09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

怪人対名探偵

『怪人対名探偵』
芦辺拓
怪人対名探偵 (講談社文庫)
怪人対名探偵 (講談社文庫)


磔刑、絞首刑、美女監禁 最高の本格推理!
下校途中に暴漢に襲われ、顔に傷を負った玲美。頻発する不穏な事件に
落ちこむ彼女を励まそうと誘われた“コスプレ・パーティ”で、
玲美は謎の<怪人>と出会う。時計台の磔刑、気球の絞首刑、
監禁した美女への拷問…そして最後に森江春策が明かす驚愕の真相!
江戸川乱歩へ捧げる著者畢生の傑作本格ミステリ。


森江春策モノ。
とにかく事件が猟奇的で残忍だ。
一件一件の犯罪のリアリティなど無視して、
とにかく乱歩先生の少年探偵団的なノリで物語が進みます。
途中からメタ的趣向になっていき、
これは回収が難しいけど”森江春策”ならなんとか収めるだろう、
と期待して読みました。

無事収束して安心しました。

現代によみがえった乱歩的世界。
本格なのかどうかは分からなくなってきましたが一気読みしましたよ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 6
go page top

名探偵の呪縛

『名探偵の呪縛』
東野圭吾
名探偵の呪縛 (講談社文庫)
名探偵の呪縛 (講談社文庫)


図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一に
なっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、
「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の
正体は? そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の
主人公が長編で再登場。


本格ミステリのお約束事項をネタにするところは
前作『名探偵の掟』同様ですが、
本作は笑いの要素は無くなっています。

東野圭吾さん自身と思えるミステリ作家が、
『本格推理』という概念がない世界へ名探偵として転生します。

終章では、この世界の意味合いと、東野圭吾さん自身の本格推理小説への
向き合い方ととれる内容が出てきて非常に興味深い。

意外に重い内容の小説でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

名探偵の掟

『名探偵の掟』
東野圭吾
名探偵の掟 (講談社文庫)
名探偵の掟 (講談社文庫)


完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットから
ハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。
すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、
恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、
業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。


本格ミステリ自体をネタにしています。

密室
意外な犯人
閉ざされた空間
ダイイングメッセージ
時刻表
二時間ミステリドラマ
バラバラ死体
一人二役
叙述ミステリ
首なし死体など・・・

こんなところを登場人物にご都合主義などと
言わせたりして皮肉っています。

登場人物も”名探偵”と”とんちんかんなことを言う警部”
がレギュラーですが、この二人、互いに小声で、
”密室宣言するのもうやだ”とか
”次はアレがそろそろくるだろ”とか”メタ発言を繰り返します。
さらには、ちゃんと推理する読者なんていないとか、いろいろ言い放題。

読んでてニヤニヤします。
私も読んでいて推理なんぞせず、探偵役の解決をなるほどそうなんだなあ
などと深く考えないで読んでいる読者です。

まずは本格ミステリあるある的な読み方で楽しめます。
しかし作者東野圭吾さん自身は真剣に”本格”を考え
自らのミステリ観を変えていったようでもあります。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

名探偵はもういない

『名探偵はもういない』
霧舎巧
名探偵はもういない (講談社文庫)
名探偵はもういない (講談社文庫)


犯罪学者・木岬と義弟の敬二少年は、雪崩に道を閉ざされてとあるペンシ
ョンに足止めされる。ワケありの客が集う雪の山荘では連続怪死事件が発
生!はたして「名探偵」は奇妙な事件の謎を解けるのか!?
あえて真相への手がかりを提示する“読者への挑戦状”
付きで贈る、霧舎巧エッセンスにあふれた名作。


上記の
あえて真相への手がかりを提示する“読者への挑戦状”
は、文庫裏表紙概要にも書かれています。

そして目次には
解説 石崎幸二 注・『読者への挑戦』は先に読まないでください。
とここでも煽ってきてます。

こうなるとこの『読者への挑戦』に、
なにかメタ的な仕掛けがあると楽しみにしていたのですが、
全くそんな事はなく普通の『読者への挑戦』でした。
なにが”あえて”だったんだろう。

私の読み不足かもしれないんですがどうもしっくりきません

登場人物欄も空欄としており
※ある事情があって、ここで登場人物の名を列記することが出来ません
と勿体ぶっていますが別にそれほどの事でもなさそうです。

私の読み不足かもしれないんですがどうもしっくりきません

この作者ならではの登場人物や設定の薄っぺらさ自体は気にしては
いなかったのですがこういう煽りはどうもなあ。

ミステリとしての伏線回収の見事さはやはり素晴らしいんですけど。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

というわけで
私の読み不足かもしれないんですがどうもしっくりきません

tb: 0 |  cm: 0
go page top

名探偵の証明 密室館殺人事件


『名探偵の証明 密室館殺人事件』
市川哲也
名探偵の証明 密室館殺人事件
名探偵の証明 密室館殺人事件


人気ミステリ作家の自宅(密室館)に軟禁された8人。
館内で起こった殺人事件を論理的に解決できれば、そこから解放される!?
名探偵・蜜柑花子がその謎に挑む、シリーズ第2作。


ということで本格ミステリに分類されるのでしょうが、トリックやプロ
ット云々でなく名探偵の存在やミステリそのものについてどうこういお
うとしている小説です。

前作を読んでいても思ったのですが、人物造形には力を入れているように
は思えなく、そこはわざとそうしているような気がしてきました。
結構読者を置いてきぼりにしている登場人物の会話やエピソード、これも
たくまれたものなのかもしれません。

という感じで一般的な犯人あてミステリや叙述トリックとも違う不思議な
テイストの作品です。

まあテーマは名探偵の苦悩や宿命について、です。

↓苦悩し応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話