09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ブロー・アウェイ ~ ジョージ・ハリソン



気の抜けたイントロとメロディだと思っていたらPVも然り。
なんですか。このゆるさは。

1979年『慈愛の輝き』収録でなんとファースト・シングル。
ビルボード16位と実は大ヒット曲です。
慈愛の輝き
慈愛の輝き

最初聴いた時からなんだこりゃ、ありゃありゃとずっと思ってました。
ところがここ数年(数十年)無性に好き。
これや同アルバム収録の「ファスタ―」の味といったら!

ジョージのソロは『想いは果てなく』や『ゴーン・トロッポ』
がリアルタイム体験なので本曲が悪かろうはずはないのですが、
『オール・シングス・マスト・パス』を経験した際では
やはり辛口になってしまいますよね。

ということで今こそ『ブロー・アウェイ』!

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 2
go page top

ニューロニアン・ネットワーク ~ 坂本龍一

ニューロニアン・ネットワーク ~ 坂本龍一

ニューロニアン・ネットワークは
坂本龍一、1979年『サマー・ナーバス』収録曲です。
サマー・ナーヴス
サマー・ナーヴス

おしゃれでジャージーな雰囲気が素敵な曲ですが
電子音が飛び跳ねておりここら辺がまた良い。


YMOの「シムーン」に通じる曲ですね。
というわけで作曲は細野さんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

さてさて今月末ポール日本公演です。

さてさて今月末ポール日本公演です。

↓意外なところでこれをお願いしたい!
「アロウ・スルー・ミー」(1979年)


メロウな曲でもシャウト系のかすれ声が出てくるところがイイ。
これってポールの歌声で大好きな部分です。


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


そわそわ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ひき潮 ~ さだまさし

先日コーネリアスを紹介して今日はさだまさし。
なんか可笑しい。

「ひき潮」は1979年『夢供養』(むきょうようと読まないでくださいって
ジャケットに書いてあったな)収録曲です。

「療養所(サナトリウム)」と共に好きな曲です。



哀しみが穏やかに扉を叩いて
ああいつの間に私の友達になる


にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ


帰ろう帰ろう帰ろう・・・・

夢供養

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ディスカバリー ~ ELO

ディスカバリーディスカバリー
(2013/03/06)
エレクトリック・ライト・オーケストラ

商品詳細を見る

毎度御馴染みエレクトリック・ライト・オーケストラの1979年のアルバム。

実は私、正直なところ
このELOが好きか嫌いかよくわかったいなかった時があったのですが、
それもこれもこのあまりにポップな音への抵抗があったのかも。

これでもかというポップで美しいメロディに完璧なアレンジ。
隙のなさがちょっと苦手だったのかも。
そしてメロディはちょっと濃い目だし。

ところがある時より
まったく何の抵抗もなくこのサウンドが心地よくなってきました。
そうはいってもベスト盤とオリジナルアルバム3枚でのつきあいですが。

本アルバムはこれまたイイ曲揃いで
御馴染みヒット曲、ロンドン行き最終電車や
コンフュージョン、ホレスの日記、などの超ポップな曲や
地味ながら美しい、ウイッシング、あたりが特に好きです。

さらに意外な名曲 ニード・ハー・ラヴ。
ジョージ・ハリスンっぽい曲でなにしろギターがジョージっぽい。
後にプロデュースすることになるジョージの『クラウド・ナイン』に
非常に近いサウンドです。




↓意外な応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 6
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話