FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

生活保護の謎

生活保護の謎(祥伝社新書286)生活保護の謎(祥伝社新書286)
(2012/08/01)
武田 知弘

商品詳細を見る



『生活保護の謎』

まさに直球のタイトルですが
実態がよくわからない生活保護というものについて
わかりやすく説明がなされた本です。

不正受給の話をきくと
我々は怒りを発しますが
いざ貰いはじめるとその後のフォローや確認がほとんどなされない、
というしくみの悪さもあるようです。

本書は
不正受給などまだ問題は小さく
大きな問題は生活保護のしくみや社会のしくみにあり
そこを正していかないといけないというスタンスです。

是非一読をオススメします。

基本的には
生活保護は国民の権利なので
必要な人はこれを活用しない手はないようですが
それでも年金受給額よりも生活保護費のほうが高いというのは
やはり納得できないですナァ。

年金については
高額所得者には高額の年金が支給されるということで
公的扶助でなく 単なる金融商品、
とばっさり切っているところなどなかなか痛快ですが
低所得者層の私からするともはや笑ってられない状況が近づきつつあります。

我が家は定年後どこまで耐えられるのだろう。

どうしよう。

↓応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

どうでもいい事ですが
本書にジニ係数という言葉が出て来ました。
特に説明はされてはいませんでしたが
以前よんだ経済学の本で知った言葉です。

なんとなく知識の連鎖がおこっていそうで
こんなのところは読書の喜びです。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

使える!経済学の考え方

使える!経済学の考え方―みんなをより幸せにするための論理 (ちくま新書)使える!経済学の考え方―みんなをより幸せにするための論理 (ちくま新書)
(2009/10)
小島 寛之

商品詳細を見る

同ちくま新書に同じ著者の「使える!確率的思考」があり
それが難しくも面白い内容だったので本書を読んでみました。

難しい。
内容は面白そうだが数式が多くて
もはやついていけない状態になりました。

数式だけで語る本ではありませんが
考え方等もなかなか難しくさすが経済学、といった感じです。

豆ちしき
ジニ係数・・「所得の不平等度」を計測する指標
0から1で表され 0が完全平等、1が完全不平等な状態だそうです。
数値が大きいのがナミビアで0.707。
以下2から6位はアフリカが占めているとのこと
日本は0.249で122位。まあ平等なほうなんでしょうね。

↓平等に応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話