09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

プリオシーヌ ~ 細野晴臣

プリオシーヌ ~ 細野晴臣

1989年『オムニ・サイト・シーイング』収録曲
omni Sight Seeing
omni Sight Seeing

ふわふわと浮遊感があるような心地よい曲。
歌っているのは細野さんと福澤もろさん。

テーマといっていいメロディラインが
途中からいろいろな形で現れてくるところもイイ。



にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

メモズ・フロム・パーガトリー ~ デヴィッド・クロス

メモズ・フロム・パーガトリー ~ デヴィッド・クロス
Memos From Purgatory
Memos From Purgatory

元キング・クリムゾンのバイオリニスト、デヴィッド・クロスの
1989年のソロ・アルバムです。

当然クリムゾン関連として購入しているわけですが殆ど聞いていません。

↓久々に聞いた感想。

バイオリニストのアルバムだけどバイオリンは控えめ。
凶暴なサックスがむしろ目立つ。

購入層の求める”元クリムゾン”を受けクリムゾン的なフレーズも配置。

でもイージー・リスニング的な曲も入っていたりする。

そんな感じです。

↓イージーに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 4
go page top

Motor of Love

ポール・マッカートニーの「モーター・オブ・ラヴ」

1989年「フラワーズ・イン・ザ・ダート」収録。

ポールにとってはそれほど傑出した作品ではないかもしれない
のですがそれでも単純にいい曲だなあ。



Flowers in the DirtFlowers in the Dirt
(1990/10/25)
Paul Mccartney

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 2
go page top

恐怖の日常

『恐怖の日常』
村田基という作家の短編集です。

まずこの作家、ハヤカワ文庫奥付けでは昭和25年生まれ。
本作は1989年に出版されています。

また文庫巻末には『フェミニズムの帝国』という長編の広告がありました。

どんな人物かわからないので検索してみると
作家活動はしていないようですがブログを行っているようです。
(「「?科学的倫理学」を広げるべくブログを開設したようです)。

本人自ら、作家として”今ではすっかり忘れられた存在”って云ってます。

さてさてこの短編集ですが
SFマガジンに86年から88年辺りにかけて掲載された作品
を収録しています。

SF、怪奇小説、奇妙な味といったフレーズが浮かび
わたしの好きな『ふしぎ文学館』系列の作品といってもいいくらいです。

かなりの傑作揃いだと思いましたが
怪奇小説で言えば異形のモノを扱った
「白い少女」「大きくなあれ」がジワジワときます。

虫嫌いが読んだら大変なことになりそうな
「反乱」も強烈。

日常に起りえる恐怖でいえば「屋上の老人たち」

一般的には本人曰く忘れられた存在ですが
これらの作品自体は今こそ何かのアンソロジーで紹介すれば
再評価を受けるのではないかと思います。


↓屋上の老人の方々は応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

恐怖の日常 (ハヤカワ文庫JA)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

閃光 ~ ABWH

閃光閃光
(2008/10/22)
アンダーソン、ブラフォード、ウェイクマン、ハウ

商品詳細を見る

1989年発表。
もうファンにはおなじみのイエスのようでイエスでないABWHです。
メンバーは
JON ANDERSON (Vo)
BILL BRUDFORD (Ds)
RICK WAKEMAN (Kb)
STEVE HOWE (G)と元イエスの面々。

この頭文字をとってABWH(アンダーソン、ブラッフォード、ウェイクマン、ハウ)というバンド名になっています。

ベースのクリス・スクワイアが不参加のため”イエス”を名乗れず、といったところです。

時は80年代、トレヴァー・ラビンを主導として「ロンリー・ハート」が大ヒット、
続く「ビッグ・ジェネレ-ター」
(アルバム「ロンリー・ハート」の原題90125を受け、この時期は”90125イエス”なんて呼ばれてます)
も売れてしまったが
70年代のイエスと異なるモダンで無機質な音に違和感を感じたのか
ジョン・アンダーソンが気まぐれ心を起こし70年代の黄金期メンバーに声をかけて
作ってしまったアルバムです。

リアルタイムでは「ビッグ・ジェネレーター」を聴いていましたが、
80年代作品を、これはイエス本来の姿ではない、などとわかったふりをしていた私には
この『閃光』こそ当時求めていた作品でした。

いま改めて聴くとまったく全盛期のイエスっぽくはないのですが
おそらく私も含めて”90125イエス”に、ちょっと違うんだよな感を持っていたファンが飛びついたのでしょう。
これこそ真のイエス、的な好意的な評価が多かった気がします。

ジャケットもバンド名のロゴもロジャー・ディーンが描き
何しろ邦題も久々に漢字で『閃光』
いまだ夢見る人たちをターゲットにした見事な戦略ですなあ。

本作発表後気まぐれ男ジョン・アンダーソンは
このABWHと”90125イエス”を合体させ大所帯のイエスを作り『結晶』を作ってしまいます。
そしてここからイエスの迷走時代が始まります。

↓気まぐれに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
1曲目はいまだにフェイバリットです。
tb: 0 |  cm: 6
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話