05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

スペース金融道

『スペース金融道』
宮内悠介
スペース金融道
スペース金融道


人類が最初に移住に成功した太陽系外の星―通称、二番街。
ぼくは新生金融の二番街支社に所属する債権回収担当者で、
大手があまり相手にしないアンドロイドが主なお客だ。
直属の上司はユーセフ。この男、普段はいい加減で最悪なのに、
たまに大得点をあげて挽回する。
貧乏クジを引かされるのは、いつだってぼくだ。
「だめです!そんなことをしたら惑星そのものが破綻します!」
「それがどうした?おれたちの仕事は取り立てだ。
それ以外のことなどどうでもいい」
取り立て屋コンビが駆ける!新本格SFコメディ誕生。


宇宙だろうと深海だろうと、核融合炉内だろうと
零下190度の惑星だろうと取り立てる、がモットーの新正金融。
ぼくと上司のユーセフが主人公です。

”新本格SFコメディ”この惹句ではくくれきれない物語です。
なにしろ取り立てる相手はアンドロイド、人工生命、など。
ここら辺の扱いについてはハードSF的な手触りがあり
理解が追いついていきませんでしたが面白い。
さらに宇宙金融工学。
これも理解の範囲外ですが面白い。
つまりはハードSFのはったりを十分に利かせた
めちゃくちゃ面白い物語です。
なんだかわからないが面白い。

”取り立て屋コンビが駆ける!新本格SFコメディ誕生。”
この表現で避けてしまっている人もいると思います。
(私がこういった表記から想起されるヒロイック・ファンタジー的な
物語が苦手なものですから・・・)
しかし脳髄を刺激する訳の分からない世界に溺れたい人にはお勧めです。

私は『本の雑誌』での的確な評で知っていたので手に取りました。
ありがたや。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

盤上の夜

『盤上の夜』
宮内悠介
盤上の夜 (創元SF文庫)


相田と由宇は、出会わないほうがいい二人だったのではないか。彼女は四
肢を失い、囲碁盤を感覚器とするようになった―若き女流棋士の栄光をつ
づり、第一回創元SF短編賞で山田正紀賞を贈られた表題作にはじまる全六
編。同じジャーナリストを語り手にして紡がれる、盤上遊戯、卓上遊戯を
めぐる数々の奇蹟の物語。囲碁、チェッカー、麻雀、古代チェス、将棋…
対局の果てに、人知を超えたものが現出する。二〇一〇年代を牽引する新
しい波。


まず表題作は創元SF短編賞で本出版も創元SF文庫と”SF”がつきますが
果たして”SF”なのかどうか。
また囲碁、将棋等を題材にしていますがルール等詳しくなくてもついて
いけるか。
何の問題もありません。凄いのを読んでしまったという感じです。

単純な勝負録ではなくいろいろなネタをつないでなんとも不思議な、そ
してクールな筆致で物語を紡ぎます。

なんていうんだろう。普段から作品紹介はうまくありませんがこの作品
群は全く説明ができません。

巻末の冲方丁さんの解説を何度も読み返しています。(これこそ解説)

まあ読んでみてください。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

もはや何が何だかわからない凄みのある「盤上の夜」
”量子歴史学”なんて言葉が出てくる「千年の虚空」
麻雀が題材で一般的な勝負モノの緊迫感も味わえる「清められた卓」
が特によかったです。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話