FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

謎の館へようこそ 白

『謎の館へようこそ 白』



テーマは「館」、ただひとつ。
今をときめくミステリ作家たちが提示する「新本格の精神」がここに
ある。奇怪な館、発生する殺人、生まれいづる謎、変幻自在のロジック!
読めば鳥肌間違いなし。謎は、ここにある。新本格30周年記念アンソロ
ジー第二弾。
収録作品:
東川篤哉『陽奇館(仮)の密室』
一肇『銀とクスノキ ~青髭館殺人事件~』
古野まほろ『文化会館の殺人 ――Dのディスパリシオン』
青崎有吾『噤ヶ森の硝子屋敷』
周木 律『煙突館の実験的殺人』
澤村伊智『わたしのミステリーパレス』


『陽奇館(仮)の密室』
ギャグが冴えているところはさすがです。
親指ソフトキー”云々ギャグはまさに「新本格の精神」か

『噤ヶ森の硝子屋敷』
偉大なる一発ネタ。まじめにやるところが素晴らしい。
そういわれると伏線だらけ。

『煙突館の実験的殺人』
さらに強烈な一発ネタ。
物理トリックというか等時性の公式というのが出てくる。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

白異本

『白異本』
外園昌也
白異本 (廣済堂モノノケ文庫)


「犬神」「エマージング」などの数々の話題作を手がけたホラー漫画家
・外薗昌也氏が今年も実話怪談を発表。
昨年刊行と同時にホラー好きをも震撼させた『黒異本』に続き、
「黒い人」の話、『赤異本』舞台化にまつわる怪異など、
更にパワーアップした背筋も凍る怪談の数々を披露する。
読後、具合が悪くなります。


本書を『黒異本』と一緒に買い、その『黒異本』読後、
当てられてしまったのかこの『白異本』もつい読み始めてしまった。
一日で2冊読了はなにかとマズいんじゃないかと自主規制し
いったん途中で読むのをやめ(でも8割がた読んでしまった)ましたが
次の日やはり気になり読み終えてしまいました。

『黒異本』出版後日談である読者に起こる怪異についての話があり
そこもかなりコワかったですが、やはり「黒い人」がキく。

ここには禍々しく歪んだ世界があり理解不能。
本当にコワい。

読後ヘンな事は起こっていませんが気にはしていました。
何ともなくて良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

これら『黒』『白』以前に『赤』が別会社より出版されていたそうです。
見つけたら買ってしまうんだろうな。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

白と黒

『白と黒』
横溝正史
白と黒 (角川文庫)
白と黒 (角川文庫)

毎度お馴染み金田一耕助モノですが舞台は東京、しかも団地。
ということで昭和30年代あたりの現代的な作品です。

地方の因習や過去に遡る人間関係はないのですが
それでも多くの人間が団地内外で入り組みあい、
無個性な人物群であることもありやはり複雑です。

しかしこの複雑な構図がきれいにまとまっていくので
ほぼ後半までのパズラーとしてはよく出来ているほうかもしれません。

但しラストの真犯人は驚きですがその解明はシーンはあっさりしすぎで
パズル的に正しいかの検証は作品内でもおろそかの気がします。

おどろおどろしさは無く、金田一耕助も精彩に欠けているので
代表作ではなく、団地を舞台にした”意欲作”という評価が
無難なところなんでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話