02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ヨーロッパ退屈日記

『ヨーロッパ退屈日記』
伊丹十三
ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)
ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)


1961年、俳優としてヨーロッパに長期滞在した著者は、語学力と幅広い
教養を武器に、当地での見聞を洒脱な文体で綴り始めた。上質のユーモア
と、見識という名の背骨を通した文章は、戦後日本に初めて登場した本格
的な「エッセイ」だった。山口瞳は本書をこのように推した。「私は、こ
の本が中学生・高校生に読まれることを希望する。汚れてしまった大人た
ちではもう遅いのである」。


帯の言葉がいい。

この人が「随筆」を「エッセイ」に変えた。
本書を読まずしてエッセイを語るなかれ。


1965年のデビュー作だそうです。
洒落た文章にうんちくをまぶし、自らのダンディズムを語ります。

といっても威張っていたりカッコつけてるわけでなく軽妙です。

他の作品見つけたらまた買おう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話