FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Ⅹの悲劇

『Ⅹの悲劇』
エラリー・クイーン
Xの悲劇 (創元推理文庫)


ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。
おそるべきニコチン毒をぬったコルク玉という
新手の凶器が使われたのだ。
この密室犯罪の容疑者は大勢いるが、
聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は、
着々とあざやかに進められる。
“読者よ、すべての手がかりは与えられた。犯人は誰か?”
と有名な挑戦をする、本格中の本格。


上記紹介文の”有名な挑戦”って本作だっけ?。

さて本作、読むのは3回目くらいです。
完全に真犯人は忘れてしまっていたので初読みたいなものです。
さすがに狂気であるニコチン毒のコルク玉というのは覚えていました。
しかしこの凶器、1インチのコルク玉に50本の針が刺さっており
先端にニコチンが塗ってあるという代物ですがイメージがわかない。
そんなもの危なくて持ち運びできないじゃないか。

私はドルリー・レーンという探偵像に特に思い入れはないので
例えばこれがもう一人の名探偵「エラリー・クイーン」でもよかった。
などと恐ろしいことを思ってしまいました。
レーンは早い段階から真犯人に気付いていたようですが、
問われてもはぐらかし続けるなどなかなか名探偵ぶりを発揮しています。
また警察とも信頼関係が結べず、勝手に事件に介入します。

しかし最終章での謎解きは圧巻です。
これぞ本格。これぞクイーン。
いろいろな謎やわだかまり部分が一気に解決します。
Xの悲劇のXとは最初は未知の犯人を意味したXでしたが
このXに関わるラスト1行の幕引きは美しい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話