03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

密室殺人ゲーム・マニアックス

『密室殺人ゲーム・マニアックス』
歌野晶午
密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社文庫)
密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社文庫)


“頭狂人”“044APD”“axe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。
奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で仕掛ける推理バトル。
出題者は実際に密室殺人を行い、トリックを解いてみろ、
とチャットで挑発を繰り返す。謎解きゲームに勝つため、
それだけのために人を殺す非情な連中の命運は、いつ尽きる!?


もともと3部作を想定していたこのシリーズの
番外編という位置づけのようです。
前2作に対して本が薄い。

このネタを持ってくるには番外編としなければなかったのでは?
という内容です。
(つまらないという意味ではなくて仕掛けが)

完結編ではまた別のチームが描かれるんでしょうか?

2011年に本作は発表されていますがその完結編はまだのようです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 1
go page top

密室殺人ゲーム2.0

『密室殺人ゲーム2.0』
歌野晶午
密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)
密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)


あの殺人ゲームが帰ってきた!
ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。
その凝りに凝った殺人トリックは全て、
五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。
トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。
名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。
<本格ミステリ大賞受賞作>


前作『王手飛車取り』より若干厚くなっている!
全作ラストとのつながりに違和感がありますが読み進めます。
途中でこの仕掛けはわかりますが、
後半はこの仕掛けがもう一回ひっくり返されるのではないかと
ヘンに期待しすぎてしまいました。

今回も「切り裂きジャック三十分の孤独」「密室よ、さらば」と
強烈な作品がありました。
ただ作品自体の仕掛けを期待してしまったので
この分厚い本のラストのカタルシスについては
ちょっと物足りなかったと感じてしまいました。

本格ミステリ大賞受賞とは各編の本格の論理への評価なんですね。
強烈。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

密室殺人ゲーム王手飛車取り

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』
歌野晶午
密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)
密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)


〈頭狂人〉〈044APD〉〈aXe〉〈ザンギャ君〉〈伴道全教授〉。
奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。
ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの
現実に起きた殺人なのである……。
リアル殺人ゲームの行き着く先は!?
歌野本格の粋を心して堪能せよ!


何年か前に読んだ作品だが、続編の『2.0』『マニアックス』を購入。
ならば初めからもう一度読まねばと再購入しました。
(もしかすると家のどこかにあるかもしれないが探しだせない)

試したいトリックがあるから殺人をする、
という設定は当然馴染めなく(それが狙いなんでしょう)、
登場人物の会話口調も気になるのですが
だんだんと面白くなっていくところは前回の感想と同じです。
そして圧巻は後半の「求道者の密室」以降です。
くらくらっとしてきます。
ゲーム性を突き詰めるという前提だからこその
おおネタの炸裂。驚きます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

動く家の殺人

『動く家の殺人』
歌野晶午
新装版 動く家の殺人 (講談社文庫)
新装版 動く家の殺人 (講談社文庫)


青年探偵・信濃譲二シリーズ
青年探偵はなぜ殺されなければならなかったのか!?「家」シリーズ完結! 傑作本格推理第3弾

名探偵・信濃譲二は、とある小劇団にマネージャーとして参加し、
万能ぶりを発揮し始める。だが、特別公演
「神様はアーティストがお好き」の初日、惨劇の幕が切って落とされた。
次第に疑心暗鬼になっていく団員達。6年前の稽古中の死亡事故と関係が?
信濃が命をかけて謎解きに挑む、傑作本格推理第3弾。


『長い家の殺人』『白い家の殺人』に続く3作目『動く家の殺人』。
歌野晶午の初期の作品群ですが、すでにオーソドックスなミステリから
逸脱しつつあります。

あれやこれやタイトルや紹介文やいろんなところにひっかけがあります。

「家」シリーズ3作と前日譚『放浪探偵と七つの殺人』で
信濃譲二シリーズは終わります。

本作はシリーズ名探偵モノ、というミステリのフォーマットからの決別
というテーマで書かれたんですね。
新装版での著者による前書きと霧舎巧さんの解説に詳しい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

白い家の殺人

『白い家の殺人』
歌野晶午
新装版 白い家の殺人 (講談社文庫)
新装版 白い家の殺人 (講談社文庫)



冬の八ヶ岳山麓の別荘で、猪狩家の令嬢・静香が逆さ吊り死体で発見
された。凄惨な密室殺人は別荘を恐怖の渦に巻き込み、そして第2の
被害者が出てしまう……。
1冊の日記帳によって明らかになる猪狩家の悲しく暗い過去。
事件解決に挑む青年探偵・信濃譲二は完全犯罪を暴けるのか!?
傑作長編推理第2弾。


まずはショッキングな密室殺人が度肝を抜く。
逆さまに吊らされた死体。明らかに他殺なのになぜ密室なのか。
いわゆる物理トリックを配置しつつさらにもうひとひねりある。

前書き(新装版)によると「嵐の山荘モノ」を目的としたそうだ。
古典的なミステリガジェットが詰め込まれている。

1作目の『長い家の殺人』よりも好みかも。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話