FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

サード ~ ソフト・マシーン

サード ~ ソフト・マシーン
3
3

1970年発表。
ジャズ・ロックの名盤として誉れ高い作品です。
私はピンと来ない時期が長かったのですが最近じわじわきています。

結果的にじわじわになった要因としては「4」や「6」よりも
キャッチーでないところかもしれません。
聴く者を放っておいてそのまま置き去りにしてるかのような音楽です。
この音楽を面白いと感じるのは、捻くれた野郎に違いありませぬ。
最近ソフト・マシーンを聴き始めて「3」最高、なんていう若人は、
道を踏み外してます。孤立します。
みなと同じにJポップを聞いていたほうが何かと話は弾むでしょう。。

メンバーは
マイク・ラトリッジ(オルガンとピアノ)
ヒュー・ホッパー(ベース)
ロバート・ワイアット(ドラムと歌)
エルトン・ディーン(サックス)
という強力な布陣にさらに四人の弦楽器、管楽器奏者が加わっています。

持っていないけどLP時代は2枚組全4曲。
このハッタリも効いてますなあ。
ああ70年代ロックってこの長尺スタイルからしていいなあ。

私のおすすめは2曲目「スライトリー・オール・ザ・タイム」。
マイク・ラトリッジ作で多分一番入りやすいかな。
部分的におしゃれなフレーズも出てきて聴きやすい。


今はどうだかわかりませんが
所有する盤での帯の文句
”ブリティッシュ・ロック史上、最も野心的かつ理知的なバンド”
なんだかわからないなりに理知的ってところに惹かれてしまう。

こういう言い回しにもプログレ/ジャズ・ロックファンは弱い。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 2
go page top

収束 ~ ソフト・マシーン

BundlesBundles
(2014/01/21)
Soft Machine

商品詳細を見る

『収束』
1975年発表。ソフト・マシーンの7作目です。

原題はBundlesですが邦題「収束」
意味はどうあれこのプログレ的の邦題はイイですなあ。

さてソフト・マシーンは
カンタベリー・ロック・シーンの中心的バンドですが
特徴は反復を繰り返したなにやら浮遊感のあるサウンドです。

もちろんそれだけでなく変拍子多様のソリッドな曲もあります。

本作は従来の浮遊感を抑え
ソリッドな方向にかなりシフトした作品となっています。

鍵を握るのは新加入のギタリスト、アラン・ホールズワース先生。
これでもかといわんばかりにギターを弾きまくりますが
その凄まじいこと。

特に前半 Part1から5まで配された
Hazard Profile

聞き惚れる、とはこういうことを云うんでしょうなあ。
超ハイテンションなジャズ・ロックで音楽を聴く喜びが味わえます。

↓たまに映るサングラスのおっさんこそ
唯一のオリジナル・メンバーのマイク・ラトリッジ


↓たまに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 4
go page top

SIX ~ ソフト・マシーン

6(紙ジャケット仕様)6(紙ジャケット仕様)
(2007/04/18)
ソフト・マシーン

商品詳細を見る

1973年発表。

毎度お馴染みソフト・マシーンの不思議なジャケがアヤシイ一枚です。

結構聴いているのですが、
つかみどころのないサウンドで裏を返せば浮遊感のあるサウンド、
実は最もソフト・マシーンらしいのかもしれません。

鍵を握っているのが新加入のカール・ジェンキンス(オーボエ、キーボード)
彼の影響か一定のリフを反復させて独特のサウンドを作っています。
”一定”とはいえ
同じようにならないように変化をつけていて演奏者としての意地が感じられる、
なんて解説もあったような気がします。

よく聴いているとはいえ
この反復のせいか私にとっては睡眠誘導盤です。
本作はライヴ+スタジオの構成ですが
いったん眠りかけた後、最後の観客の歓声でふっと目が覚め
そこから深い眠りに入っていく、というのがパターンです。

↓眠りこける前に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話