FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ブラインド・フェイス

ブラインド・フェイス


1969年発表のブラインド・フェイスのアルバム『ブラインド・フェイス』
名盤紹介本には必ず紹介されているアルバムであり、
ジャケがジャケだけに印象は凄く残っていましたが
ようやく購入して聴く事が出来ました。

ジャケでの印象が強いせいか中身の情報は全く知らぬままで、
エリック・クラプトン絡みだったとは買って初めて知ったという塩梅。
当然ながらフェイスは”顔”だと思っていて、まさか”信仰”だとは。
そうするとブラインド・フェイスとは”盲目的な信仰”となり渋い。
エリック・クラプトンはじめとする大物ミュージシャンの集まりだから
といってその音楽を盲目的に信仰するなよ、
というミュージシャン側からのメッセージなのでしょうか。

メンバーはエリック・クラプトンがギター、
スティーヴ・ウィンウッドがキーボード、
ジンジャー・ベーカーがドラムと超大物で、
ベースがリック・グレッチとこれはなじみがないものの元ファミリーと
いう事で当時の英国ではメジャーなアーティストであったようです。

サウンドはブルース・ロックでカッコいい。
演奏は白熱してるわ、ヴォーカルは渋いわ、
どこをどう切り取っても聴き処ありです。
ヴォーカルで云えばクラプトンとウィンウッドどちらが歌っているか
まだよくわかっていないんですが…。
どちらかというとウインウッド色が強いのでしょうか。
オルガンの音に湿った英国っぽさを感じ
もともとプログレ好きの私の性に合います。

↓Had To Cry Today


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

レッドジャイペリン1
クラプトンさんよ、
ジミー・ペイジのようにもっと滅茶苦茶にやってもいいんだぜ
(東京都:剛田武さん)
tb: 0 |  cm: 6
go page top

Mean Mr. Mustard

Mean Mr. Mustard

1969年『アビー・ロード』収録のミーン・ミスター・マスタード。
ジョンの作品です。

『アビー・ロード』メドレーの中の1曲で
1分とちょっとという短さもあるがちょっと物足りない。
大した曲ではない気はするのだが
いかにもジョン的な歌いまわしでありテンポもいいしコーラスもいい。


英語的には meanに、嫌な、という意味があることを覚えました。

アビイ・ロード
アビイ・ロード

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

Maxwell's Silver Hammer

Maxwell's Silver Hammer

1969年『アビー・ロード』収録の
マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー。

ポールの曲でコミカルな曲調が楽しいです。
さぞ牧歌的な他愛もないかと思いきや・・・・。

バンバンッと銀の斧で人を撲殺していくというとんでもない詩です。

↓初期バージョン
パブでみんなで歌ってる感じ?これはこれでいいね!




アビイ・ロード
アビイ・ロード

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

どうにもならない望み

「どうにもならない望み」は
1969年クロスビー、スティルス&ナッシュのデビュー盤である
同名のアルバムに収録されています。

スティーブン・スティルス先生の作品で
非常に基本的なアコースティック・ギター1本での伴奏に
彼ら三人のハーモニーがかぶさります。

邦題がどうにもならない位のダウナーな感じですが
曲は美しい。

特にサビの部分での
三人の声が順にかぶさっていくところがとてもイイ!
最後にスティルスのみでeach other となるところもイイ!



↓どうにもならなくはない応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Crosby Stills & NashCrosby Stills & Nash
(2006/01/30)
Crosby Stills & Nash

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 0
go page top

グッバイ・クリーム

グッバイ・クリームグッバイ・クリーム
(2006/06/21)
クリーム

商品詳細を見る

グッバイ・クリーム ~ クリーム
1969年発表。

解散した後に発表されたアルバムです。

ホント、最近になって聴いたのですが強烈でした。

まずは、
クラプトンさん。すみませんでした。
といいたいです。

エリック・クラプトンについてはほとんど聴いていなくて
聴いたとしても”円熟”という表現があう70年中盤以降。

さらにはチャリティ・コンサートでの映像くらいしか知らず
正直なところ、なぜ三大ギタリスト?なんて思っていました。

クリームとしては「カラフル・クリーム」を聴いていましたが
このアルバムは個々の演奏としてより
曲のまとまりを重視しているような印象を受けていました。
ギターも地味目です。

しかし本作。1曲目の「アイム・ソー・グラッド」にやられました。

豪腕やけくそめちゃくちゃ力技。
圧倒的な演奏です。

クラプトンってこんな凄まじい演奏をする人だったんだ。

妙に歌もうまいせいでそちらに気をとられ
この凄さを体験していない人も多そうです。



↓凄まじく応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話