03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

DON'T BLAME IT ON LOVE ~ ホール&オーツ

DON'T BLAME IT ON LOVE ~ ホール&オーツ

赤い断層
赤い断層

1978年の『赤い断層』
(なんかいいタイトル。新本格で同題作品ないかな)
収録の
DON'T BLAME IT ON LOVE(邦題:愛に罪はない)

本作はゲストとしてジョージ・ハリソン!が参加していたりと
豪華なアルバムですが、なんとロバート・フリップも参加しています。

持ってるCDでは情報がないので詳細は分かりませんが
参加しているのはこの曲にでしょう。



イントロからフリッパートロ二クスとおぼしきサウンドです。

基本的にハードなロック・サウンドであり、
フリッパートロ二クス以外で
どこまでフリップ先生が弾いているかは特定できませんが
ナイスなギター・ロックに仕上がっています。

フリップとダリル・ホールの共演盤には
ホールのソロ『セイクレッド・ソングス』
およびフリップのソロ『エクスポージャー』があります。
イメージでは同じ舞台に立たなさそうな二人ですが
結構いい融合をしていますよ。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット ~ ホール&オーツ

アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット

1981年のホール&オーツの大ヒット曲です。
たぶん 初めて聴いたホール&オーツの曲。しかもリアルタイム。
当時の印象は
・イントロが長い
・メロディが無く単調
・でもなんかクセになる
でした。

今聴くとイントロの長さは気にならず、また結構メロディアス。
そしてやはりいい曲!



知らない人が見ると
三人いるけど誰がホールで誰がオーツかわからない。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 6
go page top

ドゥ・イット・フォー・ラヴ ~ ホール&オーツ

Do It For LoveDo It For Love
(2003/02/05)
ダリル・ホール&ジョン・オーツ

商品詳細を見る

ドゥ・イット・フォー・ラヴ
2003年発表。

80年代前半はホール&オーツの時代だったって気がしてます。
洋楽を聴き始めた頃、次々とヒット飛ばす彼らはカッコよかった。

さらには強力なベスト盤『Rock'n Soul Part1』で
「追憶のメロディ」「サラ・スマイル」なども知ることにより
初期のいわゆるブルーアイド・ソウルにもすんなりと馴染みました。

さて本アルバムはアコースティックを貴重としたソウル路線。
80年代とは異なる音でむしろ初期の作風。

そしてこれがいいんです。

アルバム全体的としては特に山場も無い様な地味な楽曲が並びますが
ヴォーカルが際立つというか二人と上手い。

ダリル・ホールがメインの曲もいいですが
ジョン・オーツもなかなかいいです。

特にメイン・ヴォーカルがジョン・オーツの曲で
途中から割り込んで(?)くるダリル・ホールの歌声が素晴らしい。
自分の曲以上にダリル節を効かせているように感じてしまうなあ。

実は久々に聴いて、このアルバムの優しい感じに癒されています。

タイトル曲はなんとビルボードアダルトコンテンポラリーチャート1位



↓愛のために応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

悲しいめぐり逢い ~ ホール&オーツ

悲しいめぐり逢い Had I Known You Better Then
1973年のホール&オーツの『アバンダンド・ランチョネット』収録曲です。

以前このブログでもとりあげましたが
作者はダリル・ホールではなく、なんとジョン・オーツの方です。

80年代ヒット曲のプロモーションビデオを見る限り
ジョン・オーツは添え物扱いですが
この時期は対等に曲つくりをしていたようです。

アコースティック・フレーバーたっぷりの曲に
途中から目くるめくコーラスが入ってきます。
このコーラスや掛け合い部分の豊穣さといったら。

このアルバムにはあの名曲「追憶のメロディ」が収録されていますが
勝るとも劣らない出来ではないかと思っています。



↓めぐり逢って応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

音楽っていいなとしみじみ感じる名曲です。



Abandoned LuncheonetteAbandoned Luncheonette
(2008/05/20)
Hall & Oates

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 4
go page top

今日の1曲:フォール・イン・フィラデルフィア ~ ホール&オーツ

Whole OatsWhole Oats
(2008/02/12)
Hall & Oates

商品詳細を見る

1972年のデビュー作「Whole Oats」 収録作です。

最初はなにかのコンピレーションに入っていたのを聴きました。

ホール&オーツの初期作品は
ベスト盤によるお馴染み「シーズ・ゴーン」「サラ・スマイル」あたりしか知らなかったのですが
この曲を聴いて初期も凄いのではと気になりだしました。
世代的には80年代の怒涛のモダン・ポップ路線で彼らを認識していたので
初期作品は非常に新鮮でした。

さて本曲は
フィラデルフィア・サウンドとかフィリー・ソウルとか呼ばれる路線(違うのかな?)でしょうが
この心地よいバック・サウンドにのって歌われるダリル・ホールの歌いっぷりがなにより素晴らしい。
クセのあるエンディングもいい味出してます。




↓応援っぷりよろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話