FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

雲をつかむ死

『雲をつかむ死』
アガサ・クリスティ



パリからロンドンに向かう定期旅客機が英仏海峡にさしかかった時、
機内を蜂が飛びまわり始めた。乗客の一人が蜂を始末したが最後部席
には老婦人の変死体が。そしてその首には蜂の毒針で刺されたような
痕跡が残っていた…大空を飛ぶ飛行機という完全密室で起きた異様な
事件。居合わせたポアロが調査を開始する。


旅客機の中での殺人事件。
座席表も乗っていて愉しい。

しかし当然ながらすぐに機体から降り、あとは地味な動機探し。
しかし原作がそうなのか、訳者が良いのか明るめな展開で読みやすい。
疑いをかけられる人物が次々と変わっていく展開もありそこも良い。

読み終えてみれば犯行手段は、如何なものか、と思ってしまう出来。
しかしポアロの粋な行動も描かれそこは読みどころ。

真鍋博さんの表紙絵の旧装丁版を購入しました。
旧装丁版これから集めるぞ。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

創元推理文庫での邦題は「大空の死」
tb: 0 |  cm: 2
go page top

殺人は癖になる

『殺人は癖になる』
アガサ・クリスティ


考古学者と再婚したルイーズの元に、死んだはずの先夫から脅迫状が
舞いこんだ。さらにルイーズは寝室で奇怪な人物を目撃したと証言する。
が、それらは不可思議な殺人事件への序曲にすぎなかった…。
過去から襲いくる悪夢の正体をポアロは暴くことができるのか?
中近東を舞台にしたクリスティー作品の最高傑作。


上記紹介文はハヤカワ文庫の『メソポタミアの殺人』です。
創元推理文庫『殺人は癖になる』とこの『メソポタミアの殺人』は
同じ作品であり、原題はMurder In Mesopotamiaです。

さて本作、遺跡調査チームの宿舎で起こる殺人事件ですが
特に遺跡やメソポタミアの話題がある訳でなし、トリックに絡むもので
もありませんでした。こういった事を踏まえて創元推理文庫ではタイト
ルを変えたんでしょうか。「殺人は癖になる」は本作でなんども出てく
るフレーズですが、これも別段トリックの要素でもミステリ構成の軸で
もないところが不思議ではあります。

終盤のポワロの謎解きで、有名な心理トリックで解決かと思わせ
もう一段別の回答を持ち出すあたりは面白かったです。

ところで
たぶんハヤカワはポアロ表記で東京創元社はポワロ表記という差があり
クリスティ表記も古い創元推理文庫はクリスチィ表記。
今回はその古い創元推理文庫版で読みました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

検察側の証人

『検察側の証人』
アガサ・クリスティ
検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


街中で知り合い親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。
ある夜そのオールドミスが撲殺された。状況証拠は容疑者の青年に不利な
ものばかり。金が目当てだとすれば動機も充分。しかも、彼を救えるはず
の妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…
展開の見事さと驚愕の結末。法廷劇の代表作。


面白かった。
細かい内容は想定できなかったが
事前情報からこんな展開になるだろう、と
思いつつ読んでいましたがそれでも面白い。
この結末もここまでの展開も
どこで読んだ感じがしていたのですが、
きっと本作をさらにひねった作品とかたくさんあるんでしょうね。

法廷物の面白さが詰まった作品です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ABC殺人事件

『ABC殺人事件』
アガサ・クリスティ
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


ポアロのもとに届いた予告状のとおり、Aで始まる地名の町で、
Aの頭文字の老婆が殺された。現場には不気味にABC鉄道案内が
残されていた。まもなく、第二、第三の挑戦状が届き、Bの地で
Bの頭文字の娘が、Cの地でCの頭文字の紳士が殺され……。


このABCの設定のみで長編に仕立ててしまったってところなんでしょうか。
魅力的なアイデアを軽々とした物語に仕立てたって感じです。
連続殺人事件ですが重苦しさはありません。

その後のミステリにいろいろなモチーフとして引用されるほどの影響力
を持っているようなのでぜひ読まれるべきだと思います。

私は再読ですが全然真犯人等思い出せず楽しく読みました。

ただ、
ポアロの口調とヘイスティングの口調が全く同じなので
ちょっと区別がつかなかったっす。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

アガサ・クリスティ賞殺人事件

三沢陽一
アガサ・クリスティー賞殺人事件
アガサ・クリスティー賞殺人事件


作家志望の青年は、新人賞に落ち続けることに絶望し、人生最後の旅に赴
く。名前を棄て、家族を棄て、友人を棄て、わずかな金と数枚の黒い服、
数冊の愛読書を黒いトランクに詰め込んだ。金田耕一、明田五郎、神沢恭
一、星川龍一…古今の名探偵にちなんで名乗った偽名ゆえか、青年は行く
先々で奇妙な事件に出会う。そして、旅が終わりを告げるかに思われた東
京・信濃町のアガサ・クリスティー賞授賞式の会場でも悲劇は起きた!三
沢陽一、有栖川有栖、東直己、森晶麿、青柳碧人、千街晶之、笹川吉晴等
々、関係者が実名で登場する授賞パーティの最中に起きた殺人事件の真相
とは?5篇収録の本格ミステリ連作集。

まず本作は連作ミステリで、最終作が「アガサ~」。これはミステリ作家
の実名が出て有栖川有栖が殺人被害者となりますが、全く何の面白さも感
じられませんでした。被害者役での登場ですが有栖川さんに媚びを売って
るかのような持ち上げ方をしていますので、それを書くことが主眼だった
のではと思ってしまいます。アガサ・クリスティ賞は実在の賞で本作の著
者も受賞していますが、いったいこの作品は何を意図したものか全くわか
りません。

ところがこれを除いた4編が実は素晴らしいので逆に困ってしまいます。

道行1柔らかな密室
道行2炎の誘惑
道行3蛇と雪
道行4首なし地蔵と首なし死体
道行5アガサ・クリスティ賞殺人事件

道行1~4の主人公は作家志望の青年、この青年が道行5でアガサ・クリ
スティ賞を受賞した三沢陽一、とわかりますので連作といえば連作ですが
アガサ~を外し別タイトルで再編集した方がいいのでは。

って偉そうにすみません。
でも本当に道行5はなんなんだろう。もったいない。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話