09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ツングース特命隊

『ツングース特命隊』
山田正紀
ツングース特命隊 (講談社文庫)


1908年、中央シベリアの奥地ツングースで、謎の大爆発が発生。
日本軍謀略戦の総帥明石大佐から、この謎の解明をせよとの密命を受けた
武藤淳平たちは、さまざまな試練を乗り越え、“地獄”の地シベリアへ
たどりついた。だが、彼らを待ち受けていたものは、怪憎ラスプーチンや
妖術師グルジェフたちの恐るべき陰謀だったのだ…。
秘境冒険小説の傑作。


えーと、確かツングースの大爆発って史実だよなと、
今検索していたらツングースでなくツングースカ。
ずっとツングースだと思っていたのに。

さて本作はこのツングースの爆発を日本軍の依頼で調査することになった
男たちの冒険小説です。
まず、日本軍が絡むあたりからハードボイルドや諜報冒険小説っぽい味が
ありここらへんは山田正紀、まったくもって巧い。
一癖も二癖もある男たち。仲間になったものの信じきれない関係性。
リアルな描写についつい惹き込まれます。
そして後半、ツングースの奥地にたどり着いたあたりからは
SF的奇想が入ってきます。
大爆発の要因も推測され、またその目的(とある意思あり)も推測され
このあたりはまさにいつもの山田正紀。

結末があるようでないような食い足りなさがありますが
やはり読むと止まらぬ山田作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

竜の眠る浜辺

『竜の眠る浜辺』
山田正紀
竜の眠る浜辺 (ハルキ文庫)
竜の眠る浜辺 (ハルキ文庫)


百合ケ浜町が、突然濃い霧に覆われた。
気がつくと、この町からは誰も出られなくなっており、
ティラノサウルスが闊歩する白亜紀の世界へタイムスリップしていた。
町の成り上がり久能直吉と二代目直己、
変わり者でなまけ者の文筆家田代、孤独なタバコ屋のシズ婆さん―
町のさえない人々が、もう一つの世界でファンタジックな青春幻想を抱く
もう一つの人生…。SF長篇の傑作。


SFの設定ではありますがその説明などありません。
なにしろ登場人物で説明できる人など誰もいません。
作者も説明しません。ただただ現象あるのみ。

普通の人々(しかも無気力に生きている人々も含め)の再生の物語
といった内容です。
山田正紀自身愛着ある作品といっているとおり、何か暖かい。

恐竜に戦いを挑むシズ婆さんのネコもいいキャラとなってますなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 2
go page top

屍人の時代

『屍人の時代』
山田正紀
屍人の時代 (ハルキ文庫)
屍人の時代 (ハルキ文庫)

『人喰いの時代』の続編となる2016年の作品。
続編といっても短編集なので特に繋がりがあるわけでは無いようです。

文庫裏表紙の紹介分がスゴイ。

本来発売されることは無かった幻の書籍まさかの発売。
『人喰いの時代』の衝撃再び。


文庫本ですが解説頁がなくこれ以上の状況はわからないのが残念。
ただ収録作1作は2016年にWEB連載で他三作は書き下ろしとの事で
完全に今の山田正紀の作品であるようです。

さて内容は・・・・・・
不可能趣味や異様な雰囲気が溢れていますが、
それらをしっかり回収する山田正紀の本格ミステリそのものです。

1988年の『人喰いの時代』を山田ミステリの最初期の作品とすれば
なんと数十年後またしてもあの妖しいミステリを書いてくれる
というのは大変うれしい。

呪師霊太郎というキャラクターも面白いが
キャラに依存するタイプの作品ではなく構想をひねるのが大変でしょうが
また何作か書いてほしい。

本当に面白かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

夢の中へ

『夢の中へ』
山田正紀
夢の中へ (ふしぎ文学館)
夢の中へ (ふしぎ文学館)


しつこい強請屋が、ある日突然死んでしまった。
朝までに危険な証拠をみつけなければ、身の破滅だ。
男は必死で強請屋の足跡を追うが…。
我々が強固な現実と信じて疑わない日常に音高く楔をうちこみ、
直木賞候補となった異色の連作「少女と武者人形」全12話。
ほかに「暗い夜、悲鳴が聞こえる」「旬の味」「カレンダー・ガール」等
単行本未収録の秀作11篇を厳選し、
さらに奇妙な味の傑作「雪のなかのふたり」をくわえた逸品ぞろい。


ふしぎ文学館シリーズの山田正紀作品集です。
この本の中には短編集『少女と武者人形』がまるまる入っています。

「友達はどこにいる」
いきなりやられました。これは心に響く。
ほんの少額5,000円を長期的に恐喝してくる老人。
この老人が主人公の目の前で死んでしまいます。
死んだら友達にあずけた文書が公開される手筈という事で
主人公による友達探しが始まり、
このなかで老人の寂しい生活が浮かび上がってきます。

