05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

プリオシーヌ ~ 細野晴臣

プリオシーヌ ~ 細野晴臣

1989年『オムニ・サイト・シーイング』収録曲
omni Sight Seeing
omni Sight Seeing

ふわふわと浮遊感があるような心地よい曲。
歌っているのは細野さんと福澤もろさん。

テーマといっていいメロディラインが
途中からいろいろな形で現れてくるところもイイ。



にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

日本の人 ~ HIS

『日本の人 ~ HIS 』
日本の人
日本の人

1991年発表
細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美の頭文字からHISなんでしょうね。
ほとんど細野さんは歌っていなく演奏とプロデュースでの参加です。

そういうことで聴きどころは、こぶしを効かせた坂本冬美さんと、
ある意味こぶし歌唱である忌野清志郎さんの歌声です。
ずばりこれはタイヘンな代物です。
私は二人のその他の作品はほとんど知らないのですが
このアルバムでの歌だけでとんでもない歌い手だと感じてしまいました。
この偉大な歌い手の競演で大仰になってしまうところを、
細野さんのテイストでユルサをもたせてまとめてしまったのが
このアルバムの持ち味のようです。

↓15年ぶりの初ライヴだそうで


ちなみに「CDジャーナル」データベースには
こんなこと書いてあるようです

ジャケットの坂本冬美のセーラー服姿がスゴクいやらしくて,
忌野清志郎もコレが見たいだけで,このユニットをつくったんじゃないか
と思わされる。

↓日本の人は応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

地平線の相談

『地平線の相談』

まずはこの装丁に驚く。
地平線の相談
地平線の相談

細野サンの『泰安洋行』じゃないすか!
泰安洋行(紙ジャケット仕様)
泰安洋行(紙ジャケット仕様)

そうです。細野サンと細野ファンの星野源さんの対談集です。

星野さんがなにやらお気楽な相談ごとを持ち込み、
それに対し細野サンがアドバイスなんだかどうだか
お気楽な返しをします。

このやりとりだけの対談集ですが二人の相性はぴったりなんでしょう。
ゆるーく、おおらかで、テキトーで、身にならない会話が心地よい。

読んでもなんにもタメにはならないと思うのですが
でものんびりとしたいい雰囲気の対談本です。

おまけ『泰安洋行』より「蝶々-san」


↓テキトーに応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

実は星野源さんってよく知らなかったのですが
すごい興味深い。
彼のバンド、サケロック、気になってきました。


tb: 0 |  cm: 6
go page top

はらいそ ~ 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド

はらいそはらいそ
(2005/03/24)
細野晴臣&イエロー・マジック・バンド

商品詳細を見る

1978年発表。
『はらいそ』

『トロピカル・ダンディ』『泰安洋行』に続く”トロピカル三部作”です。
さらにその前の『HOSONO HOUSE』とあわせて聴くと
世界音楽の旅といった趣にもなります。

名義は細野晴臣&イエロー・マジック・バンド。
(ユキヒロさんも教授も参加してます)
いよいよ西洋でも東洋でもないイエローというコンセプトが出てきました。
ジャケットもカラフルでいかがわしさとうさんくささ満点です。

”はらいそ”とはパライソ、パラダイスの事で天国の事。

本作発表の1978年は
横尾忠則とのコラボ『コチンの月』
そしてさらに、いよいよ『イエロー・マジック・オーケストラ』
も発表されます。
結構すごい年だったわけですね。

1.東京ラッシュ
歌詞の楽しさ、サウンドの豪華さ、に適度なファンキーさも加わり
アルバムトップに相応しい結構珍しい”ご機嫌な”ナンバー。
ヴォーカルもクールであったりとぼけていたり変幻自在です。

2.四面道歌
東洋系の不思議なメロディを持つ曲で聴けば聴くほど味わいがでてきます。
細野サンのヴォーカルがやはりすばらしい。

3.ジャパニーズ・ルンバ
グレン・ミラーのカヴァーでインチキ・ジャパニーズっぽいヘンな曲。
これは全うな評価外?

4.安里屋ユンタ
沖縄民謡を抜群のアレンジでまとめあげたこれも一聴忘れがたい曲です。

5.フジヤマ・ママ
これもカヴァーですがやはりインチキ・ジャパニーズ・ソング?
アメリカンなサウンドです。

6.ファム・ファタール~妖婦
こちらは名曲「ハリケーン・ドロシー」を思わせる妖しく輝く曲。
中近東っぽいサウンドです。

7.シャンバラ通信
シャンバラですのであちらの民族楽器っぽい音色で奏でられるインスト曲。

8.ウォリー・ビーズ
でました”悩みの種”
煌くサウンドと心地よいリズムにのり、軽やかなヴォーカルで歌われます。
大好きな曲です。

9.はらいそ
ドリーミーで美しく、哀愁味も備えた完璧なメロディ。詞もお洒落。
スタンダード・ナンバーかと思わせるほどの風格がありますが
フェイド・アウト後に一撃があります



本作は名盤であるのですが、名盤であることを否定しているような
ふざけた雰囲気とごった煮サウンドが魅力の超強力盤です。


↓悩みの種を数えながら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ちなみに
”みんなぱらいそさいくだ! おらといっしょにぱらいそさいくだ!! ”
は諸星大二郎先生の「生命の木」のハイライト・シーンです。


tb: 0 |  cm: 4
go page top

三時の子守唄 ~ 細野晴臣

細野サンの1975年の名盤『トロピカル・ダンディ』収録「三時の子守唄」
ロマンチスト細野晴臣の名曲「三時の子守唄」です。

グッときますなあ。

しみじみイイ曲。




↓グッときたら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

トロピカルダンディー(紙ジャケット仕様)トロピカルダンディー(紙ジャケット仕様)
(2000/12/16)
細野晴臣

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話