04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

名探偵の呪縛

『名探偵の呪縛』
東野圭吾
名探偵の呪縛 (講談社文庫)
名探偵の呪縛 (講談社文庫)


図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一に
なっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、
「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の
正体は? そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の
主人公が長編で再登場。


本格ミステリのお約束事項をネタにするところは
前作『名探偵の掟』同様ですが、
本作は笑いの要素は無くなっています。

東野圭吾さん自身と思えるミステリ作家が、
『本格推理』という概念がない世界へ名探偵として転生します。

終章では、この世界の意味合いと、東野圭吾さん自身の本格推理小説への
向き合い方ととれる内容が出てきて非常に興味深い。

意外に重い内容の小説でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

名探偵の掟

『名探偵の掟』
東野圭吾
名探偵の掟 (講談社文庫)
名探偵の掟 (講談社文庫)


完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットから
ハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。
すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、
恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、
業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。


本格ミステリ自体をネタにしています。

密室
意外な犯人
閉ざされた空間
ダイイングメッセージ
時刻表
二時間ミステリドラマ
バラバラ死体
一人二役
叙述ミステリ
首なし死体など・・・

こんなところを登場人物にご都合主義などと
言わせたりして皮肉っています。

登場人物も”名探偵”と”とんちんかんなことを言う警部”
がレギュラーですが、この二人、互いに小声で、
”密室宣言するのもうやだ”とか
”次はアレがそろそろくるだろ”とか”メタ発言を繰り返します。
さらには、ちゃんと推理する読者なんていないとか、いろいろ言い放題。

読んでてニヤニヤします。
私も読んでいて推理なんぞせず、探偵役の解決をなるほどそうなんだなあ
などと深く考えないで読んでいる読者です。

まずは本格ミステリあるある的な読み方で楽しめます。
しかし作者東野圭吾さん自身は真剣に”本格”を考え
自らのミステリ観を変えていったようでもあります。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

本格力

『本格力』
喜国雅彦・国樹由香
本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド
本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド


本格ミステリ誕生175年目の衝撃!
日本推理作家賞受賞作家が放つ
今まで見たことのないブックガイド!!

○本当にお薦めしたい古典ミステリを選ぶ「H-1グランプリ」
○読んで書いて覚える「エンピツでなぞる美しいミステリ」
○本棚探偵が街で見つけた謎「ミステリの風景」
○みすを名言・格言集「ほんかくだもの」
○名作をイラストで紹介「勝手に挿絵」
○喜国雅彦の本を楽しむ姿を描く「国樹由香の本棚探偵の日常」

蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲
蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲

(「エンピツでなぞる美しいミステリ」コーナーより)



本棚探偵こと喜国雅彦さんの愛に溢れる古典ミステリへのリスペクト、
だけでなく、どんな有名作であってもつまらないものはつまらないと
紹介しています。結構スゴイな。この企画。
この企画の裏側も中盤からわかってきます。

儂「坂東善博士」と、普通の女子高生「りっちゃん」の対話形式で
進められ、意見が分かれたりもします。
都度、この企画の為にちゃんと読んで、どこが面白い、どこがダメだと
はっきりいうのでダメでもほんとにダメなのかと逆に興味がわいたりし
ます。

本当に楽しい読書タイムでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

天城一の密室犯罪学教程

『天城一の密室犯罪学教程』
天城一
天城一の密室犯罪学教程
天城一の密室犯罪学教程


「幻の探偵作家」の初作品集。
理論と実践で提示する“本格推理の真髄”がここにある!
摩耶正シリーズ全短編収録。


かつて「高天原の犯罪」を何かのアンソロジーで読んだ。
文章がすっと頭に入ってこない。難解だ。
本作はその作者の初の作品集で気になっていた。
神保町古書街散策の際、見つけて購入。うれしい。

難解だ。わからない。エンターテインメント性はなし。
余計な事は書かないらしく文章は硬い。
そのくせ犯罪の舞台設定は書き込んでいる。
時代背景を知っているとより楽しめるはずだ。

とまあこんな感じでムズカシかったので内容は覚えていません。
でもこういう本を選ぶ自分も含め満足してしまうのが面白い。

天城一氏は数学者で大学教授。その関係か本作の版元は日本評論社。
この硬さもなんかいいし、装丁のクールさもカッコいい。
”本”としての所有欲を満足させてくれます。

帯の推薦文もいい。

二十世紀に成し遂げられるべきであった重要な宿題が、
やっと今、果たされた! 

 (喜国雅彦)

密室トリックの奥義を究め、その秘密を解き放った伝説の男
逆説と風刺に満ちたロジックの一閃が、現世の壁に奇蹟の扉を切り開く。
時代を超えた輝きを放つ、純粋本格の至宝。

(法月倫太郎)

これは読みたくなるでしょう。”純粋本格”いかした表現です。

構成は三部構成。
密室犯罪学教程実践編(短編小説集)
密室犯罪学教程理論編(上記の小説と対をなす密室ミステリの評論)
毒草/麻耶の場合(麻耶正を探偵役とした密室ミステリ集)

おすすめはしません。
この本を理解できたという人はむしろうさん臭い。
私の読解力不足を棚に上げて言うと
なんだかわからないが圧倒された、これで充分なのではないか。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 2
go page top

凍れる女神の秘密

『凍れる女神の秘密』
本格ミステリ作家クラブ・編
凍れる女神の秘密 本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)
凍れる女神の秘密 本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)

毎度お馴染み本格短編ベスト・セレクションです。

大山誠一郎「佳也子の屋根に雪ふりつむ」が良かった。
この人『アルファベット・パズラーズ』の作者だったんですね。

あとは黒田研二「我が家の序列」
なんだかいいお話だ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話