08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

サージェント・ペパーズ50周年盤

『サージェント・ペパーズ50周年盤』
ついに買いました。やっとサージェント祭りへ参加しました。
リミックスという事でヘンに変化があっても困ると思っていたのですが
そういうことはほぼありませんでした。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)

さてその音はというと持っている旧版CD(ステレオ・ミックス)
との差になりますが、
重低音が強調されたという印象を得ました。
しかしモコモコ感はなく重厚。
1曲目「サージェント・ペパーズ~」では迫力が増しました。

ブックレットでのリンゴの当時のレコード盤へのコメントとして
ダビングを繰り返すうちにドラムの音が隠れていった、との事なので
今回はそれが解消されているようです。

そしてそれ以上にくっきりとしたのがポールのベース。

「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」では
よく語られる”歌ってるベース”が堪能できます。
高音から低音まで全編通して聞き取りやすく
今までは出だしの高音域のみ目立ってあとはモコモコしていましたが、
今回の盤で低音域でも”歌っている”ことがわかりました。
高音域ではゆったりと朗らかな印象ですが
低音域ではかなりくねくね”歌って”います。

さらには「ゲッティング・ベター 」
ある評論で”知恵の輪みたいなベース”で”いまだ謎が解けない”
というのがありましたが、言い得て妙とはこの事です。
低音から高音までかなりのレンジを一気に駆け上がりまた下がっていく
とんでもなくベースらしからぬ知恵の輪ベースが堪能できます。

「シーズ・リーヴィング・ホーム」での弦楽器や
「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー 」でのやはり弦楽器は
中低音の厚みが増したせいか、より深みが感じられました。

「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」は
サーカス感?が増し、むしろベースが隠れてしまった気もします。

「ラヴリー・リタ」はよりカラッとした印象で相変わらずカッコよい。

と非常に好印象のリミックス盤でした。

今まで意識しなかった音も聴こえてきたりして楽しい。

当時のビートルズとジョージ・マーティンは、モノ・ミックスを完成形と
捉えていたとの事。
今回の50周年盤はもしビートルズとジョージ・マーティンが
ステレオ・ミックスを追い求めていたらこうしたのではないかという
想いのもとで制作した模様。
そしてその作業はジョージ・マーティンのご子息が担当。
素晴らしい。

↓これが50年前とはね。


2CD目は未完成のテイクを曲順通りに並べただけのものだが
これはこれで面白いのだからファンっておバカ?

さらに「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」
という史上最強のシングルのリミックスと
繋ぎ合わせたことでも有名な「ストロベリー~」に至っては
前半(テイク7)と後半(テイク26)のフル・ヴァージョンも収録。
テンポが全く違うのをよく繋げてしまったものだと感心します。

音楽はシンプルなものも当然良いのですが
このように録音技術の限りを尽くして加工された音楽も面白い。
ライナーノーツ読みながらヘッドフォンで聴くbyスターレス高嶋
といったプログレさながらの聴き方に耐えうるのも
ビートルズの魅力のひとつですなあ。


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 2
go page top

シー・ユア・サンシャイン ~ ポール・マッカートニー

シー・ユア・サンシャイン
2007年発表の『追憶の彼方に〜メモリー・オールモスト・フル』収録。
なんとなく地味なアルバムの気がしていましたが
全英5位、全米3位、グラミー賞 最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞と
全然地味ではありませんでした。

ポップな曲が並ぶアルバムですがオススメはコレ

↓シー・ユア・サンシャイン


キャッチーなメロディの曲ですがどうにもこうにもベースが素晴らしい。

中期ビートルズを思わせるマジカル・ベースです。
レインとかゲッティング・ベターとかに通ずる
うねうねとした不思議なフレーズ!

