FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

スペイン岬の謎

『スペイン岬の謎』
エラリー・クイーン



スペイン岬と呼ばれる花崗岩塊の突端にある別荘の海辺で発見された
ジゴロの裸の死体。この家にはいずれも一癖ある客が招待され、
三人の未知の人物が加わっていたらしい。被害者はなぜ裸になっていた
か? 魅惑的で、常軌を逸していて、不可解な謎だらけの事件――と
作者が自讃するこの難事件に対決するエラリーの精緻きわまる名推理!


国名シリーズでも有名でない部類のほうなので期待はしなかったのです
が、意外に面白い。男性の裸の死体というのが本作のキモで、終始そこ
にこだわるエラリー・クイーン。かなり冗長なのと事件自体が地味なの
で決して名作とは言われないのもわかる気がします。
それでも裸の死体に関するロジックは面白かった。
但し解説(中島河太郎!)にもある通り、エラリーが立ち聞きや盗聴で
事件の背景を知るというのはちょっとなんだなあ、といったところ。

犯行自体に酌量の余地があり、なにも今さら犯罪を暴かなくともという
周囲の意見に対するエラリーの発言がカッコイイ。
「わたしの仕事は、記号を使ってやっているので、現実の人間をうんぬ
んしているのではないからです。」


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

水族館の殺人

『水族館の殺人』
青崎有吾
水族館の殺人 (創元推理文庫)


夏休み真っ直中の8月4日、風ヶ丘高校新聞部の面々は、
取材先の丸美水族館で驚愕のシーンを目撃。
サメが飼育員の男性に食いついている!
警察の捜査で浮かんだ容疑者は11人、
しかもそれぞれに強固なアリバイが。
袴田刑事は、しかたなく妹の柚乃に連絡を取った。
あの駄目人間・裏染天馬を呼び出してもらうために。
“若き平成のエラリー・クイーン”が、今度はアリバイ崩しに挑戦。


解説でエラリー・クイーンの『フランス白紛の謎』を
引き合いに出していますがかなりこじつけぎみな部分も込みで
なるほどそんな感じかもしれません。

本作は推論を重ねて一つの筋道を見つけていく本格ミステリ。
登場人物が高校生のためかポップになっていますが
実は設定を変えれば重厚な本格になっているのかもしれません。
(但し本著者の持ち味はなくなってしまうのでしょうが)

人の暗部を書くでもなく高校生たちもさわやかで
読んでいて気持ちの良いミステリでした。

このようなミステリは近年珍しいかもしれません。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

最後に明かされる”意外な動機”と舞台設定の関連も見事でした。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

Ⅹの悲劇

『Ⅹの悲劇』
エラリー・クイーン
Xの悲劇 (創元推理文庫)


ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。
おそるべきニコチン毒をぬったコルク玉という
新手の凶器が使われたのだ。
この密室犯罪の容疑者は大勢いるが、
聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は、
着々とあざやかに進められる。
“読者よ、すべての手がかりは与えられた。犯人は誰か?”
と有名な挑戦をする、本格中の本格。


上記紹介文の”有名な挑戦”って本作だっけ?。

さて本作、読むのは3回目くらいです。
完全に真犯人は忘れてしまっていたので初読みたいなものです。
さすがに狂気であるニコチン毒のコルク玉というのは覚えていました。
しかしこの凶器、1インチのコルク玉に50本の針が刺さっており
先端にニコチンが塗ってあるという代物ですがイメージがわかない。
そんなもの危なくて持ち運びできないじゃないか。

私はドルリー・レーンという探偵像に特に思い入れはないので
例えばこれがもう一人の名探偵「エラリー・クイーン」でもよかった。
などと恐ろしいことを思ってしまいました。
レーンは早い段階から真犯人に気付いていたようですが、
問われてもはぐらかし続けるなどなかなか名探偵ぶりを発揮しています。
また警察とも信頼関係が結べず、勝手に事件に介入します。

しかし最終章での謎解きは圧巻です。
これぞ本格。これぞクイーン。
いろいろな謎やわだかまり部分が一気に解決します。
Xの悲劇のXとは最初は未知の犯人を意味したXでしたが
このXに関わるラスト1行の幕引きは美しい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

フランス白紛の謎

『フランス白紛の謎』
エラリー・クイーン
フランス白粉の謎 (創元推理文庫 104-6)


五番街にある“フレンチズ・デパート”のウィンドウに展示された
寝台から、女性の死体が転がり出た。被害者はデパートの取締役会長
の後妻。遺体のくちびるには口紅が塗りかけで、所持していた別の口紅
からは謎の白い粉が発見される…。
この怪事件から唯一無二の犯人を導き出す、エラリーの名推理。
巨匠クイーンの地位を不動のものとした“国名シリーズ”第二作。


これは面白かった。
今となっては旧約であろう創元推理文庫の井上勇訳で読みました。
しかも表紙絵が真鍋博の古い版(はてなおじさんマーク)

わかりやすく疑問点が提示され、それに対する丁寧すぎる謎解きがあり
キレイに謎が解けていく正統派の本格ミステリでした。
死体出現がちょっと趣向をこらしていますが、
あとは地味に地味に、物的証拠の集約に力がそそがれ、
まったくトリッキーさのかけらもないのですが
なぜこんなに面白く読めてしまったのでしょうか。
黄金期の本格ミステリってこんなにおもしろいんだ、と再認識しました。

クイーンの国名シリーズの名作と呼ばれている中でも
本作だけずっと取りこぼしていたのですが一番良かったかも。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

九尾の猫

『九尾の猫』
エラリー・クイーン
九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

次から次へと殺人を犯し、ニューヨークを震撼させた連続絞殺魔〈猫〉
事件。すでに五人の犠牲者が出ているにもかかわらず、その正体は依然と
してつかめずにいた。指紋も動機もなく、目撃者も容疑者もまったくいな
い。〈猫〉が風のように町を通りすぎた後に残るものはただ二つ――死体
とその首に巻きついたタッサーシルクの紐だけだった。過去の呪縛に苦し
みながらも、エラリイと〈猫〉の頭脳戦が展開される! 

イメージとして
悲劇シリーズは角川文庫、国名シリーズは創元推理文庫、以降はハヤカワ
文庫のイメージがあります。そしてハヤカワ文庫収録作品はきっちりと
すっきりとした本格推理のイメージがなく、悩める探偵エラリー・クイー
ンの印象もあります。もっとも殆ど読んでいないはずなのでなんともいえ
ないのですけれど。

さて本作はそのハヤカワ文庫のエラリー・クイーン。初読です。
連続殺人事件でありその関連性(ミッシング・リンクですね)をさがす。
ここがポイントでこれ以外はラストにつながる動機の部分がキモです。
ということで国名シリーズのような論理的な謎解きの要素は少ないです。
殺人のシーンは描かれず殺された人たちの人となりの説明とともに殺害状
況が触れられる程度です。

その意味では長い。被害者は9人。読むにあたっては特に記号的に9人
分いるというだけで際立った特徴や推理に絡むデータは特にありません。

しかしながらその中でミッシングリンクが綺麗に解かれるのは”本格”
ですね。

しかし本作の読みどころは苦悩し挫折するエラリー・クイーンの物語で
意外と人気作のようです。

↓苦悩し応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話