FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

病棟の道化師

『病棟の道化師』
遠山雅



この世で最も死が生まれる場所、それが病院である。「誰もいない病室
から鳴るナースコール」「てんかん発作の原因となっていた生霊」
「病院の詰め所にやってきた男の子の正体」「仮眠室に現れた黒いピエ
ロ」など、現役看護師の著者が蒐集した五十二個の体験談。


外園昌也さんの実話怪談本が好きです。好きというか禍々しさが強烈で
強い印象が残っています。
その外園本の中で”白い人”としていくつかの怪談を提供していたのが
この『病棟の道化師』の著者です。
(外園さんは監修として名を連ねています)
現役看護師という事で病院での怪談が多そうで、もし入院することにな
って思い出しでもしたらイヤだなと思ってずっと購入を見送っていまし
たが、怪談ジャンキーのケが少しはあるのでついに読んでしまいました。

なぜか清らかな印象を放つ、とは外園さんの弁ですがまさにそんな感じ。
コワいけどイヤな感じはないです。

病院内での怪談だけでなく、医者や患者の病院を離れてでの怪談も多い
ので飽きるという事もなく面白かったです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

怪談実話傑作選 弔

『怪談実話傑作選 弔』
黒木あるじ
怪談実話傑作選 弔 (竹書房文庫)


実話怪談単著デビューから六年、1000話以上の怪談を送り出してきた
黒木あるじの初のベスト傑作選がいよいよ登場!
厳選された最恐の59編と書き下ろし6編を収録。
どこまでも冥く底が見えない怪異を描く怒濤の黒木ワールドを、
これでもかと堪能できる珠玉の一冊。


これは良かった。
この手の作品は書き手の相性があると思いますが
私は黒木さんの文章はすんなりと入ってきます。

で、
「十円」・・・これは強烈にコワい。こういうのダメ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話