FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

日本語の冒険

『日本語の冒険』
阿刀田高
日本語の冒険 (角川文庫)


デジタル時代だからこそ、よい日本語を身につけたい。
コミュニケーションの齟齬を防ぎたい。
どんな時もついてまわる、言葉と日本語の問題に、
教養書の第一人者がユーモアたっぷりに迫る!


エッセイかと思いきや、すべて小説仕立てにしています。
こういったら怒られるでしょうが
小説にしたことで読みづらくなったと思いました。

せっかくの題材と内容なのに、って感じてしまいました。
すみません。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

日本語は天才である

日本語は天才である (新潮文庫)日本語は天才である (新潮文庫)
(2009/09/29)
柳瀬 尚紀

商品詳細を見る

『日本語は天才である』


縦書きも横書きもOK。
漢字とかなとカナ、アルファベットまで組み込んで文章が綴れる。
難しい言葉に振り仮名をつけられるし、
様々な敬語表現や味わい深い方言もある。
言葉遊びは自由自在──日本語には全てがある、何でもできる。
翻訳不可能と言われた『フィネガンズ・ウェイク』を
見事に日本語にした当代随一の翻訳家が
縦横無尽に日本語を言祝ぐ、目からうろこの日本語談義。




という事で楽しい日本語エッセイのはずですが
紹介される事例が結構高度でムズカシイ。

ちりばめられる駄洒落や言葉遊びの類も
面白さというより巧さのほうでしょうか。

内容は高度な言葉遊び集って趣です。
この高度な言葉遊びが出来るところをして
日本語は天才である、といっているわけです。

確かに天才だ!

高校生にも読めるように、出来れば中学生にも、
という意向だったようですが
これは教養ある大人向けの本かも。

私はまだまだ教養足りません。

でも手元においてなにかと目を通したいかも。

↓日本語読める方は応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

今日の1曲:春よこい ~ はっぴいえんど

はっぴいえんどはっぴいえんど
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

記念すべき、はっぴいえんどのファーストの1曲目
はっぴいえんど臭さぷんぷん漂います。

お正月といえば
炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら
歌留多をしていたものです


日本語ロックを追い求めた彼らの素晴らしいこの日本的な感覚。
もうこれ以上ないくらいサウンドと一体化している気がします。
松本隆の詩は非常にユニークです。

大瀧詠一の搾り出すようなヴォーカルに
それに覆いかぶさる鈴木茂の重くけだるいギター。

今聴いてもはっとする何かがありますね。

だけど全てを賭けた
今は唯やってみよう
春が訪れるまで
今は遠くないはず




↓時期外れですが応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話