べつに悪いことをしたわけでもないのに、
いや、悪いことなんてできっこないのに、
どういうわけか世間から忘れられて、
だれひとりとして気にかけてくれる人もなく、
ヒッソリと片隅で生きているお年寄りに・・・・・


いきなり泣ける。


「回転扉」
回転扉をくぐりT-ホテルの中に入るのが成功者。
回転扉にはじき返された若者と過去に回転扉に係ったものたちの話です。
哲学的に語られる回転扉とそれぞれの人生。
深いものがあります。


「ネコのいる風景」
ネコを可愛がっている家に、赤ん坊が授かると、
ネコと赤ん坊で”運”をとりあうのですよ。


「撃たれる男」
殺し屋なのだろうか。撃たれた際に記憶をなくしたようだ。
自分はだれで、また狙っているのは一体誰なのか。
奇妙な余韻を残す作品です。


「ねじおじ」
ずっと競歩をし、ねじで巻かれたようだと揶揄されているねじおじさん。
働かないので実家の牛乳屋をつぶしたらしい。
そんな彼に自分をあわせるやり手のサラリーマン。
悲哀のあるサラリーマン小説です。


「少女と武者人形」
少女、叔母、父、この関係性に破綻が生じそうなとき。
怪奇小説の雰囲気を出していますが、怪異は父から少女が見えなくなる
というもの。いろいろな暗喩があるのでしょうが読み切れませんでした。


「カトマンズ・ラプソディ」
山男と恋人の別れ。こんなのも書くんだ山田正紀。


「遭難」
嵐の中、山道で事故を起こした主人公。
助けをを求めるもなかなか車は止まってくれない。
異様な展開を見せると思いきや結局主人公は助かるが
二度と昔に戻れない自分に気付く


「泣かない子供は」
もうすぐ子供が生まれる男。自分が子供のころの思い出を振り返る。
ホラー的な展開かと思ったが全く違う短編。


「壁の音」
壁の音を聞くと人が死ぬ。これもホラーっぽいタイトルだが違う。
無気力に生きるしかなくなった女性の話。


「ホテルでシャワーを」
異国でホテルを探すためタクシーに乗り込む男と執拗に女性を紹介して
くる運転手。


「ラスト・オーダー」
バーをたたむ男、職にあぶれた老人、別れを切り出された若い女性。
それぞれのラスト・オーダーを描く。ほろ苦い。
こういった小説を何というのか。上手い。


ここまでは短編集「少女と武者人形」と同じ内容です。

ここからは短い作品が収録されています。
サラリーマンや中年の悲哀をテーマにしたものからSFテイストまで
多彩です。ネコ好きにはたまらない作品もあります。

「十三時の時計」
「思い出酒場」
「暗い夜、悲鳴が聞こえる」
「織女と牽牛」
「ネコ・レター」
「生まれながらの敵」
「硬貨をもう一枚」
「狼がきた」
「旬の味」
「犬を連れたおじさん」
「カレンダーガール」
「雪のなかのふたり」

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


注文枚数よりもついつい多く書いてしまう山田正紀先生の
枚数を抑えた?短編集です。



tb: 0 |  cm: 0
go page top

氷河民族

『氷河民族』
山田正紀

↓私が買ったのは1977年ハヤカワ文庫版ですが。
氷河民族 (角川文庫)

山田正紀初期の作品です。

謎の若い女性とそれに係る事件に関わることになった中年男の物語です。
設定や文体はハードボイルドです。
そしてここに”吸血鬼”を絡めSF的な展開になっていきます。
いわゆる”吸血鬼”がなぜ血を必要とするのか、について
冬眠という考えからある推論を出しています。
今まで読んできた吸血鬼ネタの小説には無かったような説ですが
妙に説得力がありました。

話は国家的陰謀に膨れ上がりますが、
登場人物たちは主人公の敵であれ見方であれこの陰謀のコマでしかなく
そういった悲哀も感じさせてくれる小説でした。

ハードボイルド、SF、そして冒険小説の要素を詰め込んだ
若かりし山田正紀の才気が溢れだしたかのような傑作です。

私が読んだハヤカワ文庫版は『氷河民族』で
後のハルキ文庫版では『流水民族』になったようです。



ある雨の夜、ドライブ中の私は、突然飛び出してきた少女を
はねてしまった。意識を失った少女を車に乗せ、
友人の医師須藤の部屋に運び込み、容体を調べたところ、
彼女は異常に低い体温を持ち、普通の人間では考えられない
血液組成を持っていることが判明した。彼女は人間ではないのだろうか?
『吸血鬼』をテーマに描くSFサスペンスの傑作長篇。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


2017年流行語候補”忖度”という言葉が使われていました。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話