07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

新本格謎夜会

『新本格謎夜会』
綾辻行人+有栖川有栖=監修
新本格謎夜会(ミステリー・ナイト) (講談社ノベルス)
新本格謎夜会(ミステリー・ナイト) (講談社ノベルス)


綾辻行人、有栖川有栖両氏からの挑戦状!
新本格誕生15周年記念。ミステリファン必読!

綾辻、有栖川両氏をはじめ、多くの推理作家の作品から盗作を繰り返して
いた男が密室の中で殺された。
しかも、部屋の鍵は男の口の中に入れられていた!
――新本格誕生15周年を記念して行われた謎解きイベント&トークショー
をここに完全再現!


このイベントが行われたのが平成14年なので、現在では新本格誕生から
30年近くたった事になります。
私もこの間新本格を読み続けてきたんだなあ、と感慨深い。

本企画でのトークショーに参加された作家は

綾辻行人
有栖川有栖
山口雅也
竹本健治
二階堂黎人
倉知淳
法月綸太郎
我孫子武丸
麻耶雄嵩
太田忠司
西澤保彦

ゲストに喜国雅彦とヒロ・サカイ、司会が九十九一とすごい面子です。

このトークショーの紙上再現だけでも読む価値大です。
しかし九十九一の進行がうまい。並み居るミステリ作家を翻弄させる
ような司会ぶり。でも最近はあまり名をお見掛けしませんね。

さて本書のキモは実際に行われた謎解きイベントの再現です。
こちらは実際に使用された図や写真をふんだんに織り込むという趣向。
こちらも楽しいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

長い家の殺人

『長い家の殺人』
歌野晶午
新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)


消失死体がまた元に戻る!?
完璧の「密室」と「アリバイ」のもとで発生する、
学生バンド“メイプル・リーフ”殺人劇。
「ミステリー史上に残ってしかるべき大胆なアイデア、
ミステリーの原点」と島田荘司氏が激賛。
この恐るべき謎を、あなたは解けるか?
大型新人として注目を浴びた鮮烈なデビュー作。


新装版ということで再読しました。
これはノベルス版で発売当時に読んでいます。

どろどろした人間関係もなく読みやすいなあ、と思いました。

メインとなるトリックですが昔も思いましたが今も思うのは・・・

”これは気付くよ”

パズルとしては良く出来ているのですが
これで犯罪を実行しようとは思えないなあ。

一度ならず二度も同じこのトリックで勝負を賭けるのはなんとも。

なんてところはありますがやはり”新本格”いいですね。

さて作中、探偵役の信濃譲二が
「おお、これだ!考えごとをする時のBGMはこれにかぎる。」
といっていたのがコレ。

↓キング・クリムゾン「21世紀の精神異常者」


考えごとできへん。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

新本格猛虎会の冒険

『新本格猛虎会の冒険』
新本格猛虎会の冒険


熱烈な阪神タイガース・ファンの推理作家たち――
有栖川有栖、いしいひさいち、北村薫、黒崎緑、小森健太郎、白峰良介、
そしてE・D・ホック、逢坂剛(序文)、佳多山大地(解説)
というラインナップによる全編書下し。


まったく阪神ファンではないし野球も見なくなって久しいので
阪神でなく”新本格”と東京創元社でノベルスサイズの本という
珍しさから買いました。

1985年という年は阪神ファンにはアレな年だったようですが、
それをネタにした「一九八五年の言霊」(小森健太郎)が良かった。
これはアンチ巨人ファンにはさらに楽しいハズ。

エドワード・D・ホックの「黄昏の阪神タイガース」これ本当?
訳者の木村二郎さんの創作なのではないのかなあ。

北村薫の「五人の王と昇天する男達の謎」は、なぜか主役は有栖川有栖。

その有栖川有栖の「猛虎館の惨劇」はユーモアをまぶしながらも
さすがはこの作者と思わせる出来で一番”新本格”ぽかった。

阪神というより阪神ファンを自らおちょくっているような部分が多く
これは自虐的な阪神ファンのイメージどうり?

ところでこの本の初版は2003年3月。
この数年来までの阪神はかなり弱かったようですが2003年度はリーグ優勝
したようです。売れたのかな。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

時計館の殺人

『時計館の殺人』綾辻行人
日本推理作家協会賞受賞作全集〈68〉時計館の殺人 (双葉文庫)
日本推理作家協会賞受賞作全集〈68〉時計館の殺人 (双葉文庫)

多くの死者の想いこもり、少女の亡霊が徘徊するという時計館。
訪れた九人の男女を待ち受けるのは無差別殺人!? 悪夢の3日間の後、
生き残る者は果たしているのか。――
最終章80頁にわたって次々に解明されるめくるめく真相。
これほど悽愴絢爛たるクライマックスを持つ本格ミステリが、
かつてあっただろうか!?


と煽りに煽っています。

再読です。
新本格ムーブメントにのってこの頃の講談社ノベルスの作品は結構読んで
います。当然ながら本作は読んでいて、本作のキモというか大技は忘れて
いなかったのですが、それでもなぜか犯人を忘れて(トリックから考える
と忘れる方がおかしい)いたので楽しく読めました。
閉ざされた館の中での殺人ですが秘密の通路があったりしてそこは残念で
すがそこからのひねりが素晴らしい。初読時は衝撃を受けました。

トリックもさることながらラストの時計館そのものの終焉も映像的で鮮や
かでした。

以前に、もう一度「館」シリーズを全作読み返したいと記事に書いたこと
がありましたが手持ちはどうも全て処分していたようです。
モッタイナイ!
今回の”時計館”は日本推理作家協会賞受賞作全集として改めて購入した
ので読めた次第です。

どうしよう。文庫で買いなおすかな。

↓煽って応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話