06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

地球・精神分析記録

『地球・精神分析記録』
山田正紀


そのものたちの名は『悲哀』『憎悪』『愛』『狂気』、
神の姿を形どった四体のロボット。
種としての消滅を迎えかけた人類はいにしえよりの神話をモチーフに、
人間を人間たらしめる源―集合的無意識を支えるための偶像として、
世界各地にそのものたちを据えたのだ。
しかし、失った尊厳を取り戻すため、神を殺すべく、
四人の男女が孤独な闘いを開始した。
極寒の地グリーンランド、灼熱のインド、ギリシア、日本…
やがて彼らは悪夢のような真実と出逢う。
ハードでスタイリッシュな、傑作SF長篇。

地球・精神分析記録(エルド・アナリュシス) (徳間デュアル文庫)
↑持っているのはこれでなく徳間文庫版
山田正紀のハードSF。
章立てからしてハードです。

Ⅰ徴候分析 悲哀 ルゲンシウス
Ⅱ既往歴分析 憎悪 オディウス
Ⅲ無意識分析 愛 アモール
Ⅳ連想分析 狂気 インサヌス
Ⅴ総合診断 激情 エモツィオーン

こんな感じ。

途中、
狂っているのは自分なのかこの世界なのか
といった問いがなされている、そんなSFです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ラストは読者にその結論を預けるタイプの作品で
もしかすると安倍公房の『人間そっくり』と似ているのかも。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

謀殺の弾丸特急

『謀殺の弾丸特急』
山田正紀
謀殺の弾丸特急 (ノン・ノベル)
謀殺の弾丸特急 (ノン・ノベル)


軍事政権下にある東南アジアの小国アンダカムでは、
今も日本製蒸気機関車C57が現役で活躍する。
今日も日本人ツアー客を隣国タイまで送り届けるはずが、
重要国家機密を巡るトラブルに巻き込まれ…。
旅好きの老婆、元国鉄職員、新婚カップルなど、いわゆる普通の人々が、
最新兵器で重装備するアンダカム国軍にいかにして立ち向かうのか!?
ノンストップ超絶エンターテインメント。


山田正紀の大ボラ冒険小説。(←褒めてます)
東南アジアへのパック旅行中になぜか国家の軍に追われる旅行者達。
旅の企画であった蒸気機関車に乗ってタイまで逃げきれるのか?

普通の人々が事件に巻き込まれていく展開はスピーディで
すぐに物語に引き込まれていきました。
そしてジープ、船、鉄道、攻撃ヘリ!、兵士と
本気で殺しにかかってくる軍隊に対してどう一般人が対応していくのか。
読み始めたら止まらなかったんであります。

映画「ミッション・インポッシブル」にも
こんなシーンあったんではないかというシーンもありました。

先に述べたように大ボラはったりかましているのですが
そこは山田正紀。なんだかそんなもんかと納得させてしまう筆力。

B級なんでしょうがとても面白い。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

月世界小説

『月世界小説』
牧野修
月世界小説 (ハヤカワ文庫JA)


友人とゲイパレードを見に来ていた青年、菱屋修介は、
晴天の空にアポカリプティック・サウンドが響くのを聞き、
天使が舞い降りるのを見た。次の瞬間、世界は終わりを告げ、
菱屋は惨劇のただなかに投げ出された。
そして彼が逃げこんだ先は自分の妄想世界である月世界だった。
多数の言語が無数の妄想世界を生み出してしまった宇宙を
正しく統一しようとする神の策謀と、
人間は言語の力を武器に長い戦いを続けていたのだった。


久々に自分の理解の範疇を超えた作品を読みました。
否定的な意見ではなく自分には難しかったという事です。

途中まではストーリーもわかっていたつもりでしたが
中盤からもうついていけなくなりました。
ストーリーというよりもイマジネーションを楽しむ小説だったようです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


解説は山田正紀。
かの『神狩り』と近い部分もあるようです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

物体Ⅹ

『物体Ⅹ』
山田正紀
物体X (ハヤカワ文庫JA)


フリーライターの美奈子が同乗する漁船は濃霧のソ連海域で遭難する。
美奈子ら数名の生存者はソ連軍基地のある海獺島に難をのがれるが、
人影の絶えたその島では、人間の脳を自在に操る恐るべき怪物が猛威を
ふるっていた!表題作ほか
“女が書けない”SF作家Yの悲しみが11代めの子孫に凝縮遺伝して
生まれたスーパー痴漢、怪盗カタツムリ。
彼の象徴と暗喩に満ちた冒険を描く「暗い大陸」
医療コンピュータに管理された未来社会を描く「見えない人間」など、
50年代、60年代、70年代のSF作品、SF映画をイメージして書かれた
中篇三篇を収録


冒険小説テイストもある「物体Ⅹ」
細かい設定を決めずに勢いだけで書いてしまったような感もあり。
ラスト1行の”待った”の意味合いは何なのでしょう。
彼女もまた操られていたという事?

「暗い大陸」・・?

「見えない人間」
医療システムによる管理社会を描いた作品で一番しっくりきました。
経済的理由で管理システムから外れた探偵が主人公。
管理システムの中枢との対立を描きます。

こういってはなんですが
本3作、天才山田正紀にしては・・・・といった感じの短編集でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

ツングース特命隊

『ツングース特命隊』
山田正紀
ツングース特命隊 (講談社文庫)


1908年、中央シベリアの奥地ツングースで、謎の大爆発が発生。
日本軍謀略戦の総帥明石大佐から、この謎の解明をせよとの密命を受けた
武藤淳平たちは、さまざまな試練を乗り越え、“地獄”の地シベリアへ
たどりついた。だが、彼らを待ち受けていたものは、怪憎ラスプーチンや
妖術師グルジェフたちの恐るべき陰謀だったのだ…。
秘境冒険小説の傑作。


えーと、確かツングースの大爆発って史実だよなと、
今検索していたらツングースでなくツングースカ。
ずっとツングースだと思っていたのに。

さて本作はこのツングースの爆発を日本軍の依頼で調査することになった
男たちの冒険小説です。
まず、日本軍が絡むあたりからハードボイルドや諜報冒険小説っぽい味が
ありここらへんは山田正紀、まったくもって巧い。
一癖も二癖もある男たち。仲間になったものの信じきれない関係性。
リアルな描写についつい惹き込まれます。
そして後半、ツングースの奥地にたどり着いたあたりからは
SF的奇想が入ってきます。
大爆発の要因も推測され、またその目的(とある意思あり)も推測され
このあたりはまさにいつもの山田正紀。

結末があるようでないような食い足りなさがありますが
やはり読むと止まらぬ山田作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話