なかなかこんなベース弾く人はいないですよねえ。
ソウル系の洒落たフレーズではなく人工美とでもいえるようなサイケ感。
ベーシスト、ポールはやはりカッコいい存在です。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ホワッツ・ゴーイン・オン ~ マーヴィン・ゲイ

What\\\'s Going onWhat\\\'s Going on
(2003/01/23)
Marvin Gaye

商品詳細を見る

1971年発表。
聴いている分にはただただ歌声と絶妙のアレンジが心地よい。

しかしこのタイトル曲は反戦歌であり
アルバム自体も、アメリカの社会問題の告発、連帯の呼びかけ、
愛、神への問いかけといったテーマを含んだアルバムなんだそうです。

ただ私のようなサウンドとしてのみの聴き方もありですよね。
(そんな重いテーマが潜んでいただなんて)

タイトル曲やマーシー・マーシー・ミーなど名曲揃いです。

このアルバム、全体的に落ち着いたアレンジですが
そのせいかベースが目立っています。

全ての曲でベースがいい動きをしているんですが
特にホワッツ・ゴーイン・オンでのべース・ラインの
素晴らしさといったら!

弾いているのはジェームス・ジェマーソン。
モータウンの大御所のようですがすばらしい。

マーヴィン・ゲイの歌唱を立てつつ
要所要所で細かいフレーズを入れてきます。
歌心あふれるラインとグルーヴ感。
決してスーパー・テクニックというわけではないんでしょうが
過不足なしの名演です。

へんな例えですが
ビートルズのサムシングでのポールのプレイっぽい。
全編あんな風に弾いてるって感じ。
(やっぱり違うかな)



↓過不足なく応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 4
go page top

ヘフナーのバイオリン・ベースを買ってしまった!

ポール国立競技場初日(のハズだった)17日の前日の夜。
非常に感情が高ぶっており
ヘフナーのバイオリン・ベースを注文してしまいました。

もちろん廉価版で数万円で買えるものですが、
ヘフナーはヘフナー。
ポール・マッカートニーのトレード・マークでもあるあのヘフナーです。

以前から目をつけてはいたのですが
決心つきかねぬうちに販売終了してしまっており
今回あらたに再発売されたようで感情の趣くまま注文ボタンを押しました。

見とれてしまう

う~ん。この色、この形。カッコいい。
毎日帰宅してはこのフォルムを眺め、買ってよかったと満足しております。

インテリアとしてもOKなんですが
実は何とこのベース。弾く事が出来るんです。(当たり前か)

そんなわけで早速楽譜を引っ張り出してきて弾いてみました。

ベースは触るのも初めてですが
まあギターの仲間なのでなんとなくはわかります。

いきなり気になっていた「サヴォイ・トラッフル」に挑戦。
(この曲はヘフナーではなくリッケンバッカーのようですが)
当然つっかえつっかえですが楽しい。

今度はリズム音が欲しくなり
思い立ってMIDIのフリーソフトをダウンロードして
ドラム・パートとブラス・パートを作成しました。
(要領がわからず時間がかかってしまいました)

早速あわせてみましたがぜんぜんリズムに追いつきません。
右手も左手も思うように動きません。

そりゃそうなのでこれから練習します。

今回のポール来日にあわせリニアPCMレコーダーも買ってしまったので
こりゃ多重録音なんてものに挑戦でもしますかな。

↓帰宅時ニヤニヤしてますが応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

梱包のダンボールにもヘフナーのロゴが!
ダンボール


tb: 0 |  cm: 4
go page top

Hits ~ マイク&ザ・メカニクス

HitsHits
(1996/02/23)
Mike & The Mechanics

商品詳細を見る


ご存知ジェネシスのベーシスト、マイク・ラザフォードのプロジェクトです。
どうもポップなことをやってるな、と思う程度だったのですが
ラジオで流れてきたOver My Shoulderがなかなか良かったのでベスト盤を購入してみました。

当然?プログレっぽさは全くないのですが
実は良質なポップ/ロック作品で
軽く聴くにはもってこいの音のような気がしました。
FMでドライブ中に流れてきても全く違和感のない音楽、といった感じです。
(これは否定的な意味ではないです)

軽く聴く程度なのでベーシストとしてのどのくらい弾いているのかは確認していないのですが
さすがに初期~中期のジェネシスのような偏屈なフレーズは弾いていないんでしょうね。

このプロジェクトが活躍していた時期は
フィル・コリンズやジェネシスそのものもヒットを飛ばしていた時期のようで
もともとこの人たちはポップな音を作る才能もあったんですね。



↓偏屈に応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話