FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

三百年の謎匣

『三百年の謎匣』
芦辺拓



東方綺譚、海洋活劇、秘境探検――
1冊の奇書が導く、驚嘆の連鎖ミステリ

名探偵・森江春策のもとを訪れ遺言状の作成を依頼した老人は、帰りに
密室状態の路地で殺害された。老人から森江に託された大型の書物、
それは世界に1冊しかないという奇書だった――博覧強記の連鎖ミステリ


一冊の本に記された様々な不可思議な謎に満ちた冒険譚。
これらを最終的には現代の事件とともにお馴染み森江春策くんが解く。

この構成は生かして、もう少し各冒険譚をシンプルにしアニメ化どう?
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

名探偵・森江春策

『名探偵・森江春策』
芦辺拓



探偵小説に夢中の小学生・森江春策は、ある夕刻に見かけた洋館で、
謎の紳士と少女をめぐる不思議な事件に巻き込まれ、初めて“推理”を
披露した―その後も密室殺人に首なし死体、鉄壁の不在証明などの多種
多彩な不可能犯罪に遭遇する彼が、平凡な少年から名探偵へと成長を遂
げてゆく道程を年代記形式で描く本格ミステリ読者必読の連作短編集。


小学生から現在までの森江春策を描く連作短編集です。

黒死館テイストを散りばめる「幽鬼魔荘殺人事件と13号室の謎」が楽しい。

最終話「時空を征服した男」ではタイムマシンを利用したとしか思えな
い犯罪を強引に現実路線で解決してしまうところがミソでありながら
連作ならではの仕掛けもある作品。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 1
go page top

スチームオペラ

『スチームオペラ』
芦辺拓



蒸気機関を主な動力源とする大都会に暮らす少女エマは空中船“極光号”
の船長である父を迎えるため港への道を急いでいた。船内の一室で、ガ
ラス張りの“繭”に封じられた少年を発見し、解放してしまったエマは、
彼と共にその場に居合わせた名探偵ムーリエに弟子入りして都市で頻発
する不可能犯罪を調べることになり…。夢溢れる空想科学世界を舞台に
贈る傑作本格ミステリ!


蒸気機関で発達した文明での物語で、エーテル推進装置とかそんな言葉
も出てきます。そういった世界の中でのミステリですが、この作品でミ
ステリ的な驚きを得るには後半まで読まねばなりません。
ここまで読み続けられない人もいることも多いのではないでしょうか。

蒸気機関という設定での驚きと、もうひとつ人を喰った部分での驚きが
待っています。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

金田一耕助VS明智小五郎ふたたび

『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』
芦辺拓
金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび (角川文庫)


復員してきた金田一耕助がひらいた探偵事務所に
名門・柳條伯爵家の息子が訪れ、その後何者かに殺害された。
事件の嫌疑は金田一にかかっているようで……。
金田一耕助と明智小五郎、2大名探偵が事件に迫る!


二人もしくは金田一耕助が登場する短編が5作収録されています。

そして表紙絵は角川文庫の一連の横溝正史の表紙絵でお馴染みの
杉本一文。

今回の絵はなんだか諸星大二郎みたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

金田一耕助VS明智小五郎

『金田一耕助VS明智小五郎』
芦辺拓
金田一耕助VS明智小五郎 (角川文庫)
金田一耕助VS明智小五郎 (角川文庫)


昭和12年、大阪。老舗薬種商の鴇屋蛟龍堂は、元祖と本家に分かれ
睨み合うように建っていた。エスカレートする本家・元祖争いで起きた
惨事が大事件に発展するなか、若き名探偵・金田一耕助は、
トレードマークの雀の巣頭をかきむしりながら真相究明に挑む。
もう一人の名探偵・明智小五郎も同地に到着して―!?
豪華二大名探偵の共演作に、本文庫のための書き下ろし
「金田一耕助対明智小五郎」を加えた、目眩くパスティーシュワールド。


わかりずらいですが
本の表題は『金田一耕助VS明智小五郎』
収録作品は『明智小五郎対金田一耕助』と『金田一耕助対明智小五郎』

他に数篇収録。

大乱歩や横溝正史作品での「史実」を上手く絡めて作られたこの作品群は
ファンならいろいろな場面でニヤリとするのでしょう。
私もかなり読んでいる方ですが全く追いついていけません。
力作です。

表紙絵が杉本一文さんなところも嬉しいところです。

『金田一耕助対明智小五郎』では明智小五郎がこんなこと言ってます。

われわれ探偵の世界には、奇妙な不文律があって、
それは同業者が着手した事件には極力介入しないということなんです。


なるほどそうだったのか。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話