09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

僧正の積木唄

『僧正の積木唄』
山田正紀
僧正の積木唄 (本格ミステリ・マスターズ)
僧正の積木唄 (本格ミステリ・マスターズ)


「僧正殺人事件」が名探偵ファイロ・ヴァンスによって解決されて数年。
事件のあった邸宅を久々に訪れた天才数学者が爆殺され、
現場には忌まわしき「僧正」の署名が…。
全米中に反日感情が渦巻く中、当局は給仕人の日系人を逮捕。
無実の彼を救うため立ちあがったのは、米国滞在中の金田一耕助だった。



ヴァン・ダインの名作『僧正殺人事件』の後日談というかたちで
まず関係者の殺人事件が起こり、お馴染みファイロ・ヴァンス、
マーカム検事、ヒース部長刑事が出てきます。

さらには日本で活躍する前の金田一耕助が登場し事件に立ち向かいます。

『僧正殺人事件』を下敷きにしており、
やはり事前にこちらを読んでいた方が本作も楽しめると思います。
なにしろファイロ・ヴァンスの推理を否定するようなお話なのです。
(『僧正~』の推理の脆弱さはどうも昔から指摘されていたようです)

私は『僧正~』を楽しく読んではいたものの全く中身は思い出せないので
念のため途中でいろいろネットで確認したりしてしまいました。

さて山田版『僧正~』はかなりの大作ですが
ミステリとしてど派手な展開があるわけではなく地味といえば地味。

当時のアメリカの反日感情を描きたかったという事と
横溝正史先生へのオマージュ作品として読むのが正解なのかな。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本作での金田一耕助はかなり先へ先へと手を打ちすばしっこい。
阿片が効いているときはこうなのでしょうか?
tb: 0 |  cm: 0
go page top

僧正殺人事件

僧正殺人事件 (S・S・ヴァン・ダイン全集) (創元推理文庫)僧正殺人事件 (S・S・ヴァン・ダイン全集) (創元推理文庫)
(2010/04/05)
S・S・ヴァン・ダイン

商品詳細を見る



だあれが殺したコック・ロビン? 「それは私」とスズメが言った―。

マザー・グースの童謡をなぞった殺人事件で
見立てモノのハシリとでも言うべき古典的名作です。

さて探偵ファイロ・ヴァンスはもう事件の出だしから

「あまりに途方もない。残忍すぎるし、どこまでもゆがみすぎている。
血塗られたおとぎ話 歪像の世界 あらゆる合理性の倒錯
・・・考えられない。意味をなさない。黒魔術や妖術やまじないみたいだ。
まったく、正気の沙汰とは思えない」

と、ひとりで大興奮している状態で全編この雰囲気のまま進みます。

海外古典名作の雰囲気が好きな私は
トリック云々よりこの世界観が楽しいのであります。

また”僧正”という言葉というか漢字がまたイイ味をだしている気がします。
ここらへんも日本人好み?というか私好みです。

本作は遠い昔に読んでいますが
当然ながら詳細は覚えていないのでワクワクしながら読み進めました。
休日にこういう海外ミステリを読むってのはなかなか楽しいなあ。

↓毎日応援よろしくお願いいたします。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話