FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

HEARTBLUE

HEARTBLUE (創元推理文庫)HEARTBLUE (創元推理文庫)
(2013/05/21)
小路 幸也

商品詳細を見る

『HEARTBLUE』


ニューヨークの虹の朝、市警失踪人課を一人の少年が訪ねてきた。
とある事件で知り合った少年は「ペギーがいなくなったんだ」
とワットマンに告げる。
彼の捜す少女は一年ほど前からどこか様子がおかしかったという―。
一方の巡矢も、一葉の写真に写っていた少女の行方を追い始める。
二人が動いた末に明らかになった哀しい真実とは?


前作『HEARTBEAT』の続編にあたります。
『HEARTBEAT』でのある人物をめぐってなにかあったらしい、
という事はわかりますが直接本作には関わってきませんので
こちらを先に読んでも良さそうです。

さて、本作。まず登場人物像がよい
ワットマンとその仲間、巡矢とその仲間。
こういうのを読みたかったんだという気持ちになります。

でも事件そのものはダークで
明かされる真実も哀しいものがあります。

あっ、もしかしたら
本作よんでから前日譚として前作を読むってほうがいいのかも。

↓HEARTBEATの紹介
heartbeat

↓ハートで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

HEARTBEAT

HEARTBEAT (創元推理文庫)HEARTBEAT (創元推理文庫)
(2012/08/25)
小路 幸也

商品詳細を見る

『HEARTBEAT』

優等生の委員長と不良少女の淡い恋、すべてはそこから始まった。
彼女が自力で人生を立て直すことができたなら、十年後にあるものを渡そう。
そして約束の日、三年前から行方不明だという彼女の代わりに、夫を名乗る人物がやってきたが―。
ニューヨークから帰ってきた青年と、幽霊騒動に巻き込まれた少年少女、
そして最高の「相棒」が織りなす、約束と再会の物語。


もうなにか面白そうです。
初めて読む作家ですが期待大。

面白かったです。
謎といえば謎、ホームドラマといえばホームドラマ的なつくりの中ですが
登場人物に親近感があり、ちょっとしたエピソードも申し分なく
なんともいえないながら余韻を残す作品でした。

感動的ということではないのですが
この”ちょっといいな”っていうタイプの作品は大好きです。

そして意外な結末。
ここは驚きました。
よく読むときっといろんな伏線が貼られているんでしょうが
そんなことはどうでも良いような後味の良さです。

↓後味良く応援お願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

本作品の登場人物がでてくるHEARTBLUE
という続編があるそうですが読んでみたい。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話