08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ビフォア ~ ブライアン・オーガー&ザ・トリニティ

ビフォア
ビフォア

『ビフォア』は
ブライアン・オーガー&ザ・トリニティ1970年のアルバムです。

ブライアン・オーガーはベスト盤2枚、オリジナル1枚は持ってる記憶が
あったのですがこれは全く記憶になかった。

CDの棚の前後を入れ替えてたら出てきました。
出てきたのを見てもいつ買ったのか思い出せません。
普通はどこで買ったかの記憶はあるのですがまったく思い出せません。
でも東京行ったときに御茶ノ水ディスクユニオンで買ったんだろうな。

まあそれほそれとして。
英国オルガン奏者のブライアン・オーガー。
そのオルガンサウンドはカッコいいです。

2曲目Pavaneの高速単音弾きがいい。
3曲目No Time To Liveの幻想的な雰囲気もいい。
4曲目Maiden Voyageはハービー・ハンコックのカヴァー
各楽器の絡みも良く中盤のオルガンも渋い。
5曲目Listen Hereは重いサウンドで決めピアノも入ってきます。



私の中ではブライアン・オーガーはプログレ枠
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

サード ~ ソフト・マシーン

サード ~ ソフト・マシーン
3
3

1970年発表。
ジャズ・ロックの名盤として誉れ高い作品です。
私はピンと来ない時期が長かったのですが最近じわじわきています。

結果的にじわじわになった要因としては「4」や「6」よりも
キャッチーでないところかもしれません。
聴く者を放っておいてそのまま置き去りにしてるかのような音楽です。
この音楽を面白いと感じるのは、捻くれた野郎に違いありませぬ。
最近ソフト・マシーンを聴き始めて「3」最高、なんていう若人は、
道を踏み外してます。孤立します。
みなと同じにJポップを聞いていたほうが何かと話は弾むでしょう。。

メンバーは
マイク・ラトリッジ(オルガンとピアノ)
ヒュー・ホッパー(ベース)
ロバート・ワイアット(ドラムと歌)
エルトン・ディーン(サックス)
という強力な布陣にさらに四人の弦楽器、管楽器奏者が加わっています。

持っていないけどLP時代は2枚組全4曲。
このハッタリも効いてますなあ。
ああ70年代ロックってこの長尺スタイルからしていいなあ。

私のおすすめは2曲目「スライトリー・オール・ザ・タイム」。
マイク・ラトリッジ作で多分一番入りやすいかな。
部分的におしゃれなフレーズも出てきて聴きやすい。


今はどうだかわかりませんが
所有する盤での帯の文句
”ブリティッシュ・ロック史上、最も野心的かつ理知的なバンド”
なんだかわからないなりに理知的ってところに惹かれてしまう。

こういう言い回しにもプログレ/ジャズ・ロックファンは弱い。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 2
go page top

悟り ~ ジョン・レノン

「悟り」(I Found Out)1970年『ジョンの魂』収録曲です。
ジョンの魂
ジョンの魂

シンプルな音使いのハードな曲で、ジョンのギターが耳に残ります。
25秒目が好き。

リンゴのドラムもシンプルこの上ないながら緊迫感が高い。



今となってはあまり取り上げられないであろうジョンの曲ですが
実は密かに人気ある曲なのではないだろうか。
詩の内容のシリアスさはいずれにしてもサウンドはヤケにカッコいい。

「ウェル・ウェル・ウェル」も同系統の曲ですな。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

Maggie Mae

Maggie Mae

マギー・メイ
1970年「レット・イット・ビー」収録の1分にも満たない短い曲です。

リヴァプールに伝わるトラディショナル・ソングらしい。


レット・イット・ビー
レット・イット・ビー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

デブでよろよろの太陽

デブでよろよろの太陽

毎度御馴染みピンク・フロイド1970年『原子心母』収録曲。
原子心母もそうですが、デブでよろよろな太陽とはイカした邦題です。
(原題:Fat Old Sun)
原子心母  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

もやっとした印象のフォーキーな楽曲ですが
後半のギター・ソロはなかなかです。
割とデイヴ・ギルモアもラフに弾いています。

この曲ですがライブでも取り上げられているようで
特に後半ギター・ソロ部は熱い演奏になっています。
こりゃカッコイイわ。

3分20秒~のギターに注目ください。


↓デブでよろよろの方は応援よろしくお願い致します。(お仲間です)
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話