FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

新装版 食べられた男

『新装版 食べられた男』
阿刀田高



親友のS君が、ゾッとするほどの美人と結婚した。
そして1ヵ月、S君の足に、最初の変化が現れた――。
どこにでもいそうな人、いつでも起こりそうな出来事、
そんな日常の風景が少しだけ捻れた時、静かに恐怖が忍び寄る。
表題作「食べられた男」を始め、洗練された恐怖とユーモアの
ショートショート全41編。


「会社更生法」「笑顔でギャンブルを」等
ブラックな味わいのオチが冴える作品が好きです。

作品集としては前半、後半にオチが付くものが多く楽しめた。
ただ中盤は幻想的な内容の作品が多く、
いくら短いシュートショートとはいえ
読むのがしんどくなりました。

私は星新一作品で育っていますので
幻想、抒情、怪奇、これらでは納得しかねる場合も多いです。
阿刀田さん初め、都筑さん、眉村さんもそういった作品が多いですね。
(その点オチにこだわった星さんは別格です。)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
「カレー&ライス」の考えオチも良かった。
雑誌掲載時は「女体」だったらしい。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

日本語の冒険

『日本語の冒険』
阿刀田高
日本語の冒険 (角川文庫)


デジタル時代だからこそ、よい日本語を身につけたい。
コミュニケーションの齟齬を防ぎたい。
どんな時もついてまわる、言葉と日本語の問題に、
教養書の第一人者がユーモアたっぷりに迫る!


エッセイかと思いきや、すべて小説仕立てにしています。
こういったら怒られるでしょうが
小説にしたことで読みづらくなったと思いました。

せっかくの題材と内容なのに、って感じてしまいました。
すみません。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

猫の事件

『猫の事件』
阿刀田高
新装版 猫の事件 (講談社文庫)
新装版 猫の事件 (講談社文庫)


楽して簡単にお金を手に入れる方法はないものか。
子どもを誘拐して身代金。でも危険がいっぱいだ。
ある時、オレはひらめいた。
大金持ちのばあさんが溺愛している猫をさらって“猫質”にすればいい
――表題作「猫の事件」をはじめ、随所に潜む巧妙な仕掛けに
常識がひっくり返る全35編の傑作ショートショート集。


ショートショートといえば星新一、で育っています。
そんなわけでオチがはっきりとついているものが好みです。

好み以前にオチがなくてショートショートといっていいのやら。

いろいろショートショート集はありますが
ここらへんが不満な作品集はたくさんありました。
大御所でも、怪奇譚、幻想譚、悲哀を感じさせる人間ドラマ、
がメインでオチなしのものが多いのが実情です。

ところが、あまり期待していなかったのですが
本作、見事にオチがついています。捻っています。
さすが阿刀田高だ。良かった。
ショートショートはこうでなくては。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話