、残された二人は個別に活動していきますが、
再びキーボード・トリオとして再出発したのがこのレフュジー。

ナイス的な音楽を土台にパトリック・モラーツが遊ぶ、
という感じのサウンドでしょうか。

結局レフュジーは本アルバムで解散。
というのもパトリック・モラーツが脱退したリック・ウェイクマンの
代わりにイエスに加入することになった為。

また二人は残されてしまうし、
パトリック・モラーツはキース・エマーソンとリック・エマーソンという
二大巨人の跡を継ぐという結果になってしまいました。

↓かなりザ・ナイスっぽい。リー・ジャクソンのクセが強い。


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

遅すぎた別れ ~ ナイアガラ・トライアングル

遅すぎた別れ ~ ナイアガラ・トライアングル
Niagara Triangle Vol.1 30th Anniversary Edition

1976年発表の『ナイアガラ・トライアングル VOL.1』収録曲。

ナイアガラ・トライアングルとは
大瀧詠一、山下達郎、伊藤銀次の三人による企画モノ。
基本的に各人が曲を持ち寄り、それぞれが歌うというスタイルです。

そんな中、本作は、作詞:伊藤銀二、作編曲:山下達郎という曲。
序盤からコーラスで盛り上げ、後半しなやかに歌い上げる山下達郎は
ウマい、としかいいようのないもの。ここだけで名曲です。

そして聴いていただければわかりますが本作の聴き処は
全編流れる伊藤銀次の語り。
これがクセになる。

なんでも一番いやらしいムードを出せたのが伊藤銀次だったとの事で
語り役に決まったそう。

↓バックの渋い演奏もいい


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 0
go page top

ニュー・タウン ~ キリンジ

ニュー・タウン ~ キリンジ

1998年『ペイパードライヴァーズミュージック』収録曲。
ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック

目の覚めるようなポップス。
なんともゴージャスなアレンジです。
若々しい声とハーモニー。そして心地よいリズム感。
キリンジのこの心地よさはギターのキレの良さも要因と思いますが
ここでもさりげなくいいカッティング。

出だしからキャッチー。

肩に降る雨をまとう
ひるがえす ひるがえす 
言葉、言葉、言葉、言葉





にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

ディシプリン

ディシプリン




The Guitar Circle of Europeの演奏という事で
フリップ氏の弟子達でしょうか。

特に右下の人が動きのあるパートを弾いているようであります。
もしかしてリーダー?

聴いていてノッテきます。
もはやプログレではなくダンス・ミュージック!
(しかもアコギ)

↓毎度お馴染みオリジナルのキング・クリムゾン『ディシプリン』
Discipline: 30th Anniversary Edition

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話