FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

とことん!とんかつ道

『とことん!とんかつ道』
今柊二



今日は上野、明日はファミレス。定食評論家がとことん食べ歩く。
かつサンド、ハムカツ等のバリエーション。とんかつ早慶戦。
長崎トルコライス等のご当地カツ。果てはハワイでとんかつラーメン。
お新香、みそ汁、キャベツなど脇役陣もチェック。
腹ぺこ諸君に贈る古今東西カツ事情。100店舗超掲載。カラー写真多数。


とんかつという食文化の紹介もありますが基本的には食べ歩き録。
老舗の名店だけでなく、学生街の定食屋、とんかつかつチェーン店、
はては一般的なファミレスまで紹介します。
そういった姿勢はなんか嬉しい。

紹介するといっても、値段と、こんなお新香がついてます、とか
ライスお代わり無料です、とかそういった事ばっかりで
肝心の味については、ほぼ「うまい」のみ
ここらへん非常にユニークです。

しかしとんかつほど訴求力のある食べ物はないよなあ。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

新年一発目にふさわしい記事だ。
力強く頼もしいぞ。とんかつ。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ファミリーレストラン

ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)
(2013/01/17)
今 柊二

商品詳細を見る


『ファミリーレストラン』

著者は”定食”について何冊も著作のある今柊二さん。

といっても私には
畸人研究学会
の方での印象の方が強いのですが。

さて本書は
ファミリーレストランの生い立ちと現状について書かれています。

かつては憧れの場所だったファミレスですが
いまでは特に思い入れもないなあ。

今では若者がたむろししている場合が多く
むしろあまり家族では行きたくないところとなってしまいました。

メニューにも専門性がないし。

しかしファミリーで外食することいついてこんなような内容があって
ちょっと嬉しかったです。

子供たちはやはり外食はうれしい。
お母さんは家事から解放されてうれしい。
お父さんはそんな家族を見てうれしい。



そうなんです。
おいしいのはもちろんですがこういうところもファミレスの魅力です。

さておいしさでいえばロイヤル・ホスト(純然たる日本企業)は
別格のようです。
ファミレスの礎を築いた情熱と生い立ちは是非本書で。

↓家族で応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



今はショッピングモール内のフードコートが楽しいです。
各専門店の好きなものを個別に頼めるってところは
まあいいシステムなんでしょうね。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話