04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

さてさて今月末ポール日本公演です。

さてさて今月末ポール日本公演です。

↓お願いします。お願いします。お願いします。
「バック・シート」(1971年)


素朴で哀しく美しいメロディで始まり、
立体的なコーラスが盛り上げ
絶叫ヴォーカルで突っ走ります。
ファンならだれもが頷く隠れた名曲ですが、あまりにも隠れすぎ。
皆、泣くと思う。
僕は鼻水流しながら号泣する。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


そわそわ

tb: 0 |  cm: 6
go page top

明日への願い(It Don't Come Easy)

明日への願い(It Don't Come Easy)は
リンゴ・スター作詞作曲による1971年のリンゴ自身のヒット曲です。

プロデュースをしているのはジョージ・ハリスンです。

ジョージによるデモ音源があったのでご紹介します。


ジョージ節炸裂ですなあ。

何かの新譜時のインタビューで
「一聴してあなたの音楽だとわかりますね」
との問いに
「そう言われるのは嬉しい。今は個性的な音を出す人は少ないからね。」
と答えていたジョージ。

スライド・ギターと声質とこの歌い方。
唯一無二です。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

対自核 ~ ユーライア・ヒープ

対自核 ~ ユーライア・ヒープ
対自核
対自核

1971年発表。
所謂名盤紹介モノには結構でてくるアルバムです。
そんなわけでジャケに見覚えはあったので中古屋さんで見つけた時に
購入しました。
ただし両目が離れたような人?のジャケットと「対自核」という
意味ありげな邦題に恐れをなしてか1回聴いたくらいで終わってました。

最近になりちょっとしたきっかけで聴いてみたのですがこれはイイ!
私として直球ど真ん中のサウンドです。
いかにも70年代初頭英国ロックで凶暴なオルガンが素晴らしい。

そんな感じなのですがこのバンド、メンバーって誰?
誰も知りませんでした。
いろいろメンバー・チェンジが激しいバンドだったようですが。

さてCDのライナー・ノーツ、二人の方が書かれていますが、それぞれ
このバンドの俯瞰的な歴史を書かれていますが、本アルバムについては
名盤とは言っていますがその中身の記述が殆どない!

私の持っているCDはかなりの旧盤ですがそこでのライナー・ノーツ
でさえ
”「ユーライア・ヒープに影響された」と公言するバンドなど存在しない
現代”
と書かれるほどで、今ではさらに知る人ぞ知る的バンドなのかもしれませ
んがやはりこの雰囲気といい、うさんくささといい好みです。

↓悲嘆のかげり


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Look At Yourself → 対自核
これもナイスな邦題ですなあ。


tb: 0 |  cm: 4
go page top

NO NEED ~ Gordon Haskell



1971年 It Is And It Isn't(邦題:歳時記)収録曲です。
長らく紹介したかったのにYouTubeで見つからず早数年。
(アルバム自体や他の曲はアップされていましたけど)
やっとだれかさんが2015年9月にアップしてくれました。

視聴回数はまだ2桁!
なんとかこの記事で1回でも2回でも増やしたいところです。

アコギのイントロもいいし地味にぼそぼそ歌われるハスケル節がいい。
フォーキーですが後半ちょっとオシャレっぽい響きにもなったり。

There ain't nothing to talk about baby
That ain't no big fish to fry
I had you and you had me
No need to ask our selves why

というサビの部分がまた渋くていい。

いやあ。誰も言わないけどこれは名曲です。

IT IS AND IT ISN'T - 歳時記

↓一応元キング・クリムゾンってことで
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

今日の1曲:オー・ウーマン、オー・ホワイ



毎度馴染みポール・マーカートニーの1971年の作品です。
シングル「アナザー・デイ」のB面ですが
結構人気ある曲のハズ。
シンプルな演奏にポールのシャウトがからみ
単純な部類の曲ですがそれゆえにかカッコいい!



でも来日セットリストには入らないよなあ。

↓なぜか応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話