03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

こんな新生クリムゾンは嫌だ

#こんな新生クリムゾンは嫌だというTweetをまとめたサイトから。
ちょっと古いけど面白いので勝手に引用します。
ところでハッシュタグって何?


#こんな新生クリムゾンは嫌だ

じゃんけんでセンターを決める

アンプラグド

新譜が30枚組

元メンバー選抜総選挙開催

ブルーフォードに敬意を表して、
ライヴで全員が腕組みして無音状態が続いてそのまま終了

ももクロと共演

全員メガネかけてる。

金沢明子をメインボーカルに迎え、「スキッツォマン音頭」をリリース

フリップが立って弾く

フリップがしゃべる 

フリップのギターがストラト 

フリップが作詞に専念

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

FAMILIAR COMPUTING WORLD

『FAMILIAR COMPUTING WORLD』
FAMILIAR COMPUTING WORLD

8bit Projectというユニットの作品で
いろいろな曲をファミコン・サウンドで再現!ってことらしいです。

そういや私もMSXというパソコンで
3音のみで色んな曲を打ち込んでいたなあ。
なんとデータ記録媒体はカセットテープを使用していました。

それはさておき本作は発表が2006年という事で
収録曲は「恋のマイアヒ」や、きっとその時代のJ-POP作品が多そう。
そんな中、「ライディーン」や「テクノポリス」も入っています。

しかしお目当ては
キング・クリムゾンの「21世紀のスキッツォイド・マン」
しかもご丁寧に”(インクルーディング:ミラーズ)の表記まであり。
おいしいとこだけ1分程度の曲かと思いきや
堂々のフルコーラス収録とやらかしてくれました。

すばらしいのがマイケル・ジャイルスのあのドラミングの再現です。
破裂音のようなものであのどったんばったんしたドラムを表現しました。
素晴らしい。
オリジナルに忠実な部分とめちゃくちゃに遊んでいる部分が同居した
かなり完成度の高いものになっている気がします。
他の曲でやりきれなかった事をこの曲にぶちこんで来ている気がします。

またジャケット(書体も)とタイトルは
クラフトワークの「コンピューター・ワールド」のパロディですね。
コンピューター・ワールド

このキング・クリムゾンとクラフトワークネタで”買い”となりましたが
ゲーム評論家によるライナーノーツはこのことに全く触れていない。
残念。
まあそんなもんか。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村


↓まさか音源あるとは。



tb: 0 |  cm: 4
go page top

ロック講談 キング・クリムゾン

ロック講談 キング・クリムゾン
「暗黒の宮殿、ただ一度の開門」(講釈師 一龍斎貞水)

NHK-FMで放送された番組です。
1986年だったのか。30年も昔です。

ロバート・フリップのギターについて、
上手いの上手くないのって・・・講談ってわかりにくいでしょう、とか
ああビートルズ、新人に敗れる、ってくだりなど
30年前に一回聞いただけの内容でしたが覚えているもんです。



「21世紀の・・・」をバックに気迫と口調が激しくなっていく部分や
終盤の
「ロバート、君がいればそれがキング・クリムゾンなんだ」
という内容の個所は震えが起こってくるような名演ではありますまいか。


にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 2
go page top

ロシア紅茶の謎

『ロシア紅茶の謎』
有栖川有栖
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)


作詞家が中毒死。彼の紅茶から青酸カリが検出された。どうしてカップに
毒が?表題作「ロシア紅茶の謎」を含む粒ぞろいの本格ミステリ6篇。
エラリー・クイーンのひそみに倣った「国名シリーズ」第一作品集。
奇怪な暗号、消えた殺人犯人に犯罪臨床学者・火村英生とミステリ作家・
有栖川有栖の絶妙コンビが挑む。


短編集で多彩な作品が嬉しい。

「動物園の暗号」
殺人犯人を示したと思われる暗号文。ダイイングメッセージでもある。
暗号は解けたが犯人かどうかの証拠固めは別、という割り切りが良い。

「屋根裏の散歩者」
まさにあれ。でも罠を仕掛ける火村先生はいかがなものか。

「ロシア紅茶の謎」
命がけの毒薬トリック。でも十分ありえそう。
こんな会話もうれしい。

「お前、いい年こいてこんなの車の中で鳴らしてんのか?」
火村は冷ややかな目をして言った。
「キング・クリムゾンを聴きながら鼻歌混じりのドライブはできんや
ないか」

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

長い家の殺人

『長い家の殺人』
歌野晶午
新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)


消失死体がまた元に戻る!?
完璧の「密室」と「アリバイ」のもとで発生する、
学生バンド“メイプル・リーフ”殺人劇。
「ミステリー史上に残ってしかるべき大胆なアイデア、
ミステリーの原点」と島田荘司氏が激賛。
この恐るべき謎を、あなたは解けるか?
大型新人として注目を浴びた鮮烈なデビュー作。


新装版ということで再読しました。
これはノベルス版で発売当時に読んでいます。

どろどろした人間関係もなく読みやすいなあ、と思いました。

メインとなるトリックですが昔も思いましたが今も思うのは・・・

”これは気付くよ”

パズルとしては良く出来ているのですが
これで犯罪を実行しようとは思えないなあ。

一度ならず二度も同じこのトリックで勝負を賭けるのはなんとも。

なんてところはありますがやはり”新本格”いいですね。

さて作中、探偵役の信濃譲二が
「おお、これだ!考えごとをする時のBGMはこれにかぎる。」
といっていたのがコレ。

↓キング・クリムゾン「21世紀の精神異常者」


考えごとできへん。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話