02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

帽子収集狂事件

『帽子収集狂事件』
ジョン・ディクスン・カー
帽子収集狂事件【新訳版】 (創元推理文庫)
帽子収集狂事件【新訳版】 (創元推理文庫)


“いかれ帽子屋”による連続帽子盗難事件が話題を呼ぶロンドン。
ポオの未発表原稿を盗まれた古書収集家もまた、その被害に遭っていた。
そんな折、ロンドン塔の逆賊門で彼の甥の死体が発見される。
古書収集家の盗まれたシルクハットをかぶせられて…。
比類なき舞台設定と驚天動地の大トリックで、全世界のミステリファンを
うならせてきた、フェル博士シリーズを代表する傑作。



とかく有名な作品ではあるが、それほどの傑作でもないのかな、
というのが正直な感想でした。

犯行現場であるロンドン塔の平面図があるのだが、
これがわかりにくい。高さ、でっこみへっこみの立体感が全く掴めない。
日本家屋ならイメージが持てるがロンドン塔ではね。

これはあの部分だけでもいいので立体的な図にすべきだと思うんですが。
直していただけませんか。

数作しかカーは読んでいないけれど、そしていずれも面白かっただけに
そしてこれは有名な作品だけにちと残念。

えらそうにすみません。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

帽子、ポオの未発表現行がある絡み方をしますがここは面白かった。
そして張り巡らされた伏線も複雑に絡み合っていた・・・・
って結構よかったのかな。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話