09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

夢の中へ

『夢の中へ』
山田正紀
夢の中へ (ふしぎ文学館)
夢の中へ (ふしぎ文学館)


しつこい強請屋が、ある日突然死んでしまった。
朝までに危険な証拠をみつけなければ、身の破滅だ。
男は必死で強請屋の足跡を追うが…。
我々が強固な現実と信じて疑わない日常に音高く楔をうちこみ、
直木賞候補となった異色の連作「少女と武者人形」全12話。
ほかに「暗い夜、悲鳴が聞こえる」「旬の味」「カレンダー・ガール」等
単行本未収録の秀作11篇を厳選し、
さらに奇妙な味の傑作「雪のなかのふたり」をくわえた逸品ぞろい。


ふしぎ文学館シリーズの山田正紀作品集です。
この本の中には短編集『少女と武者人形』がまるまる入っています。

「友達はどこにいる」
いきなりやられました。これは心に響く。
ほんの少額5,000円を長期的に恐喝してくる老人。
この老人が主人公の目の前で死んでしまいます。
死んだら友達にあずけた文書が公開される手筈という事で
主人公による友達探しが始まり、
このなかで老人の寂しい生活が浮かび上がってきます。

べつに悪いことをしたわけでもないのに、
いや、悪いことなんてできっこないのに、
どういうわけか世間から忘れられて、
だれひとりとして気にかけてくれる人もなく、
ヒッソリと片隅で生きているお年寄りに・・・・・


いきなり泣ける。


「回転扉」
回転扉をくぐりT-ホテルの中に入るのが成功者。
回転扉にはじき返された若者と過去に回転扉に係ったものたちの話です。
哲学的に語られる回転扉とそれぞれの人生。
深いものがあります。


「ネコのいる風景」
ネコを可愛がっている家に、赤ん坊が授かると、
ネコと赤ん坊で”運”をとりあうのですよ。


「撃たれる男」
殺し屋なのだろうか。撃たれた際に記憶をなくしたようだ。
自分はだれで、また狙っているのは一体誰なのか。
奇妙な余韻を残す作品です。


「ねじおじ」
ずっと競歩をし、ねじで巻かれたようだと揶揄されているねじおじさん。
働かないので実家の牛乳屋をつぶしたらしい。
そんな彼に自分をあわせるやり手のサラリーマン。
悲哀のあるサラリーマン小説です。


「少女と武者人形」
少女、叔母、父、この関係性に破綻が生じそうなとき。
怪奇小説の雰囲気を出していますが、怪異は父から少女が見えなくなる
というもの。いろいろな暗喩があるのでしょうが読み切れませんでした。


「カトマンズ・ラプソディ」
山男と恋人の別れ。こんなのも書くんだ山田正紀。


「遭難」
嵐の中、山道で事故を起こした主人公。
助けをを求めるもなかなか車は止まってくれない。
異様な展開を見せると思いきや結局主人公は助かるが
二度と昔に戻れない自分に気付く


「泣かない子供は」
もうすぐ子供が生まれる男。自分が子供のころの思い出を振り返る。
ホラー的な展開かと思ったが全く違う短編。


「壁の音」
壁の音を聞くと人が死ぬ。これもホラーっぽいタイトルだが違う。
無気力に生きるしかなくなった女性の話。


「ホテルでシャワーを」
異国でホテルを探すためタクシーに乗り込む男と執拗に女性を紹介して
くる運転手。


「ラスト・オーダー」
バーをたたむ男、職にあぶれた老人、別れを切り出された若い女性。
それぞれのラスト・オーダーを描く。ほろ苦い。
こういった小説を何というのか。上手い。


ここまでは短編集「少女と武者人形」と同じ内容です。

ここからは短い作品が収録されています。
サラリーマンや中年の悲哀をテーマにしたものからSFテイストまで
多彩です。ネコ好きにはたまらない作品もあります。

「十三時の時計」
「思い出酒場」
「暗い夜、悲鳴が聞こえる」
「織女と牽牛」
「ネコ・レター」
「生まれながらの敵」
「硬貨をもう一枚」
「狼がきた」
「旬の味」
「犬を連れたおじさん」
「カレンダーガール」
「雪のなかのふたり」

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


注文枚数よりもついつい多く書いてしまう山田正紀先生の
枚数を抑えた?短編集です。



tb: 0 |  cm: 0
go page top

恐怖小説コレクションⅢ 夢

『恐怖小説コレクションⅢ 夢』
夢 (恐怖小説コレクション)

ひと夏の肌(連城三紀彦)
エロティックなミステリ。
危うく(?)アクロバティックで合理的な解釈がされるところだった。

寝るなの座敷(高橋克彦)
遠野物語、座敷童等おなじみの高橋ワールド。

いなかった男(久野四郎)
老女の妄想が現実を侵食していく。悪い人間はでてこないが薄気味悪い。
全く知らなかった作家でしたがこれは拾い物かも。

鬼女の面(倉橋由美子)
面をつけられた人はその災いで死んでいくが、そこに強烈に惹かれる主
人公。文章が洗練されているがテイストは昔の怪奇探偵小説だ。

少女と武者人形(山田正紀)
少女というのは、こういう小説だと存在そのものがコワい。

鬼走り(夢枕獏)
ランニングをしている人が連鎖的に死んでいく。
疑惑を覚える刑事もまた・・。
というのはありがちかもしれないがとても面白かった。

氷の時計(田中小実昌)
こどもの時の夢しか見ない、これがこのようなオチに繋がっていくとは。
じわじわくる逸品かも。

黄金の腕(阿佐田哲也)
こうくるか、という恐怖小説。展開が見え始めたあたりがコワい。
こういう世界があるのであろうなあ。

Uターン病(式貴士)
ある時期より年齢が逆行していくというUターン病。
怖さはなく、ただただ切ない。染みた。

以上恐怖小説コレクションⅠ~Ⅲを連続で読んだが
何かが体の中で蠢いている気がする・・・・

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話