FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

今を生き抜くための 70年代オカルト

『今を生き抜くための 70年代オカルト』
前田亮一
今を生き抜くための70年代オカルト (光文社新書)


UFO、UMA、超能力、心霊写真、ピラミッドパワー、ムー大陸……。
本書ではオカルトブームの発祥をたどり、日本で〝オカルト〟と
呼ばれているものの実態に迫る。
そこからみえてくるのは、社会現象としてのオカルトブームに
映し出される戦後日本や僕らの姿なのだ。
ネット時代の今、個人はオカルトの自由とでもいえる状況を
謳歌している。
混迷する21世紀を生き抜くためにも、
オカルト好きをカミングアウトしよう!


70年代オカルト、直撃をくらった世代です。
この時代、その真偽など誰も気にしていなかったように思います。
著者が述べるようにテレビや本で伝えられるオカルトは
すべて真実。疑いようがなくただ自分が実際に体験していないだけ。
そんな時代であったわけであります。

本書は肯定も否定もせず、当時の”オカルト”ででた話題を
丹念に拾い集めています。
よって本書は昭和オカルト史といったところでしょうか。

UFO、ロズウェル事件、コンドン報告、デニケン、ユリ・ゲラー、
矢追純一、ピラミッド・パワー、バミューダ・トライアングル、
フィラデルフィア実験、ネッシー、ビッグ・フット、心霊写真、
中岡俊哉、ムー大陸、地球空洞説、ノストラダムス・・・・・・・。
こんな懐かしい単語が次から次へと出てきます。
あの時代を通り抜けた者にとってはキラー・フレーズのてんこ盛り。

圧倒的な情報量で読むものを幸せにさせてくれる楽しい本でした。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

本書には記述がありませんが血液型占いもオカルトだったのでは。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

オカルト

『オカルト』
森達也
オカルト  現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ (角川文庫)


数年ごとに起きるオカルト、スピリチュアルブーム。
繰り返される真偽論争。何年経っても一歩も進まないように見える世界。
なぜ人は、ほとんどが嘘だと思いながら、
この世界から目をそらさずに来たのか?否定しつつ惹かれてしまう
「オカルト」。―いま、改めて境界をたどる。


これは面白い本でした。
もともと森達也ファンなのと興味ある内容なので。

オカルトに関する人たち(超能力者、科学者、からメンタリスト等)
に話を聞き、そこから何かを得ようとすれば違う考えにたどり着き悩む。
そう。いつもどうりの森達也。

オカルトは、
そこに存在するようだがいざ検証しようとすればその現象は起こらない。
この本では「見え隠れ現象」と呼んでいますが
この現象自体が森達也っぽい。

超能力、UFO、心霊等の専門家から科学者、ジャーナリストまで
幅広い取材力で執拗なまでに聞きこむスタイルは
相変わらず読んでいて心地よいし、
ここで紹介されるオカルト現象も
ちょっと他では聞かないような面白いネタがあって興味が尽きない。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

あたかも現象自体に意識があって見え隠れしているようだ
という発送は非常に面白かった。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

オカルトまゆつば論

オカルトまゆつば論 人は「怪奇現象」に騙される (双葉新書)オカルトまゆつば論 人は「怪奇現象」に騙される (双葉新書)
(2013/04/03)
中井 和志

商品詳細を見る


『オカルトまゆつば論』

UFO、UMA、オーパーツなどのオカルトものについての
批判(?)本です。

見開きでひとつの項目を説明していますので
パッと読むのにはよいと思います。

私はこの手の本が好きで
本書で書かれている内容は、ほとんど知っていた内容であることに
自分でも驚いたくらいなのですが
それほど有名な似非オカルト案件であるにもかかわらず
いまだにテレビや本で恐怖を煽るように扱うのは如何かと思います。

実は子供が図書館で借りてきた本(有名な超常現象研究家が最近執筆)にも
似非オカルトをあたかもホンモノのように記述しており
こういったことはなんとかしてもらいたいものです。

恐らく執筆者も出版社も売るために確信的に行っていると思いますが
それに影響を受けてしまう人たちが多いことを
もっと真剣に考えてもらいたいものです。

そんなわけでこの『オカルトまゆつば論』のような本が
出版され続けられていることはとりあえずうれしいことです。

↓まゆにつばつけて応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話