FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

本当にあった嘘のような話

『本当にあった嘘のような話』



本書には信じられない「偶然の一致」の実話が、数多く収録されている。
それを「単なる偶然」と見るか、「運命のなせるわざ」と見るかは、
読者の判断にゆだねられている。しかし、どういう見方をしようと、
この世界が、我々の知りえない不思議に満ちているという現実だけは、
変わらないのである。


一つ一つが短いので事例はたくさん紹介されています。
ただ翻訳モノなので紹介されている事例が海外のモノばかりで
残念ながらなかなか入り込めませんでした。

後半部は事例紹介でなく
偶然という事象に対する考察になっておりこちらは面白かった。
突然ベイズの定理がでてきてびっくり。
この中で”運”の考察もあった。
運のいい人、悪い人というのはその行動に差があるようだ。
本書の内容で言えば明らかに私は運の悪い人の部類だ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ちなみに本書のタイトル、ありがちです。同名他本、多々あります。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

闇に香る嘘

『闇に香る嘘』
下村敦史
闇に香る嘘 (講談社文庫)
闇に香る嘘 (講談社文庫)


村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、
適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、
検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。
中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、
既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。
27年間、兄だと信じていた男は偽者なのではないか――。
全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う。


全く知らない作家だったがなぜか手に取ってしまった。
どうやら江戸川乱歩賞受賞作らしい。
解説は有栖川有栖。買いましょう。

解説にもあったが本作はトリックうんぬんのミステリではない。
さりとて叙述トリックが仕掛けられているわけでもなかった。
(これはネタバレにはならないですよね)
それでもやはり驚きのあるミステリでした。

テーマが中国残留孤児でもあり
この部分ではいろいろ考えさせられるこがあり
社会派ミステリとしても良い出来だと思いました。
そしてこのテーマと全盲の主人公がミステリ的にも結びつき
当然ながらミステリとしても面白い。
中国より戻ってきた兄は本当の兄なのか。
調査の途中に起こる不穏な出来事は何なのか。
サスペンス風の展開もありハラハラドキドキ感もあります。
全盲の主人公に腎臓移植を要する孫、という登場人物たちも
ミステリ的にも必要な配置であり、かなりきっちりとプロット作りが
された作品に思いました。
伏線回収の美しさもその表れなんでしょう。

テーマは重く地味と云えばとことん地味ですが
ミステリの基本を押さえた良質という言葉がよく似合う作品でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

まっ白な嘘

まっ白な嘘 (創元推理文庫)まっ白な嘘 (創元推理文庫)
(1962/05/25)
フレドリック・ブラウン

商品詳細を見る

フレドリック・ブラウン短編集1であります。
あまり読んではいないのですがブラウンのイメージは”軽妙”
ところが本短編集での感想は ”ダーク” ”悪意”
こういったものがテーマになっているのが多かった気がしました。
これに 怪奇小説的なものもあり これは一筋縄ではいかない作家なんでしょうなあ。

「笑う肉屋」
タイトルだけでなにか怖いのですが意外にミステリ?

「叫べ、沈黙よ」
聞く人の誰もいない森の奥で木が倒れたら、それは無音であろうか。
このテーマを使っています

「闇の女」「まっ白な嘘」
手堅いパターンの犯罪モノです。

「キャサリン、お前の喉をもう一度」
ちょっとラストは悪趣味になるかもしれませんが
映像化に適している気がします

「むきにくい林檎」
見せない恐怖。コワイ。

「カイン」
恐怖+オチが見事に融合していますね

「史上で最も偉大な詩」
興味深く引っ張りますがあっさりとした終わり方。
どんな詩だったんでしょう。

「うしろを見るな」
惹句より
「うしろを見るな」だけは、最後にお読みください。
というのは、あなたがお買いになったこの本は、
あなたのために特別の製本がしてあるからです。


こんな感じで全17篇。読み応えアリ。

↓こんな感じで